ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.08.04 Saturday

絵手紙描いて暑さを忘れて・・・・・

2018.08.04-3.jpg

 

連日の猛暑、昨日の夕方は凄かった、あの時間帯から涼しい風も入ってくるのに、風はピタリと止まってしまった。

今日は、どうかというと少し暑さもやわらいだか。それでも部屋の温度は28度を指している。

絵手紙で暑さを忘れる毎日だが、今日は夕方から夏祭りの第二弾「ドカンショ祭」が市内の繁華街で開催される。

我が自治会の連も総勢30名で踊りの輪に入っていく予定だ。心配したお天気も夕方の雷雨はなさそうだ。

ivyも踊りますよ。でも、今年が最後になるかなと・・・・。

 

そういうことで本日は絵手紙はお休みしたが、過去に描いた中から夏のテーマで何枚かUPさせていただいた。

どうです、この貫禄のトマト。

 

2018.08.04-1.jpg

 

もう古い絵手紙になってしまいましたが、遠方の方から送られてきた南瓜です。

 

2018.08.04-2.jpg

 

トマトと夏祭りを連想して、今年も夏の行事が今日のドカンショでお終いになります。

暦は迎え盆の季節に入りました。一日の墓掃除も済ませ、七日のお施餓鬼を待つのみとなりました。

 

2018.08.04-4.jpg

 

家庭菜園を愉しんでおられる方から送られてくるゴーヤ。大好きです。

 

2018.08.04-5.jpg

 

葡萄の季節になりましたが、国産の露地物は、まだ出回っていません。

並べられているのは外国産の高価な品種ばかり。

今年はナイヤガラを口にすることができるか心配です。

 

2018.07.31 Tuesday

暦を愉しむ〜土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

2018.07.31-1.jpg

 

今日も厳しい陽気となり今(7.31 22:19)もivyの部屋の温度計は29.2度を指しています。

勿論、クーラーなどの設備はありません。

でも、部屋の障子を少し開いておけば、涼しい風が入ってきて、いつのまにか気持ち良く眠りについています。

長い間、こうして夏を過ごしてきたのです。

当地は昼間は猛暑になっても朝夕の涼しさに助けられていました。

しかし、そんな負け惜しみではありませんが、当地のこれまでの気候は通用しない時代になってしまったのか、とても不安です。

 

今朝も、ご近所さんから採りたての新鮮な野菜が届けられました。

家庭菜園家の皆さんも、この夏の栽培には、気苦労があるでしょうに。

我が家にはお返しするものはなく、頂いた野菜を美味しく食し、精々、お礼のつもりで拙い絵手紙を描いて今日も何枚か投函してきました。

 

2018.07.31-2.jpg

 

皆さんivyと同世代の男性です。

トウモロコシは、歯が悪くなってきていますので、茹でて温かいスープにして頂きました。

 

2018.07.31-3.jpg

 

トマトはイタリアントマトと呼んでいますが、皮は厚く硬いのでオリーブオイルで炒めてパンに添えます。

 

新鮮野菜は加工せず生食が一番、美味しいのですが・・・・。

 

さて、今回は毛筆ではなくSAKURA MICRON PIGMAペンでスケッチし、水彩絵の具で色塗りしました。

用紙も画仙紙ではなくスケッチ用紙です。紙の表面が荒く凹凸があります。

 

問題は添える文字です。

考え過ぎもよくありません。素直に、ありのままに・・・・。

さりとて、絵手紙は、文字と落款がないと、しまりませんので。

昼間描きましたが、その時は暑さを忘れています。

良い消夏法だと思っています。

 

絵手紙を描くようになって「暦・・・くらし の こよみ」というスマホのアプリを使うようになりました。

 

今日は文月の七月三十一日。

明日は葉月の八月一日。

今夜のフログのタイトルにも使いましたが参考にしているのがウイキペティアの七十二候(しちじゅうにこう)です。

 

今頃の季節のことを土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)というそうです。

意味は、土が湿って蒸暑くなる・・・とか。ほんとに、今日も蒸し暑い一日でした。

季節の区切り方では「二十四節気」が一般的ですが・・・・・。今頃(7/23)が「大暑」のようです。

 

ブログを書き終えました。今 23:24 です。温度計も余り下がりませんね。28.8度を指しています。

お休みなさい・・・・・眠れるかな・・・・。

 

2018.07.27 Friday

酷暑み・ま・い

 

この夏の暑さときたら猛暑でなく酷暑です。

雨が降らないので、庭の水遣りも雨水のタンクは空っぽですから、水道料が大変です。

お陰様で、なんとか体調も崩さず元気ですが、信州に生まれ信州で育ったivyですが、こんな夏は初めての出来事です。

 

そんな暑い昼下がりに、いつもお花を届けてくれる方から「向日葵」の花が届きました。

そうだ絵手紙を描こう。

輪郭は毛筆ではなくペンで。色は水彩絵の具で。

ここまでは、なんとか描けましたが、問題は添える文字。

「酷暑」が頭に浮かびました。

いつもの方へ、失礼だが、同じ絵を何枚も描く気力がなくなったので残りはスキャンして複製しましたが。

 

 

玄関ポーチは日陰なので瓶に投げ入れてからスケッチしました。

少し熱波もやわらいだかなと思っていたら明日から台風12号が当地でも影響が出てくるとテレビは報じています。

この週末は要警戒です。

どちらさまも被害が出ないことを祈るばかりです。

 

2018.07.13 Friday

水の都ヴェネツィア〜永沢まことさんの摸写ですが

 

退職記念旅行で初めての海外旅行先はイタリアだった、あれから、そろそろ20年にもなろうとしている。

ローマ〜フイレンツェ〜ヴエネツィア〜シエナ〜トスカーナ〜ミラノと周遊したが、中でもベニス・ヴェネツィアには二泊したが、ゴンドラに乗り運河を回ったのが今でも想い出深い出来事だった。

 

勿論、現地で食したイタリアン料理は、帰国してからも、カルボナーラを手作りするようになり、今日のお昼にも食した。

あの頃、「旅でスケッチしませんか」のタイトルでイラストレータの永沢まことさんの本に出合う。

絵手紙も描くようになるが、どちらかと云うとイラスト画の方が自分には向いているかなと感じている。

 

今夜は、永沢さんが描いているヴェネツィアを摸写してみた。恥ずかしながらブログに初公開だ。

ペンでさっと摸写して水彩で色を塗る。

描いていたら又行きたくなってきた。

 

永沢まこと・オフィシャルブログ

 

 

2018.07.12 Thursday

ズッキーニで一句暑中お見舞い

 

長雨が各地に甚大な被害をもたらせた今年の梅雨。

謹んでお見舞い申し上げます。

当地も梅雨明け後、蒸し暑い日々が続いております。

 

家庭菜園家にとっては、楽しいはずの、この季節なのに、市場に出回る野菜にも異変が起きています。

今朝採れたのと届けてくれたズッキーニを描いてみました。下手な句も添えて。

・・・・緑浮くスープ涼しや夏料理・・・・・

ズッキーニはイタリアンで料理するとオリーブオイルで炒めてとなってしまいますが、夏は生でみじん切りしてスープの具にします。

「夏料理」という季語、大好きです。「夏座敷」も、いろんな光景が連想されるので、挑戦しています。

緑の細長い葉が特徴の「風知草」。

 

今日も昼前に眠気があって畳の部屋でごろんとしたら、障子が片方開かれ簾が吊り下がっていて、青空に曇が静かに流れているのを、目にしたが。一句と瞑想するのですが・・・・・。

 

購読紙「読売新聞」のコラム欄に毎日、掲載されている俳人・長谷川 櫂さんの「四季」を読んでいます。

その櫂さんが詠んだ句に「運ばるる氷の音の夏料理」があります。

 

絵手紙と俳句で、この夏を乗り切ろうと思っているのですが。

 

2018.07.07 Saturday

今年の梅雨は異常ですね

2018.07.07-1.jpg

 

梅雨お見舞い申し上げます。

そして、今回の長雨で大きな災害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。

テレビで報道される映像を見ながら、地球の異常気象の恐ろしさを痛切に感じています。

 

2018.07.07-2.jpg

 

異常な梅雨入り、そしてアッという間の梅雨明けがあり、全てがこれまでのものとは違っていました。

何か怖さを感じえません。

 

幸いにも当地は災害が少ない土地柄ではありますが、これまでのことは通用しなくなりました。

地球上で、いつ、どこで何が起きるか、わからない時代になってしまいました。

 

2018.06.19 Tuesday

野菜の季節に・・・・

 

梅雨のはしりは野菜の収穫が始まる季節でもある。

ivyは、とうとう家庭菜園には縁がないまま、この歳を迎えたが。

このところ新ジャガや新玉ネギなどが届く。

折角だから野菜は旬のうちに頂くことにしている。

今日届いたのは新玉ネギだが、どう調理するか、みそ汁の具だけでは平凡だ。

細かく刻んでイタリアンのソースに、新玉ネギで丸々スープにしてしまう。

その前に絵手紙に描いて礼状を投函してきた。

 

2018.04.04 Wednesday

春を絵手紙に描く

 

庭に福寿草を植えた記憶はないが、何年も前の春に突然、一輪が花開いた。

それから毎年、少しづつ増えて咲くようになる。この春は更に増えた。

日陰の庭だが、朝日が射し込むところに咲いている。

花が元気なうちに絵手紙に描いてみた。

絵手紙の素材には向いている。色は黄色だし、その場に近づき、毛筆でなく割りばしで思い切り力ずよく花の輪郭を一気に描いた。

 

絵手紙は文字を添えないと完成しない。

生意気に一句でもと、さんざ考えるが浮かんでこない。福寿草の季語は「新年」で「春」ではないことが頭にあり、悩む。

結局、俳句でなく、近況を、ありのままに、文字は手書きでなくパソコンで書いた。

何枚も同じ絵柄で描いたので、兄妹、知人にも送ることができた。

 

2018.01.30 Tuesday

ラジオ三昧の日々が続く

またまた南岸低気圧の接近で二月一日から二日にかけて厳しい寒波が続くと天気予報が報じている。

更に二月は二週間も低温注意報が出っぱなしのようだ。

こう寒さが続くと外へ出ることが億劫になってきた。

そうかといって、一日家に籠もるのも爺臭くて、三食きちんと摂って、スマホをポケットに入れて散歩の気分にはならないが、とにかく体を動かして歩いている。3,000歩から5,000歩程度だが、無理はしないことにしている。

家の中では、このところラジオオンリーが続く。テレビは夜9時台のニュースたけは見ているが、アッ「西郷どん」だけは楽しみに見ているが、それくらいかな。

ラジオだがNHK-FMだけ聴いている。

聴く機器はスマホ、パソコン、オーディオコンポと聴き方や場所によって様々だ。

音楽番組などは音質重視で、これまで聴いていたが、ここにきて最近、買い求めたラジカセが便利。

とにかく電源は電池なので、何処にでも気楽に持ち運びができるポータブル製が気に入っている。

音質は、そこそこだが、雑音も無く一人で音を絞って、ほとんどラジオのスイッチは入れ放しの状態だ。

深夜の「ラジオ深夜便」だけはスマホの方が便利だ。

今日も昔、録音した「オールディーズ」をパソコンでフアイル(mp3)化し、SDにコピーしてからラジカセのSD口に挿入する。

まさに、アナログとデジタルの融合だ。こんなことを一人で愉しみながら聴いている。

スイッチ一つでラジオ、テープ、SD、そうUSBに保存した音楽も聴けてしまう、この便利さ。

ラジオは聴きながら他のことができてしまう。

では、何故、テレビ離れしてしまったのか。ゆうまでもなく、我々世代向けの番組が少ないことかな。

 

2017.10.20 Friday

メジロ君をポストカードにしてみました??

昨夜、メジロ君をペン描きして絵手紙にしてみましたが、ペンは、やはり絵手紙としては迫力がありません。

線が細すぎます。

そこで今日はパソコンを使ってポストカードにしてみました。

どうでしょうか。

なんだい、落款からサインにしただけではないか。

パソコンでは、そう見えますが、ハガキサイズで印刷してみると、イラストの周囲に影を作り立体的に、そう額装したみたいに見えるんですよ。

 

私のイラストの先生は永沢まことさんですが、いえいえ、永沢さんが著した本は何冊か持ってるだけですが、普段は模写に励んでいます。

永沢さんのイラストには、さりげなくサインが記されています。

私のは手書きでなくてパソコンですが、永沢さんのようにしてみます。

書体が太すぎますね。

せめてサイン位いは直筆でないといけませんね。

 

Powered by
30days Album