フォト俳句〜アプリphotoikkuを使って



この冬、一番の写真と自画自賛している上の写真。
最近はスナップ写真を撮る時は、ほとんどiphoneが便利なものだから、一眼レフカメラの出番がない。
最近のスマホはカメラ機能が良くなってきているので、便利だ。

だが、撮る被写体によってはカメラを変えなければいけない。
特に野鳥撮影には一眼レフカメラでないとベストショットを撮ることは難しい。
カメラを三脚にセットし、野鳥をズームアップして連写でシヤッターを押す。

この冬、IVY家の庭に飛来した野鳥はツグミ、メジロ、シジュウカラ、スズメだった。
野鳥を観察していると、ツグミとメジロが仲良く林檎を、突っついているシーンが良くあった。

撮り終わった画像をパソコンに取り込むと何百枚にもなっていた。
一枚一枚プレビューした中から選んだ一枚。
ブログにもアップしているが、この写真で一句いや五句ほど詠んだ。
それも思いつくままに。

iphoneのアプリにphotoikkuという面白いのがあった。
パソコンでも同じ操作はできるが、アプリで浮かんだ俳句の文字を入力してから、その俳句に、相応しい写真をiphoneに保存されている写真の中から選択して文字と画像を自由に合成することができる。

吟行などで出会った風景を瞬時に撮り、その写真を見ながら一句ひねる。
後は簡単な操作でフォト俳句が完成する。
そしてメールに貼り付けて送ることもできてしまう。

「春めきて 小鳥を友に 写す日々」。

暦は立春も過ぎ雨水となる。
少しづつ暖かくなってきた。少し体を動かさないといけないな。
 
コメント