ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秋を迎えて〜部屋の模様替え | main | 秋といえばナイヤガラです >>
2018.09.12 Wednesday

一房の葡萄を描いてみましたが・・・・

一枚はペンでイラスト風に、もう一枚は筆で絵手紙に描いてみました。

 

 

共に大好物のナイヤガラを描きました。

ナイヤガラには小さい頃の想い出があります。

あれからウン十年も経ちましたが、恥ずかしながら書いてみます。

 

あの頃、ivyは小学校に通っていた。

父親は板前で大衆食堂を営んでいた。その隣に八百屋があった。写真館も桶屋も旅館もあったぞ。

懐かしい昭和の時代が記憶に残っている。

学校の帰りに八百屋の前を通ると八百屋の親父さんが「ナイヤガラ」あるぞ、持っていくか??。

勿論、頂いて、祖父母が住む隠居宅へ帰った。そのまま二階にあるivyの部屋に直行だ。

「幾房」だったかな???? 旨かったなーーーーー。

ナイヤガラのお代など、子供がお金など持っていないもの。

八百屋の親父さんが、親に子供の「つけ買い」を父親のところに云っていたようだ。

だけど、父親は、このことをivyには一言も云ってこなかった。

良き時代の話だが。失礼しました。

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album