ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.11.02 Friday

ivy家の秋

2018.11.02-1.jpg

 

今日も市内を車で走ると浅間山連峰の峰々から紅葉前線が里にも降りてきているのが良くわかります。

とにかく綺麗です。

車窓から遠景、近景と流れ去りますが、街中の樹木の紅葉に見惚れハンドル操作が心配になります。

 

帰宅してから、車を車庫入れした時にアッ!!我が家の庭の赤い葉っぱが目に飛び込んできました。

更紗ドウダンの紅葉です。

 

2018.11.02-2.jpg

 

真っ黄色に染まった地植えの「ダンコウバイ」の葉。

美しい緑の葉の初夏から、今、紅葉の真っ盛りを迎えています。

 

2018.11.02-4.jpg

 

おやおや、薔薇が一輪、蕾をつけていました。「秋薔薇」としておきましょう。

これが今年、最後の薔薇になるのかな。

今年も良く咲いてくれて、愉しませてくれました。

 

2018.11.02-5.jpg

 

裏庭には盆栽などを育てていますが、時節柄、小菊が満開でした。

日没が日に日に早くなってきました。

西の空を見れば山向こうの空が、少し赤味を帯びてきていて、夕焼けでしょうか、週末は明日も秋晴れが続き、各地の紅葉名所も賑やかになることでしょう。部屋のパソコンデスクもスタンドの灯が。

居間も炬燵を使い始めました。当地の明朝の温度は0度の予報が出ており冷え込みそうです。

 

2018.11.01 Thursday

小諸城址公園・「懐古園の紅葉ヶ丘」は見頃ろでした

 

懐古園の中でも一番、美しい紅葉が見られる場所といえば、藤村記念館の横にある「紅葉ヶ丘」でしょうね。

今年の紅葉は早かったようですね。例年は11月に入ってからですから。

午後の光ですが、西日も射していましたから、どうかなと思いましたが、なんとか撮れました。

まず、この一枚から。

 

 

懐古園は桜の名所ですが、流石に桜の葉は紅葉も終わり、枯れ落ちてしまい落ち葉の絨毯になっていました。

 

 

例年、懐古園の紅葉シーズンに併せて馬場で菊花展が開催されていて、今年も丹精込めて育てた色とりどりの菊の花が展示されていました。

 

 

 

馬場を一周して、また紅葉ヶ丘に戻り、西日の当たるところでワンショット。

ウイークデーとあって子供の歓声は聴こえてきませんでしたが、静かに園内を散策する年配者が目につきました。

明日のお天気は晴が続きますが、早朝は今秋一番の冷え込みになると予報が出ています。

暦は、いつのまにか11月を迎えていました。

また、寒い季節がやってくるのですね。どちらさまも、お風邪など引きませんようにお過ごしください。

 

2018.10.25 Thursday

POLOシャツがカメラバッグに゛大変身???

 

若い頃からのアイビー精神は78歳になった今も健在だ。

このRALPH LAURENのPOLOシャツも娘が独身時代に誕生日のプレゼントとして贈られたもので以来今日まで長く着用してきた。

 

だが、袖口と襟周りが傷んできていたので、長らく着ていなかった。

今時の季節は暑かったり寒かったりで、夏、冬、着替えが忙しい。

衣替えの季節は衣服の整理だ、夏物から秋冬へ、アッ、これ、ほとんど着ていないね。

処分してしまおう、アラ!!もったいないわ、そうだ、生地も綿100%で厚いよ、POLOの赤いロゴマークとボタン止めの部分を活かして、なんかできないかな??????。

 

そうね、トートバッグか袋物ね。

「カメラバッグ」を作ってくれないか??。

ミシンを踏む音が聞こえてから三時間ほどで「出来ましたよ」だ、好きだね、相変わらず縫物が。

重たい一眼レフカメラと交換レンズを入れると、ずしりと重く感じるが、これ「いいね」。「いいわね」。

 

2018.10.22 Monday

高峰高原の紅葉

 

二日続きの秋晴れに恵まれる。

毎年、四季折々に出かけて行った高峰高原たが、なんと今年は初めて。

初夏の「あずましゃくなげ」真夏の「ニッコウキスゲ」などなど高山植物の宝庫だ。

浅間山連峰の一つ「高峰山」は花の百名山にも入っているほど、有名だが、今日も昔、有料道路だったチェリーパークラインを走ること約40分ほどで、車坂峠の頂上に着く。標高は2,000m。

何処の駐車場も満杯で車を路上に止めるほど、大勢の山好きの人々が、やってきていた。

でも、人様の影が見えない????。高峰山、浅間山、酥短魁△覆錨仍海濃海愼って行ったのかな。

 

今日は高峰高原の紅葉写真を撮るのが目的だったので、車を止めてはパチリ、またパチリと、ゆっくり紅葉見物しながら登って行ったので頂上の車坂峠までは1時間半位い、かかっただろうか。

 

雲一つない快晴の青い空と紅葉した落葉松のコントラストなどを撮りながら、お昼は車の中で持参したコーヒーとサンドイッチで一休み。帰り路を下り「林檎畑の直売所」に立ち寄り紅玉とシナノドルチェを買い求め、帰宅する。

 

ここ、数日、朝晩の気温が下がり、紅葉前線が里に降りてくる気配を感じる。

今夜は車坂峠から撮影した写真を一枚UPした。

遠景には佐久、小諸などの市街地が米粒のように点在し、更に南アルプスも見渡せる。右側が「高峰山」のすそ野、手前は紅葉した落葉松だ。また明日、UPします。

2018.10.21 Sunday

浅間山初冠雪です

 

うっすらと白い浅間山。

今日、初冠雪だそうです。

テレビのローカルニュースで報じていたので、慌てて、いつもの小諸高原美術館の駐車場で撮影してきました。

慌てていたのでズームレンズを装着しないまま、標準レンズでの撮影となってしまいました。

更に手前の「すすき」にピントが合ってしまった為、肝心の浅間山が少しボケてしまいました。

なんと、里にも紅葉前線が降りてきていました。

明日は高峰高原まで車を走らせ、秋一番を撮ってきます。

 

 

こちらはカミさんがスマホで撮影した浅間山の初冠雪です。

スマホを使い始めて三年が経ちましたが、主に写真撮影と孫と交信するLINEを愉しんでいます。

それにしても今時のスマホはデジカメ感覚で手軽に撮れて更に画質も良くて小型、軽量で便利ですね。

 

2018.10.20 Saturday

紅葉しない盆栽〜どうしたんだろう今年の紅葉は

 

庭で育てている盆栽仕立ての「はぜ」の植木鉢があるのですが、今年は紅葉してくれません。

いつもなら、この時季になると緑の葉が紅葉して、家の中にでも紅葉の秋を愉しめるのに。

 

先日の台風一過の後、好天の秋晴れがありません。

気温も急に暑くなったり、急に冷え込んだり、やはり地球の気象状態が影響しているのでしょうか。

外にめをやれば、浅間山連峰の紅葉も里には降りてきませんし、近くの紅葉の名所「懐古園」もまだ緑一色で、紅葉の気配はありません。

 

我が家の小さな庭の樹木や鉢物も、まだ青々しています。

 

先日、富山の黒部渓谷に行ってきましたが、山々は、やはり緑一色でした。

当地と黒部の山々の標高は600m前後で同じで、紅葉前線は、どちらも一緒。

 

今朝の当地は、朝からどんよりした曇り空で、時々、小雨が降っています。今、時計は午後3時を回ったところですが気温は17度です。

 

紅葉は朝の冷え込みと昼からの気温の上昇を、繰り返しながら里にも紅葉が降りて来るのに。

やはり異常気象が原因でしょうか。

 

2018.10.18 Thursday

紅玉でアップルパイに挑戦

2018.10.18-0.jpg

 

露地物のリンゴ「紅玉」が出回り始めました。

いつの間にか秋も本番を迎えていました。

紅玉は近くのりんご園へ買い出しに行ったものですが、今回は手軽に買えるスーパーへ。

色つやの良い真っ赤な紅玉を使ってアップルパイを手作りしてみました。

 

2018.10.18-1.jpg

 

信州産の見るからに美味しそうな林檎。

生食もいいが、紅玉ならアップルパイを連想します。

 

2018.10.18-2.jpg

 

まずアップルフィリングを作ります。

鍋に適当にカットした林檎を入れます。

続いて砂糖とレモン汁を少々加え水気がなくなるまで弱火で煮込みます。この時、水は一滴も使いません。

コンロから離れないで鍋をみつめて時々、シャモジで林檎を転がしながら、最後にバターを加え、

シナモンを散らして火を止めます。

甘くても、堅くても、いけない・・・・。

 

2018.10.18-3.jpg

 

林檎に艶が出ていればOKです。

 

2018.10.18-4.jpg

 

アップルシートは手軽るで便利な既製品が売られていますので、簡単です。

シートの上にアップルフィリングを載せ、その上にも棒状にカットしたシートを載せます。

周囲もシートで覆います。

この時、接着させるために卵液を使います。

後は200度のオーブンで40分ほど焼きます。

 

アッ出来上がっている。焼き色もOK。

 

2018.10.18-5.jpg

 

焼き立てのアップルパイの完成だ。

ケーキ皿に移し、飲み物はストレートティーがいい。あえてコーヒーではなくね。

形は不揃いだが、味は合格点をつけてもいいかな。

昼下がりのあいた時間に作ったが美味しい。

 

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

ivyおじさんのレシピブログのページへどうぞ覗いてみてください。

2018.10.16 Tuesday

黒部渓谷の秋〜紅葉には少し早いようでしたが・・・・

2018.10.16-1.jpg

 

黒部渓谷鉄道のトロッコ列車に乗って始発駅となる宇奈月から終点の欅平まで。

乗車時間は片道1時間と、ちょっとばかり。

紅葉には少し早かったようですが、黒部渓谷の秋を堪能してきました。

 

北陸新幹線で佐久平から黒部宇奈月温泉まで1時間10分ほどで着いてしまいます。

黒部宇奈月温泉駅が新幹線の駅名で、ここで下車してから、徒歩で一分とかからないところに、富山地方鉄道の「新黒部」駅があります。ここから電車で「宇奈月温泉」まで約30分ほど。

更に宇奈月温泉街を三分ほど歩いて行くと、黒部渓谷鉄道の「宇奈月」駅に着きます。

昔々、会社の職場旅行でも行きましたが、このスピードには驚くばかりでした。

 

2018.10.16-2.jpg

 

始発駅の宇奈月(標高224m)-黒薙(標高326m)-鐘釣(標高443m)-終点の欅平(標高599m)までの鉄道の距離は20Km。

その間には小さな駅が、いくつもあります。

思っていたより標高が低いのですね。黒部川の源流が流れ、あちこちに発電所があります。

 

2018.10.16-3.jpg

 

その一つが、こちら新柳河原発電所です。

発電所とは思えないクラシカルな建物で黒部川の水の色に溶けこんでいました。

 

2018.10.16-4.jpg

 

トロッコ列車に乗って気が付くのは、黒部川に架かる、いくつもの赤い橋を見ることができます。

特に下流のダム湖にあり「湖面橋」というそうです。

 

2018.10.16-7.jpg

 

黒部川の水は緑と青を混ぜたような透明で美しい色をしています。

 

2018.10.16-6.jpg

 

欅平に到着し、トロッコを降りて、ここからは徒歩になります。

お天気は曇っていましたが雨にはならず、足湯に浸かったり、見晴らし台からの眺めを楽しみ、ここでお昼となる。

この花、名前を確認しなかったが、石垣に密集している「苔」と一緒に咲いていました。

帰りは同じ線路をトロッコは下ります。

夕方までに宇奈月に戻り、一泊して宇奈月温泉の露天風呂に浸かってきました。

 

黒部渓谷鉄道のサイトはこちらです。

旅は行く前の行程を作るのが楽しいですね。トロッコの乗車券は事前予約制とは知りませんでした。

今夜もブログをUPするのでサイトに飛んでみましたら、紅葉は始まったようです。一週間ばかり行くのが早かった。日帰りでも行けるので、また行こうかな??????。

 

Powered by
30days Album