ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かるた遊び | main | パソコンでお絵かき >>
2010.01.13 Wednesday

豚肉のカツレツ

JUGEMテーマ:日記・一般

豚肉のカツレツ

01月13日(火)

IVYのブログのメインコンテンツでもある「男子厨房に入るべし」に登場するのは退職後10年も続いている昼飯だが、たまに夕食の食卓に上がる一品も料理することがある。「ばあさんがじいさんに作る料理」と云う人気ブログもあるが、今夜は「ジージが婿殿に食べてもらいたいホームパーティー向けの一品」を料理する。

これまでに夕食用の一皿は何度となく作ってきているがUPはしなかった。その理由は夜の照明下では、料理が美味しそうに撮れないからだった。今夜は撮影に一工夫してみた。結果は・・・・・・。

実は娘家族が一年に数回、お泊りで遊びに来てくれる。現役世代の働き盛りのパパも年始を兼ねて来てくれる。泊ともなれば時間もたっぷりとある。IVYも今年から飲むと宣言してあったので、婿殿も楽しみにしていたらしい。こんな機会でもなければIVYの料理も賞味してもらえない。今夜は飲む前に一品、腕を振るうことにした。

昨晩、このことをカミさんに話したら「豚肉のカツレツ」をアンコールしてくれた。これは、何度となく料理したが肉が柔らかいので、食べやすい。婿殿は、まだ若いぞ。「でも、一番美味しかったので」。

オレンジページの「男のイタリアン」のレシピは、ほとんど作ってきた。まだ作ってないのは数える方が早い。それくらい、この本にはお世話になった。

本のレシピなので転載は、出来ないので、IVY流に説明させていただく。ホームパーティーも盛り上がってきたところで食卓に並べる。このタイミングも大切だ。下ごしらえだけは済ませておき、「ジージの料理」も出るからとキッチンへ。

IVY流にアレンジしたレシピ

材料
豚ロース肉
生ハム
松の実
レコラの葉(今時、探すのは大変、ハーブの葉なら何でもOK)


ころも
薄力粉
溶き卵
パン粉
パルミジャーノのすりおろし
にんにくのみじん切り
ドライパセリ


フライパンで揚げるとき
オリーブ油
バター

ドレッシング
レモン

パルミジャーノ、にんにくを混ぜた、うまみたっぷりのころもで豚肉を包み込む。
少々手間暇は、かかるが、熱々のところへレモン汁をかけて食す。
口の中は、もうイタリアン。

婿殿に食後の感想を聴く「オッ!! 流石に旨い」
娘は「ジージのお料理は材料費が大変」と流石に家庭を守る主婦の感想。
ジージは「これぞ男の料理なのだ」と云ってのけた。
娘は「にっこりと納得」と返事があった。
黙々と食べる孫に、びっくり。
「ジージおいしいもん」。

正月の間に整理しておいたアルバムを開きながら宴は、延々と続く。
コメント
あられさん。
料理写真は昼間です。
夜の白熱灯の下で撮る場合は、フラッシュはOFF。
暖かみのある雰囲気の写真になります。
レフ板を活用します。

昼間に撮る場合、窓際に料理の皿を置くのは正解です。
三脚を使わない場合は、とにかく構図を変えて、何枚も撮りましょう。その中から、必ず一枚は、いい写真に撮れているものです。それと、気がつかないが、ほとんど手ブレです。だから、何枚も撮る必要があるのです。

理屈より、写真は慣れろです。
ブログにアップする、しないは別として料理したらパチリ。この癖をつけのしょう。
  • IVY
  • 2010.01.15 Friday 01:21
IVYさんのカツレツ美味しそうです。
料理苦手な私は聞いたことない材料が・・・
イタリア旅行の時のカツレツ思い出しました〜
旅行の中では、ピツァの次でしたがとっても
美味しかったです。

私も滅多にないですが料理の写真を
載せたい時がありますが、ちっとも美味しそうに
撮れず困ります。
昼間もあまり明るいキッチンでないので
この前は窓際まで料理を運び撮りましたが
いまいちでした。
でも、IVYさんの写真はさすが美味しそうな
撮れていますね。
  • あられ
  • 2010.01.14 Thursday 16:44
コメントする








 
Powered by
30days Album