季節の林檎ジャムを作る

2017.12.04.jpg

 

手作りジャムを切らしてから久しい。

初秋のプルーンジャムも食べつくし、スーパーのジャムで我慢していたが、秋となり林檎も、いろんな品種を食べてみたが、葡萄と同じで昔の、あの瑞々しい林檎にはお目にかかっていない。

 

スーパーではなく農園の林檎が手に入り、不揃いの林檎だが少し買い求めた。

生で食したが、これ林檎の味かい?????。

ならばジャムに加工してみよう。

 

2017.12.04-2.jpg

 

皮をむき、とにかく、かたい林檎なので、まず細かく刻む。

5分ばかり刻んだ林檎を塩水につけておく。

鍋に移しグラニュー糖を少し入れて2時間ほどほっておいたら水分が出てきた。

鍋に火を入れて弱火の弱火で煮込む要領で様子を見る。

時々、しゃもじで、林檎を押しつぶすことを時間をかけて、やってみる。

ミキサーに、かけてもいいが、自然に林檎が柔らかくなるのを根気よく待つ。

 

白い林檎が熱を加えることで少し茶色ぽくなってきた。

水は一切使わない加えないで煮込むので焦げないように、鍋から離れない。

 

食感を残すため、煮込み具合に注意しながら火を止める。

仕上げにシナモンの粉をパラパラと散らし、バニラエッセンスを数滴たらす。

食パンを軽くトーストしてから出来立ての林檎ジャムを添えて食すが、甘みを抑えた美味しいジャムの完成となる。

 

それにしても、昔の林檎の味は何処へいってしまったのか・・・・・・・。

 

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

ivyおじさんのレシピブログのページへどうぞ覗いてみてください。

コメント

今年も、いつの間にか師走を迎えていました。
あれもこれもとあるのですが、それが師走というものですね。
これからもマイペースを崩さず、過ごしていきたいと思っています。

  • ivy
  • 2017/12/05 22:12

今日は寒い朝でした。林檎も種類がふえましたね。わたしも昔ながらの紅玉が好きで加工にはよく使います。タイミングが合わないとなかなか手に入りにくくなってしまってますね。

  • ちょっきんおばちゃん
  • 2017/12/05 10:17