初採りのミニトマトを絵手紙に描く

 

今日も蒸し暑い一日となる。

裏庭でプランターで栽培していたミニトマトが紅く熟れ始めていたので初採りをする。

まだ固くて食すには早過ぎたが、絵手紙で味合うことにした。

 

2017.07.11-2.jpg

 

絵手紙を描く時は、いつも一階の南に面した六畳の部屋だ。

ここから直接、庭にも出られるので、絵を描いていて疲れたら外に出て休憩もできる。

だが、今日は朝からカンカン照りで、とても外には出られたものではない。

ivyの部屋もあるが、絵手紙を描く時だけは、カミさんの部屋だ。

実はカミさんも絵を描く、だが絵手紙ではなく水彩画だ。今日も描くらしい・・・・。

初採りしたミニトマトを白い布の上にレイアウトしてみる。

 

2017.07.11-3.jpg

 

絵手紙を描く時はBGMを流している。

クラシックのヴァイオリンの曲を音を絞って聴きながら描く。

まず硯で墨を磨る。たまにはペンで描くこともあるが。描く題材によって、使い分ける。

TOP画像の真ん中の絵手紙は「割り箸」の先を削って筆代わりにしてみた。

太い線と細い線を同時に描くことができる。そうすることで、力強い輪郭が表現できる。

絵手紙の絵の具は「顔彩」が定番だが、持ってはいるがivyは、づっと透明水彩絵の具と決めている。

絵手紙用の道具類は、いろいろあるが、これでなければ、いけないというものではない。

 

2017.07.11-5.jpg

 

絵は描けても問題は添える文字に、いつも頭を悩ませる。

最近は文字を決めてから絵を描くようにしている。

そうすることて余白が見当つくので。

最後に「用紙」だ。

これは、また別の機会に触れてみたい。結構、用紙選びは難しい。

もうお昼だ。

昼飯当番なので休憩となる。

温度計を見たら30度を早くも超えていた。だが、引き戸を開けておくので風が入ってくるので汗をかくとはない。

勿論、クーラーなどはない。扇風機はあるが、この部屋で使ったことはない。つまり「いらないんだ」よ!!

 

2017.07.11-4.jpg

 

絵手紙を描く時は、凝った昼飯は作らない。

トーストとサラダとコーヒーか紅茶または温かい野菜スープ位いだ。

昼飯を済ませ部屋に戻ると笋入る。

「お祭り」の提灯を飾りました、バーベキューで昼飯にしましたので、お出かけください」とのこと。

「昼飯は今、済ませたよ」というのを呑み込んで「ありかとう今、行くよ」でカミさんも笑っている。

 

「お祭りの提灯」とは町内の繁華街の店主たちが、祇園祭が近づくと例年、やっていること。

若い衆が、気を利かして飾り終わってから年寄りを誘ってくれた。「うれしいね」ほんとに!!

でもね、少し前までは、ivyも飾り付けは参加していたのに・・・・・まっ!!いいか。

「ちょっと行ってくるわ」で絵手紙は中断となる。

 

絵手紙の文字に「祇園近づく」と書いたが正解だったな。

今日はミニトマトで三枚の絵手紙を描いてみた。

全て毛筆で描いてみたが、描いている間は夢中だから暑さも忘れているが、熱中症予防に冷たいものも忘れなかった。

 

コメント

厳しい暑さの日々ですがお変わりなく、素敵な絵手紙を連日見せていただき
心和みます。今日八百屋さんでサクランボを買ってきました。
眺めながらIVYさんのように絵手紙かけたらいいのになーと、思いながら
美味しくいただいてしまいました。笑

  • パリス
  • 2017/07/11 23:33

IVYさま、こんばんは。
本当に暑いですね。日差しが痛いです。
こんな日は無理せず家で楽しめる趣味が良いですね。
トマトもスーパーに並んでいるものと全然違い味がありますね。♪
とっても素敵な絵手紙ですね。♪
今から楽しみにしております。♪




  • tokochan♪
  • 2017/07/11 23:03