ついにカミさんスマホデビュー



カミさんが「私、カメラが欲しいの??????」と突然に云い出す。
「カメラなら家にゴロゴロしているぞ」。
「そうゆう難しいカメラでなくて、簡単に撮れるのがいいの」。
「いったい何を撮りたいんだよ」。
「私の趣味の作品です」。
そういえば、いつも此れ撮ってくださいとバッグや袋物、ガーデニングシーズンともなれば庭木や山野草など、など撮影の注文があったけ。だが、こちらが忙しくしていて撮影のタイミングも逃しがちだった。これは良いタイミングだ。
「どうだい、ここらでスマホでも使ってみるかい」と問いかけると「電話は携帯で十分です」と返ってきた。
「スマホで撮るんだよ、電話もメールも携帯と同じように使えるよ」。
「お高いんじゃないですか??」。
「そりゃー携帯料金というわけにはいかないが、一番安いプランなら、そんなに違わないよ」。

カミさんの友人達もスマホを使うようになり、そうでなくても私や娘などが日常的にスマホを便利に使っているのを横で眺めているはず。孫が来訪すると私のスマホを借りてゲームに興じている様は、いつもカミさんも見ているはず。

これは刺激を受けているなと直感した。
カミさんは、もともと超アナログ派で携帯も必要だからと私が無理やりもたせていたが。
「ついに決断したか????」。
それは違うと思う。
目的は人様に写真を撮ってもらうより自分で撮った方が、好きなように撮れる。
私はカミさんに云った。
「写真なら今ならカメラよりスマホの方が簡単だよ。液晶画面一杯に見ることも可能だし、とにかく撮るタイミングを逃さない」。
「時代は変わっただよ」。
「そう思いますけど、私に使いこなせるかどうか心配です」。
「写真だけですよ」。
「電話もメールも携帯と同じ要領で使えるよ」。

それから数日後「買ってきたから、これで撮りなと新しいスマホを差し出す」。
「アッ携帯が無い????」。
「機種変更して、今日からスマホを使いな」。
「携帯は下取りに出したから、もうないよ」。
「エーーそんな」。

簡単携帯とか、大人のスマホとか、いわゆる簡単だけど文字を大きく表示させるために本体が大きいのは避けた。
まず携帯性を優先し女の人が片手で操作できる大きさ、つまり小さくて軽いスマホを見つけて来た。
アップルのiphoneではなくOSはアンドロイドが一番。私も最初のスマホはアンドロイドだった。
「さーこれで撮ってごらん」。
「趣味の作品を並べてください」
撮影の操作を教えて、実際に撮らせてみる。
「アッ綺麗に撮れる」。
まず家族、続いて友人と知人の連絡帳を作る。
ここまでやってからメールとメッセージの違いを説明する。
「Cメールが電話番号でメッセージ」そうそう「Eメールはアドレスね」そうそう「電話は電話番号」そうそう。
それから、家中の小物や雑貨などを撮り、「あのー、写真撮りましたが見方は」。
「撮った写真はアルバムに保存されているよ」。
いつでも見たいならロック画面に五つ登録すれば、いつでも大きく見られるよ。
カメラで撮ってプリントアウトから スマホで撮ってスマホで見るかメールで送る。そんな時代になってしまいました。

娘にカミさんがスマホ開通したからとメールすると「LINE」を教えてあげてと返事が来たが。
無料ほど怖いものはない。メールはEメールでと返信した。私もLINEぐらいは知っているが使ったことはない。

そろそろ一か月が過ぎた。
電話、メッセージ、Eメール、写真撮影と基本的なことはマスターしてくれた。
ロック画面に表示される写真「ハボタン」だが、綺麗に撮れている。やれやれ。

今夜はこんな質問をされる。
「あのー、いつもツブヤイテもらっているの、このスマホでもできますか」ときた。
出来なくないと思うが「インターネット覚えな」。
「osがアンドロイドの場合はヴラウザはChromeだよ、ここの検索窓にキーワードを入力すれば、何でも知ることができるよ」。
どうやら新聞のパズルの質問の答えを考えていたらしい。

今日は炬燵でうたたねをしていたらメッセージの着信音で起こされる。
「うたたね、風邪引きますよ」。
少しづつ、使って慣れろ。
それにしてもロック画面の「ハボタン」綺麗だ????

追記
ivy名義でカミさんが使うスマホなので、便利なWi-Fiが使える。
バケット料金を気にして使うことも解消される。
元旦の午後だった。
散歩に行って来ますと、いったきり帰宅が遅かった。
何処までの散歩かね。
「ウフフ・・・・・」。

カミさんのスマホに保存されている写真を見て納得。
懐古園、鹿島神社、停車場ガーデンのスナップが沢山撮られていた。
どうやら写真だけは覚えたようだ。
 
コメント

今晩は今年も宜しくお願いします。
懐古園で梅も咲き出したとかのお知らせですが、ivyは、まだ未確認です。明日にでも見て来ます。
カミさんのスマホ。
本格的に撮るのは春になってからでしょうね。
カメラとして使ううちに自然に操作は覚えるでしょう。
パソコンもスマートフォンも理屈ではなく体で覚えるものです。
「暦」というアプリをインストールして読むように薦めています。このアプリはシニア世代には是非、使っていただきたいアプリです。暦・写真・俳句や短歌、料理などなど読んでいるうちに自分の感性に刺激を与えてくれることでしょう。
「ちよっきんおばちゃん」さんも思い切って挑戦してみませんか。
だって、パソコンは御出来になるんですから。

  • ivy
  • 2016/01/07 22:32

今日はいくらか雪もちらちらしつつ肌寒いです。今までが暖か過ぎたんですね。懐古園の梅も咲き出したとか。奥様もついにスマホですか。私はなかなかガラからぬけだせません。

  • ちょっきんおばちゃん
  • 2016/01/07 13:30