家系図に挑戦

2015.03.09-1.jpg

写っているのは祖父母とハイカラ叔母さん(祖父母の次女)と私????
いえいえ四つ年上の兄貴です。
私は生まれていたかいなかったか???。
祖父は明治15年の生まれですから、兄貴の歳が四歳ころとして逆算すると、祖父の歳を知ることができそうですね。
57歳ころの写真ということになりますが、少し痩せて、みえますが、角刈りで普段から着物姿でした。
もっとも、隠居して家督は息子、ivyの父親に譲って、今でいう第二の人生を送っていた頃です。
祖父は昭和31年に行年75歳で亡くなっていますが、アッivyも今年75歳になる。・・・・・・・。

2015.03.09-3.jpg

祖父は「勢喜家」という割烹を営んでいました。
こんな「栞」が残っていました。
ivyは本の栞として大切にしていますが、当時は、どんな使い方をしていたんでしょうね。
和紙で作られています。歌舞伎も連想できそうですが、アッ料理の「折詰」なんかに既製「店の名」を名札がわりに使ったか。

前々から思っていた「家系図」。
親父が残してくれた「備忘録」を元に、手をつけはじめました。
今日、思い切って市役所に行って「戸籍」を調べてきました。
なんとivyを含めて五代まで遡れることができました。
父、祖父、曾祖父ここまでは普通ですが、更に高祖父というそうです。その上の人がご先祖さんを、なんというのでしょうか。
これには驚きました。
曾祖父は、なんと嘉永2年、西暦で1849年に生まれています。
これを元に更に詳細なデーターをパソコンのアクセスを使って入力を始めました。
消したり追加したりするには、やはりパソコンが便利です。
ここに自分史も絡めて、残そうと思っているのですが、とにかく、やりたいことが一杯で。。。。。。
少し時間は、かかりますが、今、やっておかなければ、そう思っています。
 
コメント