ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.05.24 Thursday

信行道場成満と新緑の身延山参拝

 0523-1.jpg
写真は5月19日の早朝、信行道場から久遠寺へ向かう修行僧の行列!!

菩提寺の住職のお弟子さんとなる裕皓(娘婿)さんが日蓮宗 身延山信行道場入りをなさったのは早春の四月十五日だった。

0523-2.jpg

住職のお言葉では"徒弟裕皓は、信行道場の修行に際し、「行学の二道を励み候べし。行学は信心よりおこるべく候。」宗祖の聖訓を旨とし、4月15日に信行道場に入場以来、止暇断眠の三十五日間の修行に精進致して居ります。今後、僧侶として歩むべき基本の指導や実習を重ね、種々体得している事と存じます。"と今回の信行道場成満 身延山参拝の檀信徒宛に送られてきた案内文に書かれておりました。

あれから早いもので、いつのまにか新緑の季節を迎えた5月18日の午後、住職共々私たち檀信徒11名は身延山へ出発しました。信行道場明けは、その翌日でしたが、久遠寺本堂で行われる朝勤参拝が朝の5時過ぎから始まり、信行道場修了に伴う教師認証式に立ち会うために前日から身延入りをしておりました。

0523-8.jpg

私たちは5月18日の午後4時過ぎに身延山久遠寺に近い本行坊という宿坊に到着しました。

0523-9.jpg

この日はお天気も良く身延のお山は全山若葉一色に萌えておりました。そして青い空と若葉のコントラストが素晴らしく裕皓さんの晴れの日を祝福するかのようでした。身延のお山の一番高いところにある本行坊で、休憩してから夕食前に夕闇迫る久遠寺へ散策に出かけました。



本行坊から歩いて10分位でしょうか、久遠寺の境内に人影は見当たりませんでした。
これが明朝の4時過ぎには全国各寺から信行道場成満を待つ檀信徒の皆さんが、それぞれお出迎えの為に、ここ久遠寺に集まってまいります。

0523-3.jpg

5月19日は午前3時半の起床で久遠寺へ行く。
報恩閣から入場し檀信徒のみなさんが、朝勤参拝のため本堂へ進む。

0523-4.jpg

このところ毎年のように万燈で身延山に来ているが本堂内に入るのは輪番給仕以来、久しぶりのことで緊張する。

0523-5.jpg

本堂内での撮影は禁じられていたが、朝勤参拝が終わると引き続き、信行道場修了並びに教師認証式が祖師堂で行われた。
平成24年度第1期の日蓮宗 信行道場に入場された方は、全国各地から70余名にも及んだとお聴きしました。若い人ばかりではなく、お年を召された方もおられたそうです。この中に裕皓さんがいるはずですが、ピーンと張りつめた空気が漂う中で、第92世 内野日総 法主猊下が教師認証の証を読み上げられる声が祖師堂内に厳粛に響きわたります。

0523-6.jpg

無事に教師認証式を済まされ、祖師堂前で記念撮影に移られました。
これで裕皓さんは正式に日蓮宗 尊立寺 副住職 鈴木裕皓上人に就任されたことになります。
まだ少し緊張した面持ちも感じられましたが、三十五日間の厳しい修行も、この瞬間だけは忘れて晴れ晴れとしたお気持ちで記念の写真に納まったことでしょう。シヤッターを切るivyの手も震えておりました。

0523-7.jpg

教師認証式が終わって境内に出てきました。午前8時ころでした。これから本行坊に戻って朝食となります。
雲一つない五月晴れの空を背景に五重塔が美しく映えていました。

0523-10.jpg

朝食を済ませて車で信行道場へ移動しました。
ここが入口で、更に石階段を登って行きます。

0523-11.jpg

やっと信行道場の正門が見えてきました。

0523-13.jpg

門をくぐると道場の事務所があり、11時から境内に入れると貼り紙がありました。
今か今かと一時間ほど待ちましたか、やっと開門です。
道場を見上げれば看板が掲げられていました。

0523-14.jpg

扉が開き道場内では、皆さんが、最後の別れを交わしているところでした。
厳しい三十五日間の修行で共に過ごした同期の絆は、これからも永遠に続くことなのでしょうね。

0524-23.jpg

帰り支度を済まされた方から順に玄関に出てきますが、なかなか裕皓上人が出てきません。
アッやっと重たそうなスーツケースなどを持ちながら現れました。
出迎えた檀信徒の皆さんが、荷物を運びだしていましたが、裕皓上人のお顔を拝見した時、我々に両手を合わせながら頭を下げられたのにはシャッターを切る手が一瞬止まって目頭が熱くなってしまいました。

0524-24.jpg

そして誰よりも先に裕皓上人を見付けて駆け寄って行ったのは、他でもないご子息のコーちゃんでした。今年から幼稚園に通われるようになった三歳の眼は、長く留守していたお父さんをジッと見つめていました。

0523-15.jpg

住職他、檀信徒の皆さんや山梨から駆け付けた裕皓上人のご両親に出迎えられ、これから日蓮聖人の御墓へ僧侶となったご報告を兼ねて初めての読経をするために移動しました。
道場でお父さんを出迎えてからずっと離れずに手をつなぐ親子の姿を追い続けていました。
コーちゃんもお父さんの跡を継ぐのかな、フッと、そんな予感を感じながら日蓮聖人の御墓へ。

0523-16.jpg

輪番給仕に来ると、必ず参拝するところです。裕皓上人が読経する横にコーちゃんが。
こんなに小さい子が「南無妙法蓮華経」と大きな声でお題目を唱えておりました。

0524-26.jpg

お参りが済んで日蓮上人の御墓で記念撮影です。

0523-17.jpg

5月19日の夕方に小諸に帰って寺本堂で道場成満帰寺報告がありました。
その後、庫裏で茶話会が開かれ、住職が嬉しそうに教師認証の証を披露されました。

0523-18.jpg

やっと我が家に帰ってきたお父さんの横に笑顔のご子息がおりました。

檀信徒の皆さんお疲れ様でした。次は秋の万燈ですね。
正式には八月のお施餓鬼に合わせ鈴木裕皓上人の副住職就任のご披露とお祝い行事を計画しているそうです。

PS

日蓮聖人の御墓の前で撮影した記念写真にテキストでタイトルを挿入しましたが、修了を終了とタイプミスしてしまいました。訂正してお詫びします。
既にお寺さんへ記念写真をプリントアウトして参加者分をお渡ししてきてしまいました。ivyが、やりそうなことです。「いつもの、おっちょこちい」は直りませんね。

そして一つの記事に21枚もの写真を貼り付けのも初めてのことです。
スクロールするのも大変と思い、横幅600ピクセル縦幅を350ピクセル前後に設定しています。
こんなに長文になるとは思いませんでしたが、これもivyの癖ですのでご容赦を。
最後までお読みいただき感謝です。
ありがとうございました。
2012.02.28 Tuesday

"おはよう"のあいさつしていますか・・・・・信行会の研修会に出席して

 0228.jpg

日蓮宗の長野県宗務所が置かれている長野にある原立寺さんで長野県各寺院の信行会の研修会に出席してきた。

菩提寺のご住職様から開催場所が原立寺さんとお聴きしたときから、アッこんなときでないと行けないしと思った。実は原立寺の墓地にivyの先輩が眠っていたのだ。

研修会は長野県宗務所の所長を兼務なさっておられる原立寺のご住職様の「立正安国・お題目結縁運動」についてのお話に続き、宗務所の伝道担当事務長様から「いのちに合掌」というテーマで、お話をお聴きする。

事務長は長い話は苦手でと苦笑しながら突然「みなさん、朝起きたら奥さんに面と向かって「おはよう」とあいさつしていますか???と尋ねられる。しかもベストは両手を合わせ奥様に合掌ですよ。
そういう私も今朝は、昨晩、夫婦げんかをして、朝は気まずい挨拶になってしまいましたが」と笑われる。

ivyはと自分のことを考えていた。
朝起きれば、まず私から「おはよう」と声をかけている。だがお互いに顔を合わせてあいさつしていたか。目線は合っていたか。台所に立っているカミさんは後ろ向きのまま「おはよう」とはいう。

問題はここから。
「おはよう」と跳ね返ってくるイントネーションで、だいたいが、朝の心の状態がつかめてしまう。
同席した同僚に、そっと「あんたのところは」と水を向けると「云ってはいるけどいろいろだよ」。
そうだよな、そんなもんだよな。

「いまさら照れるけどさ、明日からカミさんに向かって、”おはよう”と云いながら合掌か」。
まだ実行に移していないがお互いに話し合ってからにしようと思っているが。

同僚に向かって更に云った「お寺でもさ、法要で出向いたきた檀家さんに向かって受付で「ご苦労様です」と合掌でもするかい。

慣れれば、なんのこともない仕草だが、身延山に行くと皆、何気なくそんな仕草をして挨拶しているよな。

「おはよう」でも「いただきます」でも「ごちそうさま」でも「ありがとう」でも。
難しいことはわからないが、これがいのちに合掌ということなのかな。

研修会の昼休みに先輩の墓地に行き線香を手向けてきた。亡くなって早や九年も過ぎてしまった。
先輩が臥せっていた時に口癖のように言った「シンガポールへ行こうな、飛行機代だけは持て、後は心配するな」の言葉が忘れられない。あの時、シンガポールに滞在している妹さんのところへ国際電話をして「行くから頼む」と告げていた・・・・・。
2012.01.03 Tuesday

"ありがとう"から、はじめよう

 0103-1.jpg

年末年始の休暇も終わりテレビは、"ふるさと"からのUターンがピークを迎えたことや、山に登山した人の遭難事故を報じていた。
ivyの今日は菩提寺の恒例行事である「新年祈祷会」へ、いつもの年と変わらぬ一日を過ごす。

例年と違って、本年は午後から祈祷会が始まった。これは寒さが一番厳しい時季での行事を配慮したのか、すこしでも暖かくなる時間帯に変更されていた。

0103-2.jpg

檀信徒のみなさんが、今年一年の無事を願って諸祈願したお札が祭壇に並べられている中を、お上人とお弟子さんとなった裕さん(菩提寺の二代目)が、厳粛に時に力強く諸祈願をお願いした人、個々に有難い祈願読経を唱えてくださいました。

本堂で執り行われた新年祈祷会が終わると、客殿に移り新年を祝う茶話会が始まりました。
ここで思ってもいなかったサプライズがありました。

0103-3.jpg

司会者が、昨年の大震災の事に触れ、「ふるさと」の有難さをあらためて感じたことでしょう。その思いは、ここにおられる皆さんも同じではないでしょうか。そこで、皆さんご一緒に「ふるさと」を唄いましょう。伴奏は、お上人のハーモニカで。

0103-4.jpg

新年祈祷会で、まとっていた装束から、お着替えになられたお上人が、ハーモニカを持って現れました。ivyは普段は、お上人を「おっしゃん」と呼ばせてもらっていますが、そこには、普段着のお顔の「おっしゃん」がいました。エッ!!「おっしゃん」がハーモニカを趣味で吹くとは知らなかった。

これは帰り際にお上人の奥様から聴いたことだが、「ふるさと」の歌詞は、奥様がお書きになられ、更に左下に描かれたいた、優しいタッチのイラストは、お嬢様が描かれたという。

菩提寺の、ご家族の思いが一つになって実現した「ふるさと」の合唱は、唄っているうちにivyは小学校時代を思い出し、懐かしさで、胸が熱くなる。

TOPの画像(奥様も先生が黒板に書くように、と云っておられましたので、IVYもパソコンの書体を手書き風を選択しています)は失礼とは思ったが御嬢さんの絵を大きくして背景に、そこに「ふるさと」の歌詞を添えた。本物の歌詞の書体も「やさしさ」が感じられたので、奥様にお聴きしたら「先生が黒板に書くみたいに」と笑っておられました。

皆さんも歌い終わると、「今日は新年祈祷会に来て良かったね」と口にこそ出さないが皆、そんなお顔をしておられました。

そして皆さんで「お題目」を三回唱えて奥様や婦人部の皆さんが作られた「おしるこ」を美味しく頂戴して帰路に着きました。

今日は菩提寺のご家族の思いが一つになった新年祈祷会でした。
「ありがとうございました」の気持ちで一杯です。

本堂の壁に貼られた一枚のポスターの文字から、今日の出来事を感慨深く心に刻んできました。

「ありがとう」から、はじめよう。
いのちはみんな、世界という 大きな輪の中で生きている。
つながりあう全てのいのちに、感謝の気持ちをこめて「ありがとう」。
・・・・・・・・・・・・いのちに合掌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS

お上人のお弟子さんとなられた裕さんが正式に僧侶となる日は、この春に身延山で一ケ月間の修行が明けてから、お名前も裕 皓(ゆうこう)となられます。

実は菩提寺のご家族の皆さんもivyのブログの隠れフアンなんですよ。
お上人のアップ写真は失礼かなと思いましたが、裕さんのブログにも書かれていますが、お寺も、皆さんと同じ家庭なのです。そんな文も読んでいますので、ivyの独断でUPしてしまいましたが、お許しの程。あの場に、お孫さんが、おられれば、尚、良かったのに残念だ。


2011.10.12 Wednesday

身延山久遠寺へお会式万燈奉納参拝

 1012-3.jpg

毎年、10月12日に日蓮宗総本山・身延山久遠寺で行われるお会式万燈奉納参拝へ行ってきました。我が菩提寺も今年で四回目の奉納参拝となります。

1012-4.jpg

この日の為に春から準備や練習を行い、当日は、これまで最高の36名の檀信徒が参加されました。

1012-5.jpg

朝9時半出発で帰って来たのが深夜ですから、強行日程でしたが、帰りの車中でも何故か満足感一杯で、何事もやればできるといった達成感が、心の底から湧いてきてとても心地よく帰路につくことができました。

1012-7.jpg

今年で730回を迎えるといいますから歴史と伝統がある身延のお祭りです。今回は我が菩提寺の万燈講が身延山久遠寺万燈の実行委員会の先陣に導きされて二番手の出発でした。

1012-8.jpg

丸山総代が菩提寺の提灯を持ち、滝沢役員が力強く纏を振り、その後ろに篠笛担当の村上、土屋役員、菩提寺の二代目が練習の成果を誇らしげに耳に心地よく響きます。

1012-9.jpg

渋い茶色の揃いの法被姿は一際目を引くほど格式と品の良さを感じさせていました。

1012-10.jpg

その後に佐々木役員等、参加者の太鼓が力強く打ち鳴らされて、お囃子のリズムは最高潮に達しました。

1012-11.jpg

総門から出発し山道を、ゆっくりと三時間ほどかけてお練りが続きます。いよいよ山道の両側に店を構える身延山の繁華街に入ってきますと、各店の店主からご祝儀を頂戴します。ここで御礼の纏の舞が、お囃子にも一段と熱が入ります。

1012-13.jpg

万燈講が身延山久遠寺の境内に到着しました。夜の8時頃でしたか、新しく建立された五重塔が秋の澄み切った夜空にライトアップされていました。

1012-14.jpg

いよいよ身延山久遠寺お会式万燈講もクライマックスを迎えました。全国から四十講余の万燈講が参加したそうですが、檀上に上がって一斉に纏の舞が奉納されます。圧巻でした。

1012-12.jpg

灯りが燈された菩提寺の提灯を前に満足感一杯の檀信徒のみなさんが祭りの余韻に浸っています。ここに来なければ味合うことのできない満たされた気持ちを静かに、思い思いにかみしめています。また来年も来よう。汗ばんだ体に夜風が心地よい身延山のフィナーレでした。
 

2011.08.07 Sunday

菩提寺の盂蘭盆会大施餓鬼法要に参列して

 0807-1.jpg

毎年のことだが八月七日は菩提寺のお施餓鬼の法要が行われる日と決まっている。
護寺会のメンバーの集合は9時。
暑さも戻り、暑い一日になりそうな予感がする中、山門を通り本堂に向かって合掌。
本堂の右側の植栽の後ろにピンクの花が咲いていた。
「蓮の花」だ。池を作り、ここで蓮を育て始めていることは知っていたが、お施餓鬼の法要に間に合うように見事に開花していた。開花した蓮の花もいいが、蕾の模様がまたいい。

0807-2.jpg

白い花もあり、お寺さんの境内に自然に馴染む花だ。

0807-3.jpg

庫裏の大広間で受付が始まる。法話が始まるまでの間、檀家のみなさんには身延山 久遠寺のお会式万燈奉納のDVDを見ていただく。

0807-4.jpg

本堂の準備も整い、これから妙光寺住職 宮淵泰存上人の法話が始まる。

0807-6.jpg

本堂で熱心に法話を聴く檀信徒のみなさん。

0807-5.jpg

法話が終わってお昼となる。
休憩時間に庭に出た。今日は早くも雷が鳴り始め、蒸し暑さが一段と増してきた。
アッ玄関横の傘立てに可愛い纏が二本さしてあった。
もしかして、これから始まる万燈に三代目が・・・・・。

0807-9.jpg

もしかしてが的中した。ヨッ!!三代目と大声をあげる。
住職のお孫さんでコーチャンとお呼びしている。
これから始まる護寺会のメンバーによる万燈講の纏をコーチャン用にパパいや失礼二代目が手作りしてくれた纏だ。本堂の階段には万燈講を見学する檀信徒の目がジッとコーチャンを見つめる。少し緊張したか、ヨッ!!三代目のお披露目だ。頑張れコーチャン。

0807-8.jpg

いよいよ万燈講の笛、太鼓、鉦のお囃子が境内に鳴り響き、付き添いのママも大忙しだ。

0807-10.jpg

いよいよ纏が大きく舞った。大役を担うのはT役員。今年で四回目のお役に慣れた纏さばきはお見事そのもの。七月から月に二回ほど練習をしてきた成果を檀信徒のみなさんに見ていただく。

と同時に今年こそ大勢の檀信徒のみなさんに参加していただくためのデモストレーションでもあった。

0807-11.jpg

今年から二代目も加わり横笛は三名となる。後は本番の身延山 久遠寺で行われる十月十二日を待つだけだ。

0807-12.jpg

午後からは住職の他に三名の僧侶からなる施餓鬼法要が始まる。
祭壇には既に檀信徒のみなさんが申し込みされた卒塔婆が造立されている。
祭壇にお供えされた、もろもろの供物に「灌水」をみそはぎの枝で所作される住所。
お施餓鬼法要ならではの場にカメラのシャッターを思わず切る。

本堂内も、相当蒸してきていたが、シーンと静まり返った緊張感が蒸し暑さを忘れさせていた。

PS

十月十二日に身延山 久遠寺 お会式万燈講には、菩提寺の講も茶に白で紋章が染め抜かれた揃いの法被を着用しますが、実は、今日コーチャンが着用したものが正式な衣装となります。それにしても、コーチャンきまっていますよ。カッコイイ!!

2011.06.14 Tuesday

尊立寺さんで身延山久遠寺お会式万燈奉納参拝の参加者を募集しています

0614-2.jpg

少し先の話ですが、毎年、身延のお山が紅葉に染まるころ、全国から日蓮宗の各寺、檀信徒のみなさんが万燈講の連をつくって集まり10月12日に盛大なお祭りがおこなわれます。

尊立寺さんが初めて万燈講を組織したのは平成19年で本年で4回目の参加となります。
本年度から参拝のみの参加もOKとなりましたので、宗派を超えて広く参加者を募集します。
この機会に山梨県身延山・久遠寺にお参りなさいませんか。

詳しくは、ご案内チラシと旅程表が出来上がりましたので、
下記のPDFファイルをクリックして、
ご覧ください。定員30名ですので、お申込みはお早目にIVYまでお願いします。

0614-1.jpg

日蓮宗総本山 身延山久遠寺 第730回 お会式万燈奉納参拝のご案内


日蓮宗総本山 身延山久遠寺 第730回 お会式万燈奉納参拝の旅程表


前のページに戻る場合はブラウザの←(戻る)をクリックしてください!!

書類をご覧になるにはAdobeReaderが必要です。



最新バージョンのダウンロードはこちらから!!

2011.06.12 Sunday

菩提寺の若き二代目がブログを公開しました!!

 西側の庭に咲く茶花の一種と聴いておりますが、白い房のうな花を付け今が盛りとばかりに咲いています。

今日は雨こそありませんでしたが、朝からずっと曇り空が続き、夕方になって少し蒸し暑くなってきました。こんな日は薔薇の水やりもお休みできますから楽です。

さて、

今、お寺さんでもインターネットを通じてホームページやブログで情報を公開する時代になりましたが、わが菩提寺の住職も念願だったホームページとブログが若き二代目さんの手によって公開され、お寺のWEBデビューにお喜びのご様子です。

住職から、このお話をお聴きした時、一番喜んだのは実は私ではないでしょうか。

二代目さんのことについてはブログをお読みいただくとして、私も陰ながらWEBコンテンツの制作について応援させていただきました。

ブログを先に公開し、先日、ホームページも仮オープンしたと連絡がありました。

二代目さんが発信するブログタイトルは、
日蓮宗 小諸市・尊立寺発 日々のつぶやき」です。

サブタイトルは、
日蓮宗の沙弥(しゃみ)(僧侶の準備段階的な資格)に認定され、新しい世界に入り、
只今修行中である私の一日の生活を紹介し、つぶやきとして発信しております」とあります。
ブログのテンプレートも私と一緒にセレクトさせていただきましたが、タイトル画像を一切使わずシンプルで爽やかな若葉色に統一され、記事のテキストも二代目さんの性格が、そのままに表現されていて、読み手側に新鮮な息吹が伝わってまいります。

公開されてからは、私も毎日、読ませていただくことが日課になってまいりました。「お寺さんのブログ????」いえいえ、そんなことはありませんよ、是非、アクセスしてご覧になってください。お寺さんが、こんなにも身近に感じられるなんて、思いもしませんでしたと、少しでも感じ取っていただければ二代目さんも、一段と更新に意欲を燃やすことでしょう。そうそう、二代目さんは、まだネットネームを決めかねておられる様子です。だからivyも二代目さんなんて呼ばせてもらっていますが、早くお決めくださいね。ヨッ!!二代目さん。 

それでは日蓮宗 小諸市・尊立寺発 日々のつぶやきはこちらからどうぞ。
ivy
からお願いです。訪問されましたら足跡を残して来てくださると嬉しいのですが。

PS

IVYのリンク集にもリンクを貼らせていただきました。二代目さん、お互いに頑張りましょう!!

2010.01.04 Monday

一日一生

JUGEMテーマ:日記・一般

新年祈祷会

01月04日 (日) 

昨日、本年最初のお寺さんの行事に参列するため午後、家を出る。

新年祈祷会

朝方、雪が舞ったが、晴れ渡り、いつもの山門を通り本堂へ行く。

菩提寺の「年頭御祈祷会」だ。毎年、正月三日に執り行われている恒例の行事だ。暮れのうちに案内が届いて、予め、祈願を申し込んでおく。

新年祈祷会

IVY家は、いつも「家内安全」をお願いしておくことにしている。ご祈祷は二時間ばかりかかる。本堂の暖房も控えめで、新年に聴く読経には身が引き締まる思いだ。

新年祈祷会

帰宅して鏡餅の横に祈願していただいたお守り札を供える。このお札を頂いてくる度に、今年一年が無事でありますようにあにためて手をあわせ合掌する。

新年祈祷会

お寺さんから頂いた「洗心」と書かれた袋を開けたらお茶が入っていた。早速、急須で淹れて、この一年の無事を祈りながら美味しくいただく。

新年祈祷会

お守り袋も頂いてきた。お上人好みの柄と色。IVY好みでもある。いつもバッグの中に、忍ばせてある。

この正月も、新年ご祈祷会に参列して、三が日が終わる。IVYも誕生日が来ると古希を迎える歳になる。一日、一日を大切に過ごさなければ。

PS

その一日、一日だが、健康を第一とするが、毎年、お上人の自筆で書かれた「御経の書」を頂く。今年は一日一生に、勇猛精進(ゆうみょうしょうじん)と書かれた。

常に仏さまの限りない教えを心身に保ち、強く勇ましく信仰に務める。「法華経方便品」と添え書きされています。なお、篆刻は、お上人が自ら彫られたものです。


2009.10.23 Friday

六十代、最後の誕生日を祝う

JUGEMテーマ:日記・一般

10月23日(金) それにしても秋晴れが続きます。実りの秋を迎えられた農家の人たちには恵みのお天気続きで農作業が、はかどっていることでしょう。

身延山久遠寺のクッキー

今日、10月23日は、IVYの六十代最後の誕生日でした。いよいよ来年は「古希」ですよ。そして老人会のメンバー資格者となります。喜んでいいのか複雑な気持ちです。

IVYにとって10月23日は、特別な記念日でもあるのです。それは、親の跡を継いでから、づっと決まって行われている菩提寺の「お会式」に出席することでした。今日も暖かい秋晴れの中、10時ころ家を出ました。IVYの誕生日はお寺さんで祈る日でもあったのです。

万燈

お寺さんに行くと既に「万燈」の飾り付けが檀家のみなさんで始まっていました。
今日は宗祖「日蓮聖人」、ご入滅の報恩お会式法要が菩提寺で行われるに伴い、万燈に造花の桜を飾りつけていた。IVYも作業の輪に入り、竹に一つ、一つ結びつける。造花の桜は、先日、お寺に皆が集まり四百個も作ってあった。

万燈が完成した後、揃いの法被姿でお寺の近所を、うちわ太鼓に鉦の音、万燈の光と桜、纏振りにお会式囃子で練り歩き、お寺に戻る。

この万燈に造花の桜が飾られているのは、日蓮聖人ご入滅の際、地震が起きて池上邸前に時季はずれの桜が咲いたという伝承に基づいているそうです。

先日(10/12)も菩提寺の万燈講も日蓮宗総本山、身延山久遠寺で行われた第728回目のお会式万燈講奉納参拝を済ませたばかりでした。

菩提寺で正式に万燈講を行うようになって今年で三回目。毎月、五の日にお囃子の練習を重ねてきた成果が出てきて、身延山でも、堂々とお練りができるようになる。

お会式で

万燈講のお練りが終わって、庫裡でお昼となり、午後から「お会式」の法要が本堂で始まる。

最初に出席した檀家の皆が「聖詠」を歌う。
「立ち渡る 身のうき 雲も 晴れぬべし たえぬ み法の 鷲の山風 南無妙法蓮華経 南無妙報蓮華経」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

畳に正座し、数珠、経本、太鼓を準備し、住職等、僧侶の入場を待つ。法要は約二時間ばかりかかる。これが苦にならなくなってきているのが不思議だ。終わって、庫裡でお茶を頂いて、お札を授かり帰宅する。お土産に身延山久遠寺に新しく建立された五重塔をデザインしたクッキーが配られる。これは先に久遠寺に参拝奉納した折りに、久遠寺からの「お礼」のお菓子だった。

家に戻ると三時を回っていた。「久遠寺クッキー」と紅茶で祝うバースデーもIVYらしい。カミさんも御利益ありそうね「頂きます、美味しいわ」。「そりゃーそうだよ、今日も得を積んできたからね」。

PS

今夜のセリーグ・クライマックスシリーズ第3戦「巨人対中日」も巨人が八回裏に脇谷の二点タイムリーなどで逆転し、九回表はクルーンが抑えて5対4で逆転勝利し、明日の試合におおてをかけ、IVYは二重の喜びでありました。そして、夜は孫からお祝い電話も入り、飲めない二人が珍しくワインで乾杯し、顔を真っ赤にしながら巨人を応援しておりました。
2009.10.12 Monday

身延のお山へ万燈奉納参拝

JUGEMテーマ:日記・一般

お会式万燈奉納参拝

 10月12日(月) 秋晴れに恵まれて朝早くに貸切バスで身延山へ。

Powered by
30days Album