ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山野草を愉しむ | main | 猛暑にパラソル出してガーデン日和 >>
2020.04.29 Wednesday

今、小さな庭に癒されています・・・

 

国の緊急事態宣言が発令されている今、国民に外出の自粛を求めています。

小さな町ですが、流石に道路を歩く人影が日に日に少なくなっている気がします。

皆さん、頑張っていますね。

ivyですか、黄金週間に旅をしたことはありません。

まして毎日が日曜日族ですから、その延長と思えば苦になりませんよ。

家で過ごすのに退屈したことはないかな。ずっと、こんな暮らしが続いています。

この時季は、もう一つ愉しみがあります。

それは「小さな庭」です。

家庭菜園の趣味はないけど、植物、中でも山野草と薔薇を少しばかり愉しんでいます。

特にこの季節は植物の芽吹きに始まって開花するまでの日々の管理が時を忘れさせてくれています。

今日のトップ画像は旭山という品種の桜の鉢植えが満開となりました。

いままで、室内で管理していましたが、今年、初めて庭に出しました。

太陽が直接当たるせいか、一回り大きく成長しました。

「桜」といえば地元「懐古園」の桜は、例年並みに開花しましたが、今年は残念ながら「お花見」は自粛しておきました。

 

 

その狭い庭は南面に面してはいますが、シンボルツリーの「いちいの樹」が大きく成長し、光を遮ってしまいました。

 

よって「日陰の庭」になってしまいました。

ですが、今日は気温も上がり庭で一日過ごすことができました。

 

 

菫が、まだ咲いています。

それも、庭の隅に、いろんな菫が、今年は菫の豊作みたいです。

 

 

菫の仲間か、どうかしれませんが、頂きものです。

 

 

そして、今年も薔薇の季節を迎えています。

今日も水遣りを、たっぷりと根本に注ぎました。

そんなに種類は、ありませんが、芽吹き生育も順調で開花が楽しみです。

こちらは、ピエール・ドゥ・ロンサール。出窓の屋根に誘導して育てています。

 

 

ガレージ前のレンガ塀に沿って栽培している「クルメツツジ」が蕾を広げ始めました。

明日も、日陰の庭に、どんな発見が待っているのか愉しみです。

 

コメント
ご無沙汰してます。凌ぎいい季節になりましたが、
花散歩にも行けない日々IVYさんの、お庭拝見で
癒されています。ばらの美しい写真も楽しみに待っています。
  • パリス
  • 2020.05.01 Friday 16:27
森屋様
懐かしいブログ記事を改めて読みました。

お問い合わせの件ですが、UPした画像、記事は、全て、ご活用くださいませ。
お役に立てて、こちらこそ恐縮しております。
ありがとうございました。 掛川 靖 。
今年、満80歳になります。
ブログは、これからも書いていきます。
ブログは、私の自分史でもあります。
  • ivy
  • 2020.04.30 Thursday 17:17
ホウセンカ
覚えておりますよ。
早速、今夜にも確認してから、お返事をRコメントします。
暫くお待ちください。
  • ivy
  • 2020.04.30 Thursday 15:34
こんにちは。はじめまして、森屋 幹と申します。

私も今の時期、草花にいやされている一人ですが、IVYさんのお庭は宝箱のようですね。うらやましく思います!

さて、私はといいますと、神奈川県の小さなインターナショナル・スクールで小学生に国語を教えている者です。この度、小学2年生のクラスで文集を作成しておりまして、子どもたちが弾けるように元気であるように、またその元気を周りの人たちに分かち合う事ができますように、という願いを込めて、「ほうせんか」という題名に致しました。
 そこで、そのテーマに合う絵・写真を探しておりましたら、IVYさんの2008年9月7日のブログに弾けたほうせんかの種の写真を見つけました。表紙の一部としてとても合うのですが、写真を使わせて頂けないでしょうか。

IVYさんの連絡先が見当たらず、コメント欄に書かせて頂いてしまいました。失礼をお許しください。

ご検討いただけましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

インターナショナル・カルバリー・アカデミー
  教師  森屋 幹
  • 森屋 幹
  • 2020.04.30 Thursday 15:13
コメントする








 
Powered by
30days Album