ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初めての国立劇場で新春の歌舞伎を観劇 | main | 一昔前のカセットテープの音蘇る >>
2018.01.13 Saturday

お正月の浅草見物

 

本年、初めての上京で昨日は半蔵門にある国立劇場で尾上菊五郎の初春歌舞伎公演を観て、歩いて2分も、かからない、と云うか、お隣にあるホテルで一泊し、翌日は浅草へ出掛けた。

その日の天気予報を見ると、良くない。雨なら止めようと思っていたが、春のような陽気となり、皇居のお堀端を見ながら地下鉄の半蔵門駅まで、ゆっくりと散歩気分で歩き、東京駅へ出た。

 

地下に潜ると地上に出るのに苦労するので東京駅から浅草まではタクシーを拾う。正解だった。

雷門で下車し、華やかに飾られた仲見店通りを冷やかしながら浅草寺へと向かう。

 

2018.01.12-3.jpg

 

天気予報は完全に外れて、初夏の陽気となる。とにかく外国人が多いのに驚く。

雷門を正面から撮るのは諦めて、横から撮る。不用意にシャッターは切れない。

 

2018.01.09-8.jpg

 

浅草の仲見店は、今、流れているニュースとは仲見店はテナントとして商いをしているらしいが、ここにきて、大家は浅草寺だと、テナント契約の見直しを迫られているとか聴いた。ほんとかどうか知らないが。

浅草の仲見店といえばお土産だ。いつもの「船和」を探す、あった「芋ようかん」を注文すると「賞味期限は当日限り」ですがと店員が云う。浅草の佃煮なら日持ちもいいな、人形焼なら東京駅にも売っている。

 

歩いているとコートを脱ぎたくなるほど太陽の光が眩しい。そのうちに喉も乾くし腹も減ってきた。浅草なら鰻か蕎麦だが、火曜日は定休の店が多いらしく、何処も店を閉めている。

 

仲見店通りを戻り雷門から地下鉄の銀座線の浅草駅前を歩いていたら「蕎麦屋」の看板が目に飛び込んできた。

やれやれ、どうやら昼飯に、ありつけそうだ。

東京は、とにかく歩かなければ何処にも行けない。スマホの万歩計を見て驚いた。既に一万歩を超えていた。

三連休だったせいもあり、今日は振替定休の店が多い。美術館巡りで候補があったが、生憎の休館日。

「東京駅」へ戻るか。浅草から地下鉄の銀座線に乗る。

東京駅の地下街は我々世代には面白くないので、いつも丸の内ビルと決めている。一服するか・・・・・少々くたびれてきた。

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album