絵手紙で暑中お見舞い

 

暦は早くも小暑を迎えました。

梅雨前線と重なった今回の九州地方に甚大な被害をもたらした豪雨。

被害に遭われた皆さまにはお見舞い申し上げます。

そして本格的な夏を迎え暑中お見舞い申し上げます。

 

梅雨といえば紫陽花がお似合いですが、庭のガクアジサイも、そろそろお終いなので、絵手紙に描いてみました。

コメント

初めましてtokochan♪さんコメントありがとうございます。
そう、写真も絵手紙も。
絵手紙は「下手がいい」なんて絵手紙の大御所が書いている雑誌「絵手紙」を読むようになってから、そうか、描いてみるかと始めましたが、最初はイラスト描きからでした。
この絵手紙も、毛筆ではなくペンで輪郭を描いています。
筆記具は、なんでもいいんですね。色も顔彩でなく透明水彩絵の具で塗っています。
狭い日陰の庭は絵手紙の題材になる植物が四季を通して咲いてくれるので、いつも「旬」の花たちを、まず撮ってから、その写真を見ながら絵手紙を描いています。
ブログのカテゴリーに「男子厨房に入るべし」では、昼飯を作っていますので、こちらも御覧ください。何年か前にNHKの「サラメシ」にも出演しています。その時の様子はブログもUPしていますよ。
ivyも、これからtokochanさんのブログに、お邪魔しますね。

  • ivy
  • 2017/07/09 00:56

初めまして。
IVYさんの絵手紙、素敵ですね。
私も絵手紙始めました。
アナログとデジタルの両方を使っていらっしゃり
私もそうしたいと思います。