老いて学ぶ〜大人のiphoneは目から鱗って、このこと・・・・

2015.02.20-1.jpg

庭に飛来する小鳥を撮るようになって、だいぶ経つが、日本野鳥の会の機関誌「野鳥」を時々求めていたが、正式に会員になった。写真のテクニックを習得するのが目的だが、先日の俳句ではないが野鳥を題材にした「俳句コーナー」もある。
みなさんの投稿句を読むと勉強になる。

下の妹から先の俳句に添削してくれたメールが入る。
「ひよどりの飛び来る庭や春浅し」
なるほど冬の季語を二つはタブーとか、立春も過ぎた時に撮影した「ひよどり」なので、どうかしら・・・・。
そう下の妹は「シニア大学」で学んでいたが、先日、卒業式があったとか。
今度は何に挑戦するのかな。
こちらも負けてはいられない。
野鳥の写真撮影も俳句もそうだが、今、トコトンiphoneを使い倒そうと本に夢中だ。
絵手紙も春にふさわしい習い事。
一斉に花が開けば春の季語は百花繚乱のごとし。季語に困ることはない。
iphoneをデザリングしてipadを外でも使えるようにする。
今、契約するauがキャンペーン最中でオプション料がタダとなる。
デザリングとは、iphoneをモバイルルーターに変身させてしまうテクニックのことで、「インターネット共有」ともいう。

どこかの機関誌で目に触れたキャッチーコピーが気になってしかたがない。
「スマートフォン&タブレット はじるの一歩〜この新しいオモチャを使いこなしてみませんか?」。
なんと非常識なコピーでしょうか。
オモチャではありません。
現代の世の中で、こんなに便利な生活ツールはありません。
年寄りが無気になって怒ってもしょうがないが。
ですが、人は人。家人は便利そうですね「つぶやいて」と云って操作させます。
何やっているのかってクイズの答えのヒントを探しているのです。
アナログ派もいればってことで、頑固に近寄ってこない。これもいいですね。
つまらないジジ様の独り言でした。
コメント