ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.05.23 Wednesday

紫蘭 清楚で見ているだけで心が落ち着きます

2018.05.22-2.jpg

 

紫蘭の花が見ごろを迎えています。

今朝は曇り空で、少し風も吹いています。

花が揺れるので、なかなかシヤッターが切れません。

 

2018.05.22-1.jpg

 

日陰の庭なので、こんなイメージの写真には向いているようです。

 

2018.05.22 Tuesday

青空に薔薇が映えて・・・・

2018.05.22-3.jpg

 

狭い庭が更に狭く感じられるほど植物が繁茂してきています。

今日は朝から雲一つない快晴で、庭に出て気分転換しています。

左手前の植物は「紫陽花」の葉です。そう、来月は梅雨入りの季節、暦は初夏から夏へ。

 

2018.05.22-4.jpg

 

庭の薔薇も主役が交代し、ピエール・ドゥ・ロンサールからキャスリンモーリーへ。

蕾も膨らみ、そろそろ開花しそうです。

 

2018.05.22-5.jpg

 

無数の蕾が開花を待っています。可憐な形をしていて、開花してからは姿が変わります。

 

2018.05.21 Monday

ピエール・ドゥ・ロンサール開花

2018.05.20-1.jpg

 

薔薇の仲間でも大輪のピンクの薔薇。

ピエール・ドゥ・ロンサールという名の薔薇で、花が重たいので枝から吊り下がるように咲く。

 

2018.05.20-3.jpg

 

葉が生い茂り、と云うか枝を間引きしてないので、狭い庭が更に狭くなってきている。

 

2018.05.20-2.jpg

 

出窓の屋根に這わせているので、太陽に向かって上へ、上へと咲いているので、写真撮影は二階の窓から下を見下ろすように撮った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Google検索で「ivyおじさんパスタ 音楽」クリックしてみたら、更に画像検索したら・・・・。

ここをクリックしてご覧ください。ビックリです。

2018.05.20 Sunday

瑞々しい真紅のバラ開花

 

今朝撮りの一枚、真紅のバラで名前は確認されていませんが。

朝の露に濡れてキラキラと光っています。

それも新しいシュートがスッと伸びた先に一輪だけ。

相変わらず寒暖の差が大きくて今朝もストーブを点火しました。

この陽気にキャスリン・モーリーという薄いピンクの薔薇の開花が遅れています。

2018.05.19 Saturday

紫蘭咲き出す

 

庭は薔薇たちに占拠されてきたが、門扉から玄関に通ずる踏み石の傍で紫蘭が咲き出してきた。

薔薇の季節になったが、まだまだ山野草の仲間は咲き時の順番があるらしい。

つい薔薇に目がいってしまうが、今朝も涼しそうに風に揺れていた。

2018.05.18 Friday

蕾のまま咲かない薔薇

 

薔薇の花の命は短い。

咲き出して見ごろを迎えたら一枝折って部屋に飾ったり、ポストカードにして兄妹、友人や知人に近況を兼ねて送ったりしているが、

ご近所さんにもお届けしている。

 

 

中には蕾のまま開花しない薔薇もある。

今日も、見つけた、一枝折って庭に飾ったが、来訪者があれば、持って帰ってもらうのだが・・・・・・・。

2018.05.17 Thursday

ピンクの薔薇・ピエール・ドゥ・ロンサール開花する

南に面したマイルームの室温は26度を表示しています。

今、撮影した薔薇。

西日の当たるところでは写真撮影には向いていませんが、蕾も膨らんで開花寸前のところを撮りたくて。

花が開くと、重いので枝に垂れ下がって咲き続けます。

 

 

出窓の屋根に誘引して育てていたので、太陽に向かって、上へ上へとと枝が伸び、その先に蕾が密集しています。

あきらかに剪定ミスです。

それでも下の枝は新しいシュートが伸びてきており、満開の頃には見事な咲きぷっりと期待しているのですが。

まだ一番、美しく咲く頃は、先になりそうです。

2018.05.16 Wednesday

白い薔薇〜サマースノー咲き出す

2018.05.16-1.jpg

 

門扉の内側のフロントガーデンに植えられているサマースノー。

赤いレンガ塀の外側に垂れるように咲いている。このコントラストが気に入っている。

 

2018.05.16-2.jpg

 

白い薔薇の撮影は絞りをマイナス補正してシヤッターを切る。

フォトレタッチソフトで更に暗めに調整したのが↑の写真だ。

この薔薇も清楚で花期も長いので道行く人たちにも見てもらえそうだ。

一輪挿しにも向いている薔薇なので、シヤッターチャンスだ。

 

2018.05.16-3.jpg

 

一方、ピエール・ドゥ・ロンサールは蕾も大きく膨らんできたが開花には至っていない。

一枝に五つくらいの蕾がついてしまっている。師匠は、大胆に一つ残して後はカットしてしまえと云っていたが、ivyにはできない。もったいないもの・・・。このまま様子を見ることにする。葉の艶も良く、肉厚で、元気だ。

今朝も、たっぷりと水遣りをすませた。

2018.05.15 Tuesday

サマースノー咲き出す〜このお天気に

夏の陽気が戻ってきたと思ったらサマースノーの蕾が開き始める。

明日も、この陽気が続くようなので一気に咲いてくれるでしょう。

ピエール・ドゥ・ロンサールも蕾が膨らんできている。

水遣りを忘れないようにしないと。

2018.05.11 Friday

サマースノー開花

 

また気温が上昇し朝から太陽の光が戻ってきました。濡れていたサマースノーが開花しました。

それも一輪だけ。蕾は無数にあるのに、明日もお天気は良いらしいので、更に咲いてくれるでしょう。

 

白ですが、花芯は薄いピンク色をしています。

いよいよ薔薇の季節の到来です。

 

 

午後は、お天気も良さそうなのでお隣の街へ車を走らせました。

バイパス道路を走っていたら前方に北アルプスの白い山並みが、この時間帯でも見えてきました。

昨日の雨の影響でしょうか、よほど空気が澄んでいたのですね。

信州のトスカーナといわれる、田園地帯を走り、上田市にある「サントミューゼ上田市立美術館」へ。

お目当ては今、開催中の「篠田桃紅・・・・とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち・・・・・・展覧会でした

 

水墨抽象画という独自のスタイルを確立し、100歳を超えてなお新たな表現に挑戦する美術家・篠田桃紅。

と、パンフレットに書いてありましたが、初めて知りました。

 

本も出版されていて一冊買い求めました。

「衰えというものはあるけれど 老いてはじめて選べるものもある」と書かれた文字が心に残りました。

久しぶりの美術鑑賞でした。

 

Powered by
30days Album