ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 霞立つ・・・・ | main | やっと顔を出した福寿草 >>
2012.03.19 Monday

通信費の節減〜au光ホームに乗り換える

 

通信各社から「光ファイバー回線」への案内電話が入ったことありますね。
当初はNTTの専売で、それこそ毎日のように電話がありました。
その頃は、インターネットの速度(ヴラウザに表示されるまでの時間)のことは余り気にしていなかった。云ってやりましたよ「信濃路を、そんなに速く歩かなくても」って。ビジネスで使っているわけでもなく、趣味で、のんびりインターネットを愉しんでいるので、時間がかかろうが、ブログが無事にUPさえできれば何一つ不満はなかったもので。

今はADSL回線(メタルプラス)でインターネットと電話を利用していますが、ここにきて、年明けから、光ハァイバー回線を検討していました。

そして本日、そのau光ファイバーがivy家に開通したのです。
ivyは、づっと電話回線も、インターネットも携帯も、スマートフォンもKDDIのauでした。
しかも、請求書を一つにまとめ、紙請求書ではなくネットからダウンロード(印刷はしないでWEBで確認)します。「一つにまとめて」と「紙請求書不要」で二つの割引が実現します。

導入理由は回線の速度、速さではなく、お家電話、インターネット、スマートフォン、携帯電話の一か月にかかる通信(費)コストを、いかに安く抑えるかが課題でした。

たまたま長野県下でもauの光ハァイバー回線が使える環境となり、時季到来と考えていたところに、auが春のキャンペーンを展開中でした。

今、auの光ホームに加入し、お家電話とインターネットを使うとスマートフォンの料金が割引の対象となり、更に条件はあるものの携帯の料金も割引されるのです。

また光ファイバー回線の引込み工事料も実質、負担額は0円となるなど、通信費をトータル的に考えると大幅なダウンとなり、ただし、このキャンペーンは継続利用が2年間と、前提条件はありますが。

考えてみれば、携帯もスマートフォンも機器代金が0円の時代は終わり、機器代金は高額になってきています。よって、誰もが分割払いを選択するのですから、中途で解約することなく、前提条件の2年間は、最低でも辛抱しなければなりません。

au光ホームではモデムに相当する機器をホームゲートウエイと呼んでいますが、黙っていても無線ランが内蔵されていますので、パソコンも子機の無線ランカードが内蔵されていれば、無線ラン化して、コードレスで、家中、何処でもインターネットが楽しめる環境作りは必須の時代となりました。

そしてスマートフォンのWi-Fi化も通信コストの削減に大きく貢献してくれます。コスト面ばかりではなく、やはり接続速度が速いのです。

今夜、開通したばかりの光ファイバー回線に繋がったパソコンとスマートフンでivyのブログに接続してみました。表示速度の理論的な数値はベストエフォート型なので理屈より直観的に、これまでと、比べると速くなったかどうか判断するだけですが、これは、凄い、時間帯にもよりますが、イライラは
解消されました。ホントニ!!

通信各社も、皆、同じような売り方になってきています。これからは情報の見落としがないように、お店やWEBなどで情報をキャッチして、機器毎の代金ではなくトータルに通信費を考えないと。
そんな気がします。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album