福寿草と一緒に咲く蕗の花

春雨が雪に変わった。

庭には恵の雨になる。

庭の片隅に「蕗の花」が顔を出している。

 

 

蕗の一種で「ゴトウブキ」と山野草の師匠に聴いたが図鑑を見ても出てこない。

ネット検索したら花は画像であったが「ふき」となっている。

 

お天気もお天気なので「モノ」の整理は止めて音楽を流して過ごす。

「断捨離シール」の中の一枚「楽天家になろう。なくては困る? いいえ、無くてもだいじょうぶ」。

段々と、そう思うようになるから不思議だ。

今回も、この考え方で実行した。

「捨てる時、これは残しておいた方がいいかな」と一瞬思うが、過去に捨てたモノで後になって困ったことはなかった。

明日からは捨てるものでなく、残ったモノの分類だ。

これで又、捨てるモノが出るだろうな。

身の回りが段々と身軽になってきた気分だ。

コメント