秋の懐古神社例大祭



毎年、九月六日に執り行われる鹿島神社の例大祭に区を代表として参列してきました。
季節は九月に入ったというのに、蒸し暑い陽気になりましたが、町中にある唯一の神社で歴史もあり、子供の頃は神輿が、ここから街に担がれて行きました。
孫が生まれては、お宮参りや、七五三などでお参りに行きました。初詣にも。
日々の暮らしの中で、いつも、お世話になる神社として親しまれている神社です。

参道を歩いて行くと、赤い鳥居が見えてきます。帰りは鳥居の後ろに雄大な浅間山が見えてきます。

見慣れた風景ですが、いつ見ても飽きない、故郷の景色です。
コメント