ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 台風一過の庭で | main | お知らせ >>
2016.09.01 Thursday

じわじわと老化現象進む

 

鼻は嗅覚ゼロ、眼は老眼で度が進む、耳は極度に聴き取りにくくなってきた。

鼻の治療はあるが、その発症時期に治療しないと手遅れと医者から云われ諦めた。

難聴は補聴器で解決できるが、まだ、そこまではしたくない。

人様の顔や口元を見ながらなら、ちゃんと聴き取れるが、それ以外の会話には支障をきたしている。

区の会議でコミュニケーションが、とれないことがある。

聴き直す機会も多くなってきた。夫婦の会話も大きくなり、テレビの音も大きい。

眼は白内障の兆候は、この年代なら当たり前とのことだが、まだ手術までは至っていない。

昨年、運転免許の更新で視力検査をしたが、眼鏡をしないでパスした。

だが、パソコンに向かったり、読書や新聞を読む時は老眼鏡は必須だ。

今日も視力検査の結果レンズの度数が、またプラスとなる。

いつものメガネ屋へ車を走らせる。

 

台風が去った九月の一日目は、また夏が戻ったかなような暑い一日となる。

明日は年に一度の健診日だ。

内科的に血液検査で、主治医が診てくれる。

歳だから、歳相応と思えば、それまでだが、老いの症状は、確実に、進んでいるな。

このところ市の拡声器による「お知らせ」で、お年寄りの行方不明が多い。

それも毎日のようにある。

・・・・・・・・・・・・・・・。ここらで書くのやめておこう。

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album