台風一過の庭で

 

台風が来るというので昨日、庭に置かれている鉢物などを一個所にまとめて固定しておいたが、当地は、その心配もいらなかった。

青空に太陽の光がまぶしい。

パラソルを広げ、鉢物を元の位置に戻していたら友人のT君が来訪する。

「ダビング完了しました」。

10年も前にVHSテープに録画したものをDVDに変換依頼していた。

「早いね、もうできたの、どうだった、正常にダビングできています」。

「今夜、再生してみるよ、ありがとう」。

この話は、また書いてみたいと思っていますので、話は進めます。

 

「アッ使っていますね」。

「この小さなスピーカーで、この音」。

「いい音するでしょう」。

「するする」「これぞ音楽を外に運ぶって感じかな」。

ipadのアプリ「ミュージック」はAppleのiTunesの定額制「MUSIC」と契約すると、音楽のジャンルは全て、つまりクラシックから演歌まで聴き放題。

 

それもユーザーの好みのジャンルを登録しておくと、毎日のように新曲を自動的に知らせてくる。

但し、新譜は、なさそうだな。

曲は、いちいちダウンロードするのではなく、インターネット回線でストリーミング再生だ。

ipadに表示されているアルバムのタイトル「DUO」を見たT君。

「ギターディオ」ですか、ここから、このスピーカーへ無線で飛ばす。

「コーヒーでも淹れるよ、聴いていきなよ」。

 

 

コメント