ミス・マープル

ミス・マープル

昨夜からNHKBS2で始まったA・クリスティー原作のミステリー・テレビドラマ「ミス・マープル・シリーズ」。四夜連続のその一夜「牧師館の殺人」を深夜0時20分から1時55分まで視聴しながらビデオテープに録画する。

好奇心旺盛な老婦人探偵ミス・マープルを演じるのは ジェラルディン・マクイーワン Geraldin McEwan 。声の出演は岸田今日子。

2004年イギリス・アメリカ作品で、NHK初回放送はBS2 2006年12月に放映されている。

アガサ・クリスティー百科事典によると、「牧師館の殺人」はクリスティーがミス・マープルを登場させた初の長編だったそうだ。1930年(昭和5年)に発刊されている。

ロンドンから一時間ほどのセント・メアリ・ミード村に住むミス・マープルが事件の謎を解いてゆくわけだが、テレビ・ドラマではあるがフィルム撮影されたであろう映像は、日本の昨今のテレビドラマとは、比べ物にならないくらいに重厚感があり、イギリスの古き良き時代の背景描写が心地よく写る。クリスティーが書く殺人事件は、殺人現場を生々しく書くわけではないので、サスペンスと云うより人間の心理ドラマだ。最初は登場人物が数多く登場して、その誰れもが殺人犯と思わせる行動と展開に「謎解き」の面白みが自然と沸いてくる。明晩は「予告殺人」だ。暫く夜更かしが続く。

イチゴの花

昨夜は床についたのは三時を回っていたのに、今朝は七時に目が覚めてしまう。
窓を開けると真っ青な空。そのまま起きてしまう。庭に出たらカミさんが「あら、随分と速いお目覚めだこと、夕べは遅かったんでしょうに」。

今年は「イチゴ」沢山生りそうよと白い花を見させる。

クレープ

早い朝飯を食べながら、もうお昼を考えていた。堀井和子さんの「おいしいテーブル」を、みながら、時間もあるので「クレープ」を焼くことにする。

クレープに添えるカッテージチーズを手作りしてしまおうと書いてある。「牛乳」を温めて「塩少々」にレモン汁を加えて大きくかき混ぜるだけ。

カッテージ・チーズ

濾過するのにコーヒーフィルターを使えば簡単と書いてある。試しにやってみた。オッ!!これは簡単便利だ。

それにしても、クレープそのものが上手く焼けないのには閉口する。これは何回も焼いて「こつ」を習得するしかないな。
コメント

けいこさん。
お祝いコメントありがとうございます。
ミス・マープルも、今夜が最終回です。
「パデイトン発4時50分」は、原作を読みました。あれれ、日本でも岸 恵子が、こんな内容のテレビドラマに出ていたのを観た覚えがあります。

これからも、マイペースで暮らしを愉しみながら歩んでいきます。


  • IVY
  • 2008/05/08 21:14

こんにちは。
「ミス・マープル」はBSでしたか・・・。
せっかく情報を流してくださったのに、うちでは結局のところ見られないわけですね。

いちごの花、愛らしくていいですね。
パッと見たとき、造花かと思ってしまったくらい、きれいな花と葉の形をしていますね。
(^-^)

結婚記念、おめでとうございます。
スライドショーを拝見しましたが、IVYさんご夫妻のような生活を、いつかしたいと思いました。
これからもまた末長くお幸せに。
(^-^)

  • けいこ
  • 2008/05/08 16:31