ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.26 Thursday

ヤマシャクヤク開花する

2018.04.26-1.jpg

 

和名は山芍薬で、ボタン科に属するそうです。

野草の仲間とは思えないほど凛とした形ですね。

これ以上、花は開きません。知らないうちにポトリと落下して短い命です。

今年も蕾が一つ大きくなり、今朝、開花していました。

地植えもあるのですが、鉢植えが開花しました。不思議ですね。

落葉樹林に生えるのに、我が家の庭は、そんな環境らしいの地植えのは蕾が出てこない。

 

 

2018.04.25 Wednesday

薔薇の季節の到来です〜今年の開花は早そう??

2018.04.25-2.jpg

 

朝方の雨も上がり日も照ってきました。それに伴い気温も上昇し、少し暑いくらいです。

門扉を開けると我が家の薔薇コーナーです。

昨年と比べると薔薇の成長は一か月も早いような気がします。

既に小さな花芽も膨らみかけています。

赤いレンガに葉の緑が良く映えています。中央の薔薇は、我が家で一番古株の薔薇で名は確認していませんが。

上はキャスリンモーリーです。本来この薔薇は、蔓性ではないのですが、いつのまにか横に枝が伸びてしまいました。

下はミニ薔薇です。

 

2018.04.25-3.jpg

 

出窓の屋根に誘引して仕立てているピエール・ドゥ・ロンサールです。

我が家の庭で一番、西日が当たる場所で成長が早い。

こちらも古株で、どうだろう、そろそろ二十年も咲き続けている。

薔薇は剪定のタイミングと水遣りを間違えなければ、まず咲いてくれる。

肥料は、ほどほどと心得ている。

今、心掛けているのは朝夕の水遣り。

後は害虫対策。花芽が膨らんできた時は、要注意。

花芽が膨らみ、そろそろ開花と思ったら、虫に刺され枝元、うなだれてしまうことは、どれだけがっかりしたことか。

 

例年、薔薇の一番花はサマースノーと決まっている。

有名な薔薇はなく、素朴な薔薇が好みで山野草の庭にもマッチする薔薇を愉しんでいる。

 

2018.04.24 Tuesday

大手毬咲き出す

2018.04.24-0.jpg

 

午前中は曇っていたが、夕方から小雨模様の肌寒い陽気となる。

アッ!!今夜は、長野オリンピックスタジアムで巨人主催ゲーム 中日-巨人戦のナイターがある。

地元だし、応援に行こうかなと思いつつ、今夜を迎える。

今、テレビは6回の表で中日が攻撃しているスコアは1-3で巨人がリードしている。

そんなことで試合が終わったらブログを更新します。

 

2018.04.24-2.jpg

 

今、試合が終わりました。結局、山口投手が二試合連続の完投で1-3で巨人が四連勝です。

「大手毬」にもどりましょう。

一つは地植えで、もう一つは鉢植えで管理しています。

地植えは背丈が2メートルもあります。

花も葉も今は薄緑色していて透明感がありますが、やがて花は一回り大きくなり純白の手毬のような花姿に変容します。

 

2018.04.24-1.jpg

 

雨に濡れて一層鮮やかな薄緑色となり、見ていて清々しい感じがします。

 

2018.04.23 Monday

初夏の陽気に山吹草が満開となる

 

2018.04.23-2.jpg

 

山吹草です。

それも白い山吹草で珍しい植物です。

チェリーパークライン(昔は有料道路でした)を車坂峠に通ずる道を、車で走らせること10分位いで黄色の山吹草が群生して咲いている場所に着きます。

 

2018.04.23-4.jpg

 

小さな狭い日陰の我が家の庭にも山吹草が植えられていて、白い花が見ごろです。

マイルームの出窓からも緑一色となった庭を見ることができます。

 

2018.04.23-1.jpg

薔薇の花芽が少しづつ大きくなりはじめました。

どうやら、今年も咲いてくれることでしょう。

今日は昨日の真夏を思わせる陽気から、また風の強い寒い日となりそうです。

 

2018.04.22 Sunday

桜草咲き出す

2018.04.22-3.jpg

 

真夏のような陽気に桜草が一気に枝を伸ばし先端に薄紫色の花が咲き出しました。

葉も面白い形で、フワフワしています。

鉢で育てていますので、余りにも光が強いので日陰に移して撮影しました。

この陽気、明日は当地では遅霜予報が出ていて、一転して気温も下がるようです。

体調管理が大変です。

居間の炬燵も、まだ終うの止めました。

2018.04.21 Saturday

スミレまだ元気にさいています

 

この陽気に、スミレが大きく成長してきました。

庭の隅、つまり人が歩いて踏みつぶされないような地面に咲きます。

鉢植えではなく、自然に咲き出したスミレです。

 

2018.04.20 Friday

花海棠見頃ろを迎える

 

初夏を通り越して夏本番の陽気に植物たちも、面食らっているようです。

レンガ塀のフェンスをまたぎ駐車場まで枝が伸びています。

花海棠は花期が長く、元々、花は垂れ下がって咲きますが、そうでなくても、この暑さに、ぐったりしています。

お気に入りWEBサイトの「NHK 趣味の園芸」には、このように書かれています。

薔薇科の林檎属だとは知りませんでした。

 

 

それにしてもサクランボのように可愛い花で、ivyの好きな花です。

 

2018.04.19 Thursday

クルメツツジ咲き出す

2018.04.19-2.jpg

 

今から三十年前のことだ。

サラリーマン生活の生涯で一番の出来事とは小さなマイホームを建てた時だった。

あの時、家の周りの外構までは実現できなかったが、翌年、念願の赤いレンガ塀で囲むことができた。

 

道路に面したマイカーの駐車場には「クルメツツジ」を植栽した。

それが、今でも健在で毎年、この時季になると必ず咲いてくれる。枯れることもなく、春一番の黄色い「レンギョウ」が咲き終わり緑の葉に変わった頃、ピンクの「クルメツツジ」がバトンを引き継ぎ、庭を彩ってくれている。

 

2018.04.19-3.jpg

 

駐車場の植栽なので、排気ガスの影響で一株は枯れ気味だが、三十年も経つというのに、植物は強い。

枯れた処に同じクルメツツジを植えようと思ったが、ガーデンラックを置いて様子をみている。

マイカーを停めておくと道行く人も見られないので、残念だが。

 

2018.04.19-4.jpg

 

花が終わると新緑の葉が秋まで続き、秋には紅葉もする。とても重宝な植物だと思う。

また、夏のような陽気が週末まで続くと予報が出ている。

今朝、薔薇の小さな蕾を確認した。やれやれだ。昨年は沢山咲いたので、その反動で今年は心配していたが、開花はまだ先だが、開くのが今から楽しみ。

2018.04.18 Wednesday

雨上がりの一人静

2018.04.18-3.jpg

 

今朝の春雨も上がって青空も見えてきた頃、撮影した「一人静」です。

先端に棒状の白く見えるのが花で、まだ葉に包まれています。この葉が四方に開くと見栄えが良くなります。

 

 

今朝のスミレです。

庭の小石を敷き詰めてある通路の脇に行儀良く一列に並んで咲いています。

詳しく調べたこともなく、名も無いスミレですが、まだ大きく成長することでしょう。

2018.04.17 Tuesday

プルーンの花、開花する

2018.04.17-1.jpg

 

桜散り、お天気が日替わりのように変わり、レンギョウの花も終わりを告げていたと思ったら「プルーン」の白い花が咲き出した。

 

2018.04.17-2.jpg

 

それも昨年の秋に大胆な剪定をしたので、期待はしていなかったが、少しだけ咲いた。

そしたら、早くも野鳥が数羽飛んできて枝先に降りると花の蜜に口ばしを射し込んで、ついばんでいる。

 

花が咲けば実も生るのが自然で当然だ。だが、花の数、昨年もそうだったが、今年も多くの収穫は期待できない咲き方だ。残念だが。

 

それでも、新緑の葉が生い茂る六月には、庭に射し込む西日を遮ってくれ、庭で涼をとることもできる。

庭は飽きない、毎日、何か一つの変化を見つけながら、六月の薔薇の開花が待たれる。

 

Powered by
30days Album