ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スマートフォンとウォーキングの効能 | main | 久しぶりのパスタ〜ペンネ・アラビアータ >>
2012.02.21 Tuesday

佐久平の美術展

 0223-1.jpg

今から12年も前のこと。
ivyが定年退職後、初めての海外旅行先はイタリアだった。
その説明会の会場で知り合ったEさんご夫妻と意気投合して、次の年にトルコへも、ご一緒させていただき、それ以来のお付き合いが続いている。カミさんは美術同好会でもEさんと、一緒に絵を習っていた時期があった。

先日、Eさんから佐久市立近代美術館で開催中の公募展・佐久平の美術展へ油彩を一枚出品し、入選したとの知らせがあったので出かけてきた。

0223-3.jpg

Eさんは奥様も絵を描かれ、ご夫妻共にご趣味が多彩で素敵な先輩だ。
80歳を超えられたと思うが、お元気に浅間山を精力的にお描きになられている。
雪を頂いた浅間山を背景に里の紅葉とのコントラストが油彩で力強く描かれていた。
一見、水彩画とも思われるが、色が水彩的だなと生意気な感想を書いてしまったが。

0223-4.jpg

館内の温室にシンビジュームが沢山の花芽をつけて開花していた。

0223-5.jpg

我が家のパアヒオは、とうとう蕾のまま枯れてしまったが、蘭は、やっぱり温度管理だなと思う。
暖かな温室で見事なシンビを見ながら、つくづく、そう思った。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album