ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.06.12 Tuesday

梅雨の季節に、もう萩の花が

 

薔薇の季節が終わったと思ったら、いつのまにか「萩の花」が咲き始めました。

「萩」は秋の植物とは限らないそうですよ。「秋の七草」ともいわれていますが、環境によって、夏にも開花するそうです。

 

 

六月は紫陽花なのに、まだ蕾のままです。

やはり異常気象も影響しているのでしょうか。

 

2018.06.06 Wednesday

梅雨空に薔薇もお終いのようです

2018.06.06-1.jpg

 

今年も例年より早い梅雨の季節を迎えました。

暖かな日が続き薔薇も早い開花したのは良かったけれど、早くも薔薇たちは咲き終わった状況です。

キャスリンモーリーも一か月は愉しませてくれましたが、紫陽花の花にバトンタッチしたようです。

 

2018.06.06-3.jpg

 

ピエール・ドゥ・ロンサールも、最後の蕾が膨らんで開花しそうです。

 

2018.06.06-2.jpg

 

一番最後に咲いたバレリーナが雨に濡れて枝が垂れ下がっています。

これからはアナベルと紫陽花の季節です。まだ固い蕾のままですが、静かに時が流れていきます。

2018.06.03 Sunday

今年も薔薇で愉しませてもらいました

 

暦は水無月の六月に入りました。

薔薇の季節も、そろそろお終いになります。

今日はピエール・ドゥ・ロンサールの剪定をしました。というか、見苦しくなってきたので、蕾を残して、枯れ気味になっている薔薇を枝元、カットし、風通しを良くしてやりました。

まだゴミ扱いは可哀そうなので、ご近所さんに差し上げたり、部屋にも飾ってやりました。

ピンクのバラを活けるなら、このガラス製の青いピッチャーのような花器。何十年も前に「べにや」民芸店で買い求めたもので、確か沖縄ガラスだったような気がする。

2018.05.27 Sunday

バレリーナという優しいバラ咲き出す

 

薄いピンク色した小さな薔薇・バレリーナとは、よく名前をつけたものですね。

風に揺れて、まさに踊っています。

 

 

フロントガーデンの花壇に薔薇が植えられていますが、今年の薔薇、最後に咲き出したバレリーナ。

可愛い花です。比較的、花期も長く、六月の初旬まで咲き続けることでしょう。

 

2018.05.25 Friday

白い薔薇 サマースノー満開です

2018.05.25-2.jpg

 

今年の薔薇、幕開けはサマースノーでした。おや、?? ピンクの薔薇がこんなところに枝が絡んできたキャスリンモーリーです。

咲き始めから二週間が経ちましたが、まだ元気に咲いています。

 

2018.05.25-3.jpg

 

キャスリンモーリーの蕾の数は凄かった。

この分だと、まだまだ咲き続けるでしょう。どちらも花期が長いので重宝な薔薇たちです。

 

 

最後に咲いたのが、この薔薇で、薔薇らしい薔薇。

二十年も前に植木市で買い求めた薔薇ですが、残念ながら名前が確認されていない。

今でも健在です。

野薔薇のイメージが強いバレリーナという小さな薔薇。そろそろ蕾も大きくなり開花が待たれます。

2018.05.24 Thursday

爽やかな薔薇日和です

2018.05.24-2.jpg

 

朝から爽やかな風に薔薇が揺れています。

昨日の雨が薔薇を綺麗に洗い流してくれたようで、キラキラと光って見えます。

手前のキャスリンモーリーも蕾が開花して元気に咲き出す一方、後ろのピエール・ドゥ・ロンサールは、そろそろお終いのようです。

 

2018.05.24-1.jpg

 

この薔薇の名はキャスリンモーリーというそうだが、本来、木立性の薔薇なのに、我が家では蔓性のように育ててしまった。

こんなにも蕾を付けさせてはいけない。小さな蕾が、いくつも出てきたら、「取ってしまえ」と師匠に言われたことがある。

理由は「メインの薔薇を大きく成長させる為に」だ。今年は、つき過ぎだ。

 

 

この薔薇、咲き始めから姿を、何度も変化して楽しませてくれる変わった薔薇だ。

 

2018.05.24-3.jpg

 

その下の方にはシンプルな薄いピンクの薔薇も咲き始めた。

この薔薇は、我が家の庭に咲く薔薇の仲間でも最古参なのだ。

 

 

朝の水遣りを済ませ、コーヒーで一服する。

人間は一日に一回は太陽の光を体に受けるといいと何かの本で読んだことがある。

気温も、ほどほどの暑さで気持ちがいい。

 

2018.05.23 Wednesday

紫蘭 清楚で見ているだけで心が落ち着きます

2018.05.22-2.jpg

 

紫蘭の花が見ごろを迎えています。

今朝は曇り空で、少し風も吹いています。

花が揺れるので、なかなかシヤッターが切れません。

 

2018.05.22-1.jpg

 

日陰の庭なので、こんなイメージの写真には向いているようです。

 

2018.05.22 Tuesday

青空に薔薇が映えて・・・・

2018.05.22-3.jpg

 

狭い庭が更に狭く感じられるほど植物が繁茂してきています。

今日は朝から雲一つない快晴で、庭に出て気分転換しています。

左手前の植物は「紫陽花」の葉です。そう、来月は梅雨入りの季節、暦は初夏から夏へ。

 

2018.05.22-4.jpg

 

庭の薔薇も主役が交代し、ピエール・ドゥ・ロンサールからキャスリンモーリーへ。

蕾も膨らみ、そろそろ開花しそうです。

 

2018.05.22-5.jpg

 

無数の蕾が開花を待っています。可憐な形をしていて、開花してからは姿が変わります。

 

2018.05.21 Monday

ピエール・ドゥ・ロンサール開花

2018.05.20-1.jpg

 

薔薇の仲間でも大輪のピンクの薔薇。

ピエール・ドゥ・ロンサールという名の薔薇で、花が重たいので枝から吊り下がるように咲く。

 

2018.05.20-3.jpg

 

葉が生い茂り、と云うか枝を間引きしてないので、狭い庭が更に狭くなってきている。

 

2018.05.20-2.jpg

 

出窓の屋根に這わせているので、太陽に向かって上へ、上へと咲いているので、写真撮影は二階の窓から下を見下ろすように撮った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Google検索で「ivyおじさんパスタ 音楽」クリックしてみたら、更に画像検索したら・・・・。

ここをクリックしてご覧ください。ビックリです。

2018.05.20 Sunday

瑞々しい真紅のバラ開花

 

今朝撮りの一枚、真紅のバラで名前は確認されていませんが。

朝の露に濡れてキラキラと光っています。

それも新しいシュートがスッと伸びた先に一輪だけ。

相変わらず寒暖の差が大きくて今朝もストーブを点火しました。

この陽気にキャスリン・モーリーという薄いピンクの薔薇の開花が遅れています。

Powered by
30days Album