メジロ君をポストカードにしてみました??

昨夜、メジロ君をペン描きして絵手紙にしてみましたが、ペンは、やはり絵手紙としては迫力がありません。

線が細すぎます。

そこで今日はパソコンを使ってポストカードにしてみました。

どうでしょうか。

なんだい、落款からサインにしただけではないか。

パソコンでは、そう見えますが、ハガキサイズで印刷してみると、イラストの周囲に影を作り立体的に、そう額装したみたいに見えるんですよ。

 

私のイラストの先生は永沢まことさんですが、いえいえ、永沢さんが著した本は何冊か持ってるだけですが、普段は模写に励んでいます。

永沢さんのイラストには、さりげなくサインが記されています。

私のは手書きでなくてパソコンですが、永沢さんのようにしてみます。

書体が太すぎますね。

せめてサイン位いは直筆でないといけませんね。

 

野鳥が庭に飛来するようになりましたが!!

錦秋の時季なのに連日の空模様には、うんざりしている。

信州も標高の高い所は紅葉も色あせ始めから落葉になり、このまま、終わってしまうのかと寂しく感じますが。

そして、今年最後の台風と言われている21号の進路も気がかりで、22日の日曜日ころ沖縄に接近し、23日ころには本州に近づくと予報が出ている。22日は選挙もあるし、期日前投票も視野にいれておかないと。

 

このお天気ではドライブで紅葉でもと思っても計画すらたてられない。

このまま冬になってしまうのか、炬燵もストーブも例年より早い点火となった。

 

庭の木々も紅葉が始まり落葉も始まった。

サラサドウダンも色ずいてきた。

そろそろ自然界の餌も終わりに近づき、小鳥たちが庭に飛来してきている。

専用の小鳥の餌を例年通り同じ場所に置いた。

他所さんから届いた柿も輪切りにして置いてみたが、この雨模様では飛んでこない。

昨年はヒヨドリ、メジロや雀たちが、うるさいほど飛んできては餌をついばんでいたが。

 

今夜、昨年、撮った写真からメジロをペンで描いて水彩絵の具を塗る。

毛筆ではないので、絵手紙かイラストか。

文字は添えてない。

 

そうそうレシピブログは今夜「男の料理」部門で14位にランクアップされていた。

見てくださる方々に感謝です。

 

「サライ直伝の肉じゃが」のタイトルが良かったのか、日本酒で煮込むんだから贅沢な一品でした。

写真、美味しそうに写っていませんでしたか。・・・・・ハイ!!

 

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

ivyおじさんのレシピブログのページへどうぞ覗いてみてください。

サライ直伝の肉じゃが

 

今からウン十年前のこと。

ivyの現役時代、会社が退けて仲間と街に出る。

電車に乗り三つ目の駅で降りる。

まだ六時前、駅前の居酒屋も開店したばかり、客もまばらで「肉じゃが」を肴に飲み始める。

いつも、いつも「肉じゃが」だ。

「旨い」いつも、いつも、この味。

夜も八時を過ぎないと、次の店に行けない。

入った店はスナック。ここも、いつものコースだ。

飲めるタイプではなかったが、居酒屋もスナックも雰囲気を愉しんでいた。

「何を肴に」喋っていたか、忘れてしまったが。

「気のおけない」仲間と。

終電より一つ前の電車に飛び乗り帰宅する。

月に一度は気晴らしを兼ねて良く居酒屋で飲んでいた。

 

あの時の「肉じゃが」の味、いまでも忘れない。

 

前置きが長くなったが、会社を辞めてから家で料理をするようになる。

今でも続いているが、愛読誌「サライ」の男の料理-事始の特集記事に載っていたレシピで「肉じゃが」に挑戦した。

素材は、じゃがいも、肉、タマネギ、ニンジン、イトコン、さやいんげん。

調味料は、サラダアブラ、醤油、砂糖に日本酒。

水は使わず酒で煮込む。

これまでに何度、作ったかな。

今夜も寒いので作る気になる。但し「酒の肴」ではなく夕飯のおかずだ。

少し贅沢な煮方だが、「肉じゃが」は、お袋の味ともいう家庭料理だが、今でも居酒屋の味も忘れない。

懐かしいな!!あの頃が・・・・・・・・さ。

 

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

ivyおじさんのレシピブログのページへどうぞ覗いてみてください。

秋たけなわですね

 

ご無沙汰でした。

私には関係ありませんが、世の中の三連休も終わり、少し落ち着いてきたでしょうか。

その連休明けの10日に衆議院議員の選挙が幕を上げました。

またまた慌ただしい日々が続きそうです。

テレビが紅葉名所の状況を日々、流していますが、我が家の庭の盆栽も、彩好き始めました。

いろんな「秋たけなわ」が感じられますね。

味覚の秋でもあり、スポーツの秋でもあります。

残念なのはジャイアンツがクライマックスシリーズに出場できないこと、悔しいけど今年はBクラスで終わってしまいました。

 

味覚の秋といえば「葡萄」てす。それも路地物の「ナイヤガラ」品種でないと。

昨今は高級な葡萄しか店頭に並びません。

そんな中でこの秋は食べた方です。

私の好物の一つで、七房位い入っている箱で買ってきます。

庶民の葡萄なのに、生産量が減ってきています。

「ナイヤガラ」には小さい頃の思い出が一杯あります。

とにかく好きな果物でした。

今夜、ナイヤガラで絵手紙を久しぶりに描きました。

 

スパゲッティ ボロネーゼ

 

急に涼しさを通り越して寒くなってきた。

部屋に炬燵までは設置していないが、寒いので小型のガスストーブを点火した。

今年も暖房の厄介になる季節の通来だ。

お昼になったが食パンを切らしていたのでパスタにした。

男のイタリアンのバイブル的存在のレシピ本を開く。

冷蔵庫に牛ひき肉がストックされていたので、「スパゲッティ ボロネーゼ」を作り始める。

 

フライパンにオリーブオイルを流し入れ、まず牛ひき肉を炒め始める。

肉に火が通ったら塩コショウする。

ひき肉を寄せて、フライパンを傾けて、たまった油で、ニンニクを薄くスライスして炒める。

玉ネギとキノコのみじん切りしたものを加え、良く炒める。

最後にホールトマト缶を流し入れ、更に炒める。

茹で上がったパスタを加え軽く和えて出来上がりだ。

 

仕上げにパセリを散らして食す。

秋らしい濃厚な色と味。

レシピ本には、これを作れないと「男のイタリアンは語れない」だって。

美味しくできた。何度も作っているもの。

 

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

ivyおじさんのレシピブログのページへどうぞ覗いてみてください。

デジタル写真の整理も楽しいものです!!

2017.09.28-3.jpg

 

秋のお彼岸が過ぎたと思ったら、急に涼しくなってしまった。

明日の朝は気温が8度まで下がるとテレビが報じていた。

 

少し暇になったので、この一年、我が家の狭い日陰の庭に咲いた植物を撮り続けていたので、思い切ってパソコンのハードディスクの整理を兼ねてフォルダーに保存されているデジタル写真を整理した。

 

2017.09.28-1.jpg

 

思えば、春の芽吹きから秋の収穫まで、それぞれの季節を彩ってくれた植物。

そして、どれだけ植物から癒されたことだろうか。

今回は二つのフォルダーを作り、一つは「ivy家の庭2017」として一つは「ivy家の薔薇2017」に分類した。

その中にはブログに加工してUPした元画像もある。

懐かしい、想い出の詰まったデジタル写真の数々だ。

 

2017.09.28-2.jpg

 

整理された二つのフォルダーに分類された写真をスライドショーとしてDVDに書き込みした。

この作業は少々、時間がかかるが、パソコンではなく、テレビの大画面に映し出されると迫力が違う。

更にBGMも挿入する。この音楽の選曲も楽しい。

「ivy家の庭2017」に挿入したBGMはクラシックで吉野直子さんのハープとフルートの工藤重典さんの競演。

「ivy家の薔薇2017」には、やはりクラシックでピアノソロ。

収録時間は共に20分くらいか、これから花のない季節に炬燵に入りながら、また来年を想像しながら、鑑賞するのも楽しい。

 

こうして毎年、DVDに保存した植物も、ラックに溜まってきているが、これも自己満足だと思っている。

そうそうDVDジャケットを作るのも楽しい。TOPの画像が、完成したDVD。

来週は、プルーンの木の剪定をしてもらう予定になっている。

庭の木々や盆栽も彩付き始めた。

これからは紅葉の季節に移る。

狭いながらも小さな庭に癒されながら、日々の暮らしをエンジョイできる今を感謝しないといけないな。

 

 

こーひーの木

 

雑貨屋で買い求めた「コーヒーの木」が大きく育ってきました。

鉢も一回り大きいのに移し替えしました。

コーヒーの豆を育てようなんて、だいそれたことは考えたことはありません。

グリーンインテリアとして愉しんでいます。

勿論、室内の明るいところで管理していますが、たまに移動します。

今夜はカウンターの壁にカシニョールの絵が飾られています。

ここに置いてみました。

明日は、また何処に飾ろうか愉しんでいます。

それにしても買い求めた時の倍位いの大きさに育っています。

この花の名前を教えてください・・・・??

 

頂いた植物であることは間違いない。

地植えした場所も確認している。

 

春先に新芽が出てきて、ある程度までは成長するが、穂先に白い花が咲くのは、今年が初めてのこと。

葉姿も、ご覧の通りなので、植物にお詳しい方は、もう名前が浮かんできたことでしょう。

 

植物図鑑やネットで調べているのですが、今、現在、はっきりと言えません。