ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 六月の雨に濡れる薔薇を撮る | main | 薔薇を撮る >>
2010.06.27 Sunday

庭の手入れ

 0627-1.jpg

IVY家の小さな庭に植わる庭木の剪定は、これまでは、づっと亡き師匠にお願いしてきたが、師匠のいない今、初めて本職の庭師にお願いすることになった。この時季は適度な湿気と気温の影響で植物が繁茂し、そうでなくても狭い庭が、アッという間に緑で覆われてしまった。

今日は天気予報では雨となっていたが、庭師にとってみれば、仕事がしやすいお天気だ。駐車場の隅に植わられている松の剪定から仕事が始まった。仕事の早いこと早いこと。ここは、プロの腕の見せ所だ。松、独特の形に刈り込まれていく。お見事。

0627-6.jpg

IVY家のシンボルツリーの「いちいの木」だが、二階の屋根まで届く勢いの伸び盛りに、「ここまで」の打ち止めをお願いする。道路に面した側は密度を濃く残し、庭に面した内側は、風通しの良くなるように、スケスケに剪定され、樹形も自然のままにお願いする。

0627-2.jpg

お次は赤レンガのフェンスに絡ませた「レンギョウ」を、これまた自然な流れで整えていただく。終わって下の「クルメツツジ」だ。これも横一列に同じ高さにしないで、植物の成長に合わせた自然形に。

0627-3.jpg

朝8時から始まった剪定も後わずかとなったところでお茶となる。

0627-5.jpg

実は、門扉の横に「コノテカシワ」という樹がある背丈は3mにもなろうとしていた。幅も大きくなり、この樹を切ってしまうかどうするか悩んだ末に思い切って切ってもらった。そしたら日陰の庭に光が射し込んできたばかりではない、狭い庭が広く感じる。これは切って正解だった。これで「額あじさい」も窮屈しなくて咲いてくれそうだ。その「紫陽花」今年はどうやら花が沢山咲きそうだ。

それにしてもこのポストは郵便配達人には可愛そうかな。

0627-7.jpg

綺麗になった駐車場。「クルメツツジ」の花殻も摘んだので、そろそろお礼肥をしなければ。

IVY家の小さな庭で・・・に見ごろになったペチュニアをUPしました。
コメント
文小町さん。
今年の梅雨は九州など西日本に大雨が降っています。
そちらは大丈夫でしょうか。小諸は、今日も蒸し暑い一日となりました。
少し、刈り込み過ぎたかな。でも直ぐに伸びてきますから。これで祇園を迎えられます。
カミさん「足のしびれ」は残っていますが、家事労働を再開しましたよ。ご心配ありがとうございます。
  • IVY
  • 2010.06.28 Monday 22:09
おはようございます。
お庭がきれいになると、本当にスッキリしますね。
我が家も先週植木屋さんに切っていただきました。
この時期、西日本は大雨が降りやすいのでお天気との戦いだそうです。
奥様、その後お体はいかがでしょう?
お大事にしてくださいませ・・・
  • 文小町
  • 2010.06.28 Monday 08:08
コメントする








 
Powered by
30days Album