初めて聴くブラームスのピアノ曲

2016.01.27-2.jpg

CDを買い求める参考に「サライ」のサライCDレビューの記事を読む。
一月号に数学者の藤原正彦さんが「忘れられない・この一枚」として紹介されていた「ブラームス・後期ピアノ作品集」。
記事を読んで「ゆっくりとした弾き方も素晴らしく、心が落ち着きます」が気に入った。
ピアノはショパン、勿論、何枚もCDは持っています。
ピアノを弾いているのはivyも初めて知ったロシアのアファナシエフという人。
価格も一枚1,234円。レーベルは「DENON」。ジャケットもいい、即、ネット注文する。

2016.01.29-1.jpg
居間のカウンターに設置しているONKYOのシステムX-U5で聴いてみた。
ほんと「ゆったりとした弾き方で」暖房が効いている部屋で聴いていたが、眠くなってしまう。
でも耳障りはなく、最後の曲などは軽快なテンポでダイナミックにも聴こえてきた。

2016.01.29-2.jpg

今度はマイルームで、iphoneで小さなスピーカーで音を絞って聴いてみた。
まさにBGMだ。
パソコン操作をしながら全曲、聴いてしまった。
仕事の邪魔もしない、
このCDは、コロンビア創立100周年記念でDENON CLASSICS BEST 100の一枚だ。
価格も一枚1,200円前後。掘り出し物に巡り合えるかも。

 
コメント