ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< スマートフォンで一番便利な機能は音声検索だと思うよ | main | トマトとウインナーのパスタ >>
2012.02.25 Saturday

スマートフォンのインターネット回線は二つあります

 

それは 3G 回線 と Wi-Fi 回線です。

スマートフォンもパソコンと同じコンピューターです。
コンピューターにインターネットを接続するには、まずプロバイダーに加入します。
これで一つ回線が確保され、プロバイダーのメールアドレスも取得できます。
その回線は今なら常時接続のADSL(ブロードバンド)が常識になりました。
更に、その回線のスピード化をしたいなら今、流行りの「光回線」でしょうか。

この常時接続の環境をスマートフォンでも簡単に実現できてしまいます。
それがWi-Fi 回線のことです。
パソコンの常時接続の環境をスマートフォンでも利用したいなら、パソコンのモデムを無線ラン化することです。

スマートフォンを購入する前に、まずパソコンの無線ラン化をお勧めします。
無線ラン化すると、パソコンを、何処の部屋でも移動してインターネットを愉しめますね。
この無線ラン化した環境さえ構築すればスマートフォンでもパソコンと同じ環境になるのです。
しかも3G回線より回線の速度が速くて、スムーズにストレスなくインターネットを愉しめます。

しかもWi-Fi回線は、常時接続の概念ですから、当然、プロバイダーの月額使用料の中に含まれますから、いってみれば無料ということになります。

スマートフオンの通常の回線のことを3G回線と理解してください。
こうなりますと、使っただけのバイト料が発生しますので、料金プランを定額制にしておかないと、後で請求書を見て泣くことになります。

そして、スマートフォンは自分が知らないところで常にインターネットにアクセスを繰り返しています。
これがスマートフォンなのです。

Wi-Fiの環境は家の中ばかりではなく、今は田舎でも盛り場はWi-Fiを使えるスポットが増えつつありますから、外でも高速のイーターネットを愉しむことができます。

ivyは家ではWi-Fi 回線で外では3G回線と使い分けています。
もっとも定額制にしてあれば、どちらを使っても同じですので、あまり意味はありませんが、速度だけは違います。

ivyもスマートフォンを使い始めて一年を迎えましたが、やっとスマートフォンとは、なんぞやが少し理解できるようになりました。TOPの雑誌のタイトルを見てください。アンドロイドは初期設定で使うなと、云い切っていますが、ivyも一年使って、その意味を理解できました。

昨年の春にスマートフオンを携行して旅に出ましたが、なんとバッテリーの消耗の速さときたら携帯の比ではありません。その理由が、この本を読むと「なるほど」と頷けることでしょう。

スマートフォンのメーカーの取扱説明書を読んでも、チンプンカンプンです。
日経PC21の別冊ですが、アンドロイドのスマートフォンをお使いなら一読をお勧めします。

そして、そしてアンドロイドの生みの親でもあるGoogleのアカウントを取得してからスマートフォンをお使いください。愉しみ方の幅が広がりますよ。

生意気なことを書きましたが、スマートフォンを検討されている方にはご参考になるのではと思います。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album