日光田母沢御用邸〜里の紅葉から

2017.10.29-1.jpg

 

区の秋の恒例行事でもある研修旅行で雨の中を日光へ。

十数年前にもマイカーで行きましたが、あの時は一泊しないと信州からは行けませんでしたが、今は高速道路が整備され、沼田から入り金精峠を越えれば中禅寺湖に着き日帰り圏です。

 

錦秋の日光へと期待していたのですが、生憎の空模様でしたが、それでも小雨程度で雨に濡れた日光の紅葉も、しっとりとした落ち着きのある佇まいでした。負け惜しみではないけど雨のお陰で高速道路も渋滞なく小諸を五時過ぎに発ち六時半ころには帰ってこられました。

 

最初に訪れたのは竜頭の滝➡華厳の滝➡いろは坂を下り日光三内に入り田母沢御用邸➡日光東照宮と見学してきました。

カメラを持参し、錦秋の日光を撮りまくるつもりでしたが、「いろは坂」の紅葉は見ごろを迎えていましたが、車内からの遠望でしたので美しい光景は眼に焼きつけてきました。

 

なんといっても今回は「日光田母沢御用邸記念公園」の秋の佇まいに感銘を受けました。

係員も今日のお庭が一番美しいと云うほど、素敵な光景でした。

 

2017.10.29-2.jpg

 

国指定重要文化財に指定されていて日本の歴史公園100選にも選ばれているそうです。

日光田母沢御用邸は1899年(明治32)に嘉仁(よしひと)親王(大正天皇)のご静養のために造営され、1947年(昭和22)に廃止されるまでの間、三代にわたる天皇・皇太子がご利用になりました。(パンフレットより抜粋)

 

 

御用邸の部屋数は、なんと106室にも及ぶそうですが、なんといっとも、建物をとりまく庭園の美しさにシヤッターを切ってきました。建物の中から外の庭を眺めると、こんな構図でになります。

 

コメント