ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.06.20 Thursday

紫陽花の前にアナベルの花が咲き出しました・・・

 

朝夕は涼しいですが、昼間の暑さは堪えます。

歳ですかね、体に堪えるようになってきました。

でも、庭に出て、少しは太陽の光を浴びた方が、健康には、いいようです。

白い花はアナベルです。その後ろは額紫陽花ですが、まだ硬い蕾のままです。

 

 

2019.06.18 Tuesday

夏を告げる・・・しもつけの花、開花す

2019.06.12-5.JPG

 

小さな日陰の庭にも夏の花が咲き出しました。

「しもつけ」または「しもつけ草」と呼んでいますが、薄紫の花は密集して咲くのが特徴です。

これでもバラ科に属する植物だそうです。

緑の葉とのコントラストも、すがすがしい初夏の季節を感じます。

 

我が家から車で40分程、走れば高峰高原です。

ここは、ニッコウキスゲの群生が見られる場所でも有名ですが、道路の左右に「しもつけ草」が見られるのも、これからの季節でしょうか。

実は高峰山は花の百名山にも選ばれている高山植物の宝庫でもあります。

地元の山ですから、これまでに何度も登っていますが、このところはご無沙汰かな。

標高は2,105m程ですが、登山口から大人の足で30分ほどで尾根に出ます。

でも、ivyの今の状況では、無理かもしれませんね。左足を痛めてから半年過ぎましたが、まだ歩くと違和感があり。

前に登った時の写真を少しUPしていきます。お楽しみに!!

 

2019.06.14 Friday

早くも「萩」の花が開花しました!!!

 

毎日日替わり天気が続きます。梅雨明けもしないのに、なんですが、

天気予報で、この夏の気象について今朝の新聞が報じていました。ただ、信州の場合ですけど。

この夏は猛暑????????

そうではなくて、湿った空気が本州に流れやすく、凌ぎやすい日が続くかも??...........。だそうです。

我が家の日陰の庭では、もう紫色した「萩」の花が咲き始めましたよ。

今頃咲く品種のようですが。

 

 

2019.06.12 Wednesday

鉢植えの赤いミニ薔薇咲く

2019.06.12-2.JPG

 

梅雨空に赤いミニ薔薇が咲き始めました。

鉢植えですが、赤色はカメラで撮影しても綺麗な色で写りませんがUPしてみました。

続きは今夜遅くに。

2019.06.10 Monday

梅雨と薔薇

 

梅雨の季節に生気を取り戻した薔薇が出窓から見える。

枯れかけた薔薇、まだ元気に咲き続ける薔薇いろいろだが、

もう少しでアナベルやアジサイに、とってかわるであろうが。

 

2019.06.08 Saturday

バレリーナという名の野ばら咲く

バレリーナ

 

梅雨に入ったとテレビは報じているが今日は一日爽やかなお天気になる?????

庭のバラも、そろそろお終いになるが、変わって可愛い野ばらが咲き始めた。

 

2019.06.07 Friday

薔薇も雨に濡れて梅雨入りとなる

 

雨に濡れて、しっとりとした庭になりました。

薔薇の季節もアッという間に終わり、一番、最後に咲く可憐なバレリーナという野薔薇が咲き始めました。

撮影しようと思っていたが、今日も雨。

 

 

変わって、アナベルやアジサイの蕾が大きくなってきています。

昨年のような水害のない梅雨にしてもらいたいものですね。

2019.06.04 Tuesday

薔薇サマースノーも満開です

サマースノー開花

 

朝は気温も低い日が続きますが、昼間から真夏のような太陽が、これでは薔薇たちも対応が大変です。

どうやら、薔薇の見ごろもお終いになりそうです。

寒暖の差が大きくて花には良くありません。

もう散り始めてきました。

道路に面したレンガ塀に咲く白いサマースノーもアッという間に見ごろもお終いです。

 

2019.06.02 Sunday

薔薇が満開となる

 

薄いピンクのバラ、キャスリン・モーリーが見ごろを迎える。

蕾も昨年並みでしょうか。

毎年、剪定はしているのですが、枝が伸び、狭い庭が更に狭く感じます。

 

 

出窓の屋根に誘引したピエール・ドゥ・ロンサールが窓辺に開花して、共に咲き誇っています。

写真撮影は薄曇りの今日のようなお天気に撮ると雰囲気が出ますね。

2019.05.28 Tuesday

エビネとギボウシ

 

左の葉は斑入りの擬宝珠と和名がついていますが、秋には紫の花も咲きます。

とにかく種類が多くて、葉物として鑑賞します。

右は幹に白い花をつけるラン科のエビネです。

共に山野草の仲間でも地味ですが、どちらも育て安い植物です。

葉の色が透明な緑色、美しい植物です。

Powered by
30days Album