音楽CDを整理する

音楽の聴き方が変わってしまった。

 

2017.03.25-1.jpg

 

レコード、カセット、CDと推移する中で、昨今は音楽ファイルと呼び一曲でもアルパムでもサイトからパソコンにダウンロードして、アンプ経由でスピーカーで聴くスタイルになってきた。

それもパソコンとアンプはBluetooth(ブルーツゥース)という無線ランでスピーカーから音を出すスタイルに変わった。

つまり、コードレスだ。面倒な配線は必要ないし、見た目もスッキリ。

 

2017.03.25-2.jpg

 

そしてパソコンがプレーヤーの役目をすると、このスピーカーから高音質の音楽が聞こえてくる仕掛けだ。

だから今はCDショップで音楽CDを買い求めることが減った。

ただ、ジャケ買いといって音楽もさることながらCDジャケットに、つられて今でも買い求めることがある。

 

2017.03.25-3.jpg

 

BLUE NOTEのジャズCDで「COOL STRUTTIN」。

ソニー・クラークのピアノ曲だ。

クラシックでは最近、雑誌「サライ」で紹介された

 

2017.03.25-4.jpg

 

ブラームスの後期ピアノ作品集だ。

演奏はヴァレリー・アファナシエフ 録音は比較的新しく1992年。

 

ところが、サイトでもダウンロードできるが、ジャケットやライナーノートは、付いてこない。

 

前置きが長くなったが、だいぶCDも整理して少なくなってきてはいたが、聴き方が変わったのでCDを、いちいちCDトレイに差し込んで聴く機会は激減した。

 

これまでに蒐集したCDはパソコンに取り込み、CDそのものは処分することにした。

100枚は下らないだろうが、今、こつこつと、その作業をしている。

 

パソコンで音楽を管理することについては、また、別の機会に詳細に書いてみたいと思っている。

IVYはAppleのiTunesというソフトたが、とにかく楽しくて面白い。

 

コメント