ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.07.05 Friday

ギボウシを楽しむ

 

擬宝珠 とも云うが、春に葉が生い茂り葉姿だけでも美しいが初夏を迎える頃に花芽が伸びて開花する。

花色も薄紫や白など、また害虫を寄せ付けない手間のかからない植物だ。

このように地植えもあるが小さな鉢で室内でも楽しむことができていい。

 

 

落ち着いた写真としてフォトレタッチした一枚。

額装して和室に飾ってもお洒落かな。

 

2019.07.01 Monday

紫陽花の咲く頃は夏祭りの季節

 

季節は六月から七月に移ります。

庭の額紫陽花が満開となり、夏の到来を告げています。

 

 

夏といえば夏祭りの季節です。

7月14日は祇園祭りで伝統ある建速神社の神輿が市内に担がれてきます。

その様子は、ブログにも書いてみたいと思っています。

最初に「こもろ観光局のサイト」をご紹介します。まずは飛んでご覧ください。

 

2019.06.30 Sunday

季節の花はバラから紫陽花へ

2019.06.29-2.jpg

 

今週は雨模様が続くとテレビで報じられているが、今日は気温が低く、雨も気まぐれだ。

庭のバラも葉姿になってしまったが、その横で額紫陽花が見ごろをむかえていた。

季節はバラからアジサイへと移っていく今日この頃のivy家の庭だ。

小雨でも雨水をタンクに誘導しているので、植物への水遣りも経費節減と、ありがたい雨でもある。

 

2019.06.29-3.JPG

 

友から絵手紙が届いた。

そうだ額紫陽花を一枝折って絵手紙に「季節はバラからあじさいへ」の文字を添えて投函してきた。

会社時代からのOB仲間で、ずっと絵手紙交換しているも友だ。

教室にも通っているらしく、腕をあげているのが絵手紙を見ると感じられる。

スマホ全盛の世の中だが、ivyも、そろそろアナログ回帰の時期を考えないと。・・・・・・・・

 

2019.06.28 Friday

梅雨らしい陽気に額紫陽花も咲き始める

 

熱帯性低気圧が台風になりましたが、当地の今朝は、小雨程度で庭も梅雨らしい佇まいです。

この陽気に額紫陽花が、咲き始めました。白い大輪の花はアナベルです。

これから額紫陽花の咲き始めを撮影してUPしていきます。

2019.06.27 Thursday

青い空に畑の貴婦人が・・・・・・??

 

娘の婿殿から一通のLINEメールが届いた。

添付されていた写真を見て、一瞬ひらめいた言葉が浮かんだ。

そうか、もう夏野菜のシーズンか。

婿殿も畑を手伝っていることは知っていたが、キュウリもこの夏の初収穫かな。

写真を見ながら、「青い空にパラソルをさして庭で一休みする貴婦人」を連想した。

若い人たちはネットで写真の、やりとりをするご時世だが、こちらはスマホで撮影した写真はパソコンに取り込み、お遊びする。

まず画像をフォトレタッチして画像の雰囲気をプラスする。

今回は画像を切手風にアレンジしてみた。

出来上がりを早速、ポストに投函してきた。明日中には届くと思う。

ビックリするぞ。

2019.06.26 Wednesday

鉢植えのラベンダーが風に揺れています

 

北の大地の草原に咲くラベンダーではなく、ここは我が家の小さな庭で鉢植えのラベンダーが咲き始めました。

和の庭にはハーブ系の花は、お似合いではないのですが、何故か咲いています。

今日は真夏日でしたが、明日から一週間は梅雨空か台風か雨風が強まるようです。

 

2019.06.24 Monday

紫陽花の花の前に・・・・・

 

梅雨らしい気候が続きます。

当地は、それでも静かな雨模様の日が続いています。

時折り小雨が降り、いつのまにか青空に太陽が顔を見せたりと穏やかな日々です。

 

 

梅雨の季節に咲く花は紫陽花ですが、その横で大輪の白い花「アナベル」が見ごろを迎えています。

2019.06.22 Saturday

杏ジャムは初夏の味

2019.06.22-1.JPG

 

昨夜から作り始めた杏のジャムがお昼ころ出来上がる。

昨晩、杏を四等分に分け、その上にグラニュー糖をまぶして様子をみたら、果汁がたっぷりと抽出されていたので、

鍋に移し換えてガスコンロの弱火で煮込み始める。

仕上げにバニラの液体を数滴散らし、杏は酸味がもともと、強いのでレモン汁は、あえて使わなかった。

グラニュー糖の量は最初は少なめに使い、煮込みながら試食して、好みの味に仕上げる。

 

2019.06.22-2.JPG

 

お昼にトーストした食パンに添えて試食するが、甘さより酸味の方が強すぎていたので、グラニュー糖を適宜、加え更に煮込む。

もともと、ジャムを手作りするときは、甘さ控えめに作っているので、今回も、いつもの味に仕上がったようだ。

 

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

ivyおじさんのレシピブログのページへどうぞ覗いてみてください。

Powered by
30days Album