朗読「千曲川のスケッチ」学生の家2

2015.04.20-1.jpg

「千曲川のスケッチ」にも出てくるが、藤村先生が小諸に滞在していた明治時代の懐古園の桜の見ごろは例年、四月二十五日ころだった。それが地球温暖化の影響で年々、速まってきているが、今年は満開となっていた。
この天守台の石垣も、桜の樹も、そのまま今に至っているのか。

2015.04.20-3.jpg

この桜が「小諸八重紅枝垂桜」だ。
ここ、馬場一帯に桜の樹が植えられており、先週末には「花見の宴」が、あちこちで開かれていたようだ。

2015.04.20-2.jpg

天守台跡の石垣が見える。
今日は花曇りで撮影には絶好のチャンスだった。
それでは「千曲川のスケッチ・学生の家2」をお聴きください。
少しイントネーションが弱く、トーンも低くなってしまっていますが。

 
コメント