ショパンのJAZZアレンジCDの音に感動



2月23日 深夜の一時台 いつものようにベッドでラジオ深夜便をイヤホンで聴いていた。
「奥田佳道の"クラシックの遺伝子"という番組で、前から放送されていたようだが、ivyは初めて聴いた。
この日のアンカーは男性だったが、聴き手は森田美由紀アンカーの声、奥田佳道さんの名も初めてだったが、この方、
有名な音楽評論家だそうだ。

ラジオ深夜便は音楽が圧倒的に多いが、この「奥田佳道の"クラシックの遺伝子"というコーナーは、単なる音楽を流す、
番組ではなさそうだった。もちろん、話題はクラシック関連なのだが、過去の放送を聴いていないので、どんな、
内容の番組か、じっと耳を傾けていたら、アッ、もっと前に知って聴いていれば良かったと悔しい思いをした。

その夜の話はピアノの詩人といわれた、あのショパンを取り上げていた。
クラシックCDでも流れるのかと思いきや、そうではない、あの数々の名曲をJAZZに編曲した音楽が次から次へと流れた。
目を閉じて聴いているだけだから曲名も耳から入って、消えていった。
余りにも心地よかったショパンのJAZZアレンジ。
曲名と演奏者の名前は、調べればわかると思うが、どうしても聴きたくなりネット検索してみつけたのが。
Chopin JAZZというCDだ。
CDのライナーノートをJAZZジャーナリストの小川隆夫さんが初心者にわかりやすい解説をしていた。
演奏はジョン・ディ・マルティーノ・ロマンティック・ジャズ・トリオ。
ivyは初めて知ったアーティストだった。
小川隆夫さんはブログも公開されていた。小川隆夫のJAZZ blog 『 Keep Swingin 』
早速飛んでみた。しばらく夢中になって読むだろう。凄い。

CDは、まずパソコンのiTunesに取り込んでからiphoneにも同期させた。

しばらくは、ショパンのJZZZを聴きながら春を待ちわびることにするか。
コメント