ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 手づくり二題 | main | Nobu Piano >>
2010.01.22 Friday

シンプルパンを焼く

澄みきった青空の一日となる。気温は平年並みにもどり寒い。

 シンプルパン

テンプレートを久しぶりに変更したが、ブログの読者から右側が完全に表示されませんとコメントを頂く。今回は前々からご指摘の多かった黒背景はテキストが読みにくいことを、まず改善する。IVYとしては黒背景にして写真を強調したかったのだが、書き手の自分も、このところ耳も目も加齢現象で、読みにくいと思い始めていた。レイアウトも画像のサイズを最大800ピクセルまで載せられるものをセレクトしてみたが、一晩考えた。写真も大きければいいというものではない。ブログの書き手として一番優先して考えなければいけないことは、読み手の環境に左右されず、誰もがストレスなくブログを閲覧できること。基本中の基本を忘れてしまっていた。

今夜、またまたテンプレートを変更した1カラムセンター配置背景は白でテキストはグレー。画像も最大で470ピクセルまでしか載せられないが、その分、画像のファイル容量も小さくてすむ。飛んできた読者が瞬時にTOPページが表示されることだろう。反省、反省だ。

よって、これまでUPした画像はサイズが大きいので左右にスクロールバーが表示されてしまうが、ご容赦願いたい。もっともブログは過去の記事を読む人は少ないはず。一週間も書き続ければ、お見苦しいページは表示されなくなる。暫くご辛抱のほど。で、どうでしょうか。以前より読みやすくなったでしょうか。そうでなくてもIVYのブログは記事が長いのが困りもので。ご感想などいただければ幸いです。

素晴らしいお天気て゜久しぶりにパンを焼く気分だ。いつもの堀井和子著「おいしいテーブル」の文庫本を開く。この本でIVYはパン焼きをマスターした。すなわち自己流である。

下準備

堀井和子さんのレシピは全てがシンプルだ。今日は初心に帰って「自家製パンのシンプルパン」を焼くことにする。彼女のパン作りの基本は、このパンからマスターした。

材料:
強力粉380g ドライイースト 小さじ1 と1/2 ぬるま湯250cc  砂糖 小さじ2と1/2 塩 小さじ1

パン生地をこねる

生地を「こねる」のには要領を早くのみこむこと。これは長年焼いて勘を習得する。言葉では表現できない。パソコンと同じで体に覚え込ませるしかない。10分も「こねて」いると生地に艶が出てくる。ボウルの中の粉ぽさが一つもない。

パン生地の発酵

ビニール袋に生地を入れて紐で結ぶ。真冬は炬燵で発酵させる。今日は一時間以上かかった。その日の陽気具合で膨らみ方が違う。

ブルー・ノート・クラブの情報誌

発酵している時間も無駄にしない。JAZZの「ブルー・ノート・クラブ」に、入会したら情報誌が届き、読みながらブーニンのショパンに耳を傾ける。

CDブーニンのショパン

JAZZの情報誌を読みながらクラシックのピアノを聴くというから面白い。このCDは1985年のショパンコンクールでブーニンが優勝した時のライブ録音だ。最近、バン・クライバーン国際ピアノコンクールで辻井君が金賞を受章したが、テレビのドキュメント番組を観ていたら、彼が二歳のころ母親が盛んに聴かせていたCDとかで、話題になった。IVYも持っていた。今年は「ショパン」の年だ。

お昼はトースト

パン焼きは、とにかく暇と根気がないとできない。遅い朝飯を食べてとりかかったが、お昼になっても発酵が完了していない。お昼は市販のパンをトーストして済ませる。

発酵完了

生地の発酵が、やっと完了する。細長く丸め。

生地の成型

更に三等分に分割し、一つの生地を更に六等分に分割成型する。

二次発酵・分割

粉380gでシンプルパンの生地が18個作ることができる。これで二次発酵に入る。この倍くらいまで膨らめば完了だ。

焼き上がり

後は210度に余熱しておいたオーブンで約15分ほど焼くと出来上がる。焼く時間はレシピより少なめに設定し、オーブンを見ながら焼き具合を確認する。時刻はなんと午後4時を回っていた。焼き色もいい。外側は少し硬めだが、内側はフアフアだ。このパンはバターやジャムをつけて食べるのは、もったいない。つまり、そのまま食べる。ベーコンとハムエッグのような一品を添えて、濃い目の珈琲がベストの食べ方だとIVYは思っている。

だが、今回もIVYの口には入らない。24日は師匠の祥月命日だ。師匠は、このパンを食べている。一日早いが、明日にでも仏壇に供えてこよう。早くも師匠の一周忌か。一年って、早いね。


PS
このブログはレシピブログランキングに参加しています。お読みいただいて美味しそうだな、作ってみようかなと思われましたら、下のバナーを一回クリックしていただけますか。カウントされてランクに反映されることと思います。

 
http://www.recipe-blog.jp/list_rank_categ.cgi?c=4

コメント
頼さん。
十日町からお帰りで。お天気に恵まれたようでなによりです。
パンは、ゆっくりできるようになってから。IVYは60の手習いで覚えました。「肉じゃが」これは簡単です。ポイントは野菜を酒で煮る。ここです。kenさん。永沢まこと賞を受賞おめでとうございます。
これから訪問してお祝してきます。
  • IVY
  • 2010.01.25 Monday 22:14
やられました。
このパンの美味しそうなこと。。。そしてパウンドケーキ、とどめはイチゴショート!
どれも、作る過程が楽しくておいしいものばかり。
特にパンはいいですねーー。
残業の身には辛いです。(笑)
肉じゃがのコツも、しっかり頭に入れたので、今度やってみます。

こちらも気温が上がったり下がったりです。
先日は、峠を越えて十日町に入りましたが、晴れに恵まれてなんとか無事に帰ってきました。
夏に散々通った道でしたが、雪の壁で風景が一変していました。
だいぶ雨も降っているので、山間部の雪崩が心配です。

あ、ご紹介したkenさんが、2009年の永沢まこと賞をもらいましたよ!
http://www.makoart.com/Report/report.html
すごいなぁ、素敵だなぁ!なんだか嬉しいですね!! 
  • 2010.01.25 Monday 18:59
コメントする








 
Powered by
30days Album