五月の風〜絵手紙に

絵手紙に添えた五月の風!!

 

 

小さな庭に咲いた野草で三枚描いたが文字入れができていない。

文字を入れないと絵手紙としては完とならない。

文字も割りばしで書いた。でも難しい。

「くるめつつじ」が五月の風に揺れていたので、そのものづばりに書く。

俳句と同じで、考えれば、なお、浮かんでこない。

「平凡」がいい、なんでもね。

春は描きどき〜春は素材に困らないからね

春爛漫、今日は絵手紙三昧!!

 

2017.05.09-0.jpg

 

朝、庭に出ると牡丹の花が蕾を広げていた。

曇り空で、一雨ありそうの予報もあり、水やりを控える。

「水」の節約も兼ねて。雨水を貯めておく設備もあるが、今のところカラッポの状態だ。

 

写真撮影には向いている光だが、久しぶりに絵手紙を描く気になる。

春爛漫で絵手紙向きの素材には困らない。困るのは添える文字か。毎度、頭を悩ます。

 

今日は撮るのではなく描くことに一日専念する。

 

拡大画像で室内に飾った花を見てもらいましょう。戻る時は✖。

 

 

 

 

花は左から「立浪草」、「桜草」、「くるめつつじ」を摘んできて、描き始める。

 

まず立浪草から描き始める。

 

2017.05.09-2.jpg

 

花の輪郭は毛筆でなく割りばしで描いてみた。

今、庭の、いたるところで咲いている。それも隅っこに。何故って、物の道理だよ、踏みつぶされない安全地帯で残った結果。

駐車場の松の樹の周りが一番、密集して咲いている。

色塗りは固形の透明水彩絵の具。普通、絵手紙は顔彩で色塗りするが、ivyは、づっと透明水彩絵の具だ。

 

2017.05.09-4.jpg

 

次は桜草を描く。花びらはシンプルで描きやすいと思ったが、そうではない。

省略して筆の進むままサッと描く。この葉っぱは、柔らかくて面白い形をしているのだが、筆の向くままに。花は桃色でなく赤紫だと思うが。

 

2017.05.09-3.jpg

 

最後に「くるめつつじ」を描く。

開花期は長い。咲いている間は車を他に止めたらと云われるが、何処に置だ、この駐車難の時代に。

そうだったよな、家を建てる時、庭の土地を犠牲にして、マイカー一台分のスペースを確保したよな。

それにしても植えてから二十年は経っていると思うが、今年も見事に咲いてくれた。

 

三枚、描き終えて一服となる。

 

 

「きな粉添えよもぎ餅」に煎茶が出てくる。相変わらず甘党を自認するivyだが、ここから添える文字に悩む時間帯になる。

絵手紙の教科書に「文字は下手でも読んで、誰もがわかる字を心掛けなさい」と書いてあった。

考え過ぎるのも、新聞広げて探したら、描いた絵は、何方に送るかで、決まるともいう。

 

また今年も六月に市の中心にある五つの区が合同で開く「文化展」が迫ってきた。

わが区は市の中でも高齢者がNO1の区だが、今月は公民館で絵手紙の作品作りが待っている。

目標は皆で100枚だ。頑張らねば。

 

マイブックにクリスマスローズを描く

クリスマスローズを撮るのは難しい!!

 

2017.04.07-2.jpg

 

花は首を重そうに、うなだれています。

カメラは地面に置き、レンズは上に向けます。

 

2017.04.07.jpg

 

そのクリスマスローズをマイブックの余白ページに描いてみました。

ペンはサクラのPIGMA 太さは1.0

ペン先は筆ペンのような感覚ですが、筆圧を思い切り軽くして、紙に、なぞる。

そしてペンは、一気に止めないで走らせるように描いていく。

2分位いで描き上げて、水彩絵の具を、置く、走らせる。

この絵の場合は、乾いたら塗るの、くりかえし。けして色を混ぜない。

 

うんちく、は、このへんで、果たしてクリスマスローズか、なんだか、わからない花に、なってしまったが面白いし楽しい。

初絵手紙

今年最初の絵手紙を描く。

 

 

冬は絵手紙の題材に苦労する。

そんなことはないよ、探せばいくらでもあるではないか。

野菜や花、果物だけが題材とは限らない。

居間のカウンターにアイビーの蔓が、絡まって花瓶に挿してある。

アッこれいただきだ。

だが、葉の緑以外は、みな地味な色ばかり。

アイビーはペンで描き、水彩の絵の具を塗る。

問題は添える文字。

墨筆で一気に大きく二文字書く。「笑顔」だけでは、ところが余白が残っていないので、これで完成とした。

蜜柑も林檎も茄子も蕪もある。家の中の目ににつくところは、みな題材だと思えばいい。

明日も描くぞ。

 

コスモスで絵手紙



また台風が接近しています。
今日の小諸は秋晴れですが、少し蒸し暑い。花好きの友がコスモスの花を届けてくれました。
久しぶりに絵手紙に描いてみました。
パソコンを修理に出してしまったので、スマホ向けのサイズです。

庭では鈴虫が鳴くようになる

2016.08.24.jpg

 

庭で鈴虫が鳴くようになる。

夜、窓は閉めて寝るようになる。

あの暑さは何処へいってしまったのか。

お友達からお花を頂くと絵手紙を描きたくなる。

また部屋に絵手紙の道具が一式並ぶようになる。

先日、届いた向日葵も枯れないうちに描かなければ。

 

2016.08.24-2.jpg

 

画仙紙に万年筆で描いてみた。

色は水彩絵の具。

台風は気になるが、日一日と秋らしくなってきた。

秋の夜長とは、良く云うが、テレビを消して、空き時間、いや秋時間を満喫しよう。

 

追記

絵手紙は描いてからスキャナーでスキャンしてからパソコンに取り込んでいたが、スキャナーが使えなくなり、新品を買い求めようと思ったがスマホで撮ってからパソコンで画像処理すれば、ご覧の通り。スマホは、やはり便利です。

 

ivyのマイブック活用法

 

今年もカレンダーは四枚残すのみとなる。

毎年、暮れに買い求める新潮社の文庫本スタイルの「マイブック」。

会社を退職してから、ずっと書き残す、描き残す、貼り残す。

使い方は皆、様々だと思うが。

ivyは、スクラップ帳として活用している。

この時季になるとマイブックもパンパンに膨らんできている。

たまに外食した時などは、ファーストフードの店でペンでさっとスケッチして家に帰ると色塗りする。

さっさのさ、だからスケッチは二分位いか。

リオ・オリンピックも、そろそろ閉幕するが、テレビ録画した各国の選手の顔なども描いてみたい。

マイブックの余白も十分ある。面白いし、少しは絵も上達するかも知れない。

 

 

定年を迎えた友に送る絵手紙

 

彼は今年、定年を迎え、第二の人生を歩み出した。

定年後は晴れていれば畑にお天気が悪いと温泉三昧の暮らしを始めた。

少し距離はあるが軽トラでやってくる。

今日も来て、採りたての茄子、ピーマンなどを、どっさりと置いて帰られた。

ivyが淹れる珈琲を、いつも美味しいと、笑顔で話していく。

早速、頂いた茄子を絵手紙にして礼状を投函してきた。

男が定年を迎える頃は子供達も立派な社会人になっているころだ。

これからは自分の為に好きなように時間を使って過ごしてほしい。

そんな気持ちで彼にエールを送った。

少し先輩気分で絵手紙に書いた。

 

□◆□追記□◆□

 

この夏はスポーツが目白押しだ。

まず2016リオ・オリンピックだが開会式の前に早くも男子サッカーの予選が始まる。ところが対戦相手のナイジェリアのチームが、まだ現地入りしていないという。

夏の高校野球の抽選会で地元、佐久長聖は大会初日8/7の第一試合に徳島の鳴門と対戦が決まった。

オリンピックもあるが、更に今夜はプロ野球の広島がヤクルトに5-2で負けた結果、試合の無かった巨人のゲーム差は6.5に縮まり明日からマツダスタジアムで行われる三連戦で一気に三連勝といきたいところだ。しかも巨人の先発投手は菅野。このところ勝ち★に恵まれていないので、なんとか打撃陣に頑張ってもらわないと。残念なことに当地ではテレビ中継がない。なんとしたことか??。

いえいえ、テレビが見られなくてもスマホでばっちし中継してくれます。

 

ですが、この週末もスケジュールは、相変わらず詰まっています。

テレビ録画でもして、仕事、仕事です。

 

UPした絵手紙の茄子の絵を見て、アッなんか動物に似ていませんかペリカンに????

もう一度描き直してみます。(笑う)

 

暑中お見舞い申し上げます

 

長らくご無沙汰しておりました。

関西地方は梅雨も明けたようですが、当地も俄然、猛暑が続いております。

西瓜を三時のお茶にいただきました。

食す前にスケッチして色を塗り、娘のリクエストに応えハガキは横レイアウトで描いて、投函してきました。

 

夏の行事が続いておりましたが、ブログにUPできませんでした。

来週の日曜日に「納涼祭」がありますが、これが終わると一段落します。

直ぐにお盆さんを迎える頃ろになってしまう。

短い夏をエンジョイしながら健康で夏を乗り切ることを願っています。

...........................................................................................


このブログで「花とivyおじさん」のカテゴリーで書いていたコンテンツは新しく別のブログに移動しました。
↓バナーをクリックしてご覧になってください。

最新のテーマは「ガウラ」です。



絵を描く、ちよっと人生を変えてみる

2016.06.21.jpg

 

ivyが大好きな画家!!永沢まこと!!の本を知ったのは、もう十年も前のこと。

特にペンでスケッチした風景や人物画は大のお気に入りだ。

今夜のブログのタイトルも本から、ヒントをいただく。

最初に買い求めたのは文庫本の「絵を描きたいあなたへ」だった。

続いて、これも文庫本の「描きまくりのすすめ」。

単行本も四、五冊は、持っているかな。

 

毛筆の絵手紙も良く描くが、ペン画のスケッチもいい。

今夜は久しぶりにペンで永沢さんの絵を模写して水彩で色を塗った。

これからなんだよ、

スマホで絵を撮影してスマホの待ち受け画像にしてみた。

なかなか面白いよ。

写真ばかりでは、つまらないので。

永沢さんが本の中で書いている「人物は後ろ向き」から・・・。

つまり描きやすいということらしい。納得。

また描いてみよう。

ペン画のスケッチは5分、色塗りは7分位いかな。

...........................................................................................


このブログで「花とivyおじさん」のカテゴリーで書いていたコンテンツは新しく別のブログに移動しました。
↓バナーをクリックしてご覧になってください。

最新のテーマは「擬宝珠の花」です。