シリーズ秋色みつけて完〜銀杏とショパンな夜 

 1031-1.jpg

今日は、日蓮宗 長野県護法大会が長野県松本文化会館で開催されるため、菩提寺の役員さんたちと出席してきました。お寺を10時半ころ、2台の車に分乗して雨の中を出発し一時間ほどで到着。

松本文化会館へ行くのは初めてです。毎年サイトウ・キネン・フェステバルが開催される会場としても有名になりましたが、一帯は広大な公園になっていて、隣接して松本市総合体育館もあります。

1031-3.jpg

丁度、女子世界バレーが、この体育館でも開催されていて、公園は賑やかでした。

1031-4.jpg

大会は一部が平和記念法要が営まれ、長野県全域から日蓮宗のお寺さんの檀家さ等が一同に集まり盛大でした。サイトウ・キネンの模様は、この会場からテレビ中継されていましたので、舞台や客席の実物を見て素晴らしい施設であることをあらためて知りました。二部はチベット出身のバイマー・ヤンジンさんのトーク&コンサートを聴いて夕方6時ころ帰宅しました。

1031-2.jpg

公園には立派な銀杏の樹が真っ黄色に紅葉していました。それにしても綺麗に整備された広々とした公園には驚きました。10月最後に、またまた秋色をみつけられて、嬉しくなりました。

そして秋の夜長には、もってこいのテレビ番組がありました。
NHKhiの「みんなのショパン」なんと4時間の生放送で音声は5.1chです。
夕食を早めに済ませ、6時45分から10時45分まで、テレビの前に釘付けとなりました。
久しぶりにハイビジョン映像と音声に酔いしれてしまいました。
生出演のピアニストの顔ぶれは凄いの一言。
横山幸雄、山本貴志、三浦友里枝、辻井伸行、仲道郁代、小曽根真など凄い。
更にブーニン、ダンタイソン、などなど。
中でもショパンの生家で奏でる小山実稚恵の映像とピアノの音に、感動してしまう。
今夜は得をしたような気分です。
番組のホームページもあります。
http://www.nhk.or.jp/chopin/program/index_101031.html

番組の最後に、ショパンの曲のベスト20が発表となりました。
英雄ポロネーズが第1位となり、横山幸雄がスタジオで生演奏して番組は終わりました。
余談ですが、九時ころでした。
そうだ孫に知らせてやろうと電話すると、「今、バレー見ているよ」「ショパンのピアノだよ」。
大きなお世話かな・・・・・・・・。

PS

10月は"秋色みつけて"と題して書いてまいりました。秋は食欲の秋でもあります。11月は「男のイタリアン」で腕を揮ってみようと思います。昨夜のNHKhiでベニシアさんがスコーンを焼いているのを見て、また焼きたくなりました。食べることは最大の愉しみでもあります。
コメント