ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小さな町の小さな美術館 | main | 今日は親父の祥月命日で・・・・ >>
2015.09.06 Sunday

読書の秋・到来〜まずは「真田三代」から



秋雨のお天気が続きます。
夜は、しっかり窓を閉めて灯火親しむ秋の到来です。
今朝の読売新聞地方版に来年のNHK大河ドラマ「真田丸」のロケが、お隣の上田市で始まったと報じていました。
新聞の見出しには「真田丸ロケいざ出陣」と大きく載って、ドラマに出演する演技者等のインタビュー記事も掲載されていました。
主人公、真田信繁・通称「幸村」を演じるのは堺雅人さん。そして幸村の初恋の女性「梅」には黒木華さん。

ところで、このドラマには原作本がなく三谷幸喜さんの書きおろしのシナリオとのこと。
真田信繁なら池波正太郎さんが沢山、書いていますが、少し前になりますが、地元紙「信濃毎日新聞」に連載小説として書かれた「火坂雅志」さんの「真田三代」があります。三谷さんは、まったくのオリジナルな脚本になると云っておられますので、なんとも言えませんが、ivyは残念ながら、どちらの本も読んでいませんでしたから、どの本を読もうか迷っていました。

たまたま、区の「お茶飲み会」が先日、開かれた時に小諸フィルムコミッションの関係者から「真田丸」と「小諸とのかかわり」というテーマで、お話を聴く機会に恵まれました。

西軍「真田軍」VS東軍「徳川軍」・・・・小諸城に徳川秀忠率いる本隊軍がいた・・・・と書かれたホスターが。

もしかして来年の大河ドラマ「真田丸」に「小諸」も登場するのか・・・・期待しながら火坂雅志さんの「真田三代」を読み始めることにしました。

ネット検索すると文春文庫版で「上下巻」がみつかりました。
来年のお正月から放映されるまでには「上巻」くらいは読破しておかないと。
プロ野球も終盤を迎え、テレビ応援もありますが、秋の夜長に「夜更かし」してでも詠み続けようと思います。
 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album