ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2010.10.27 Wednesday

シリーズ秋色みつけて〜終章・蓼科高原1

 1027-1.jpg

今朝(10/29)朝7時過ぎに蓼科温泉「新湯」の部屋から撮影した写真です。
秋色撮影の為、昨日から蓼科に来ていました。
昨日は雨の一日となってしまいましたが、今日は、なんとか太陽の顔も見せてくれました。
ですが、朝から、づっとこんな雲が、何処を走っても見られる不思議な一日でした。

1027-2.jpg

ビーナスラインを小諸へ向けて走っている時に蓼科山が見えてきましたが、やはり朝と同じような雲が。

1027-3.jpg

こんな秋色も、いいですね。
十月は"秋色みつけて"をシリーズで書いてきましたが、そろそろお終いです。
二日間、蓼科の秋を満喫しましたので、UPしていきます。
小諸から片道60km位い走ると蓼科高原に来られます。ウイークデーは車も空いていますので、車を何処に止めても心配ありません。撮りましたよ。

2010.10.26 Tuesday

秋色みつけて〜秋深まる

 

今朝(10/27)は、この秋一番の冷え込みとなる。
街ではダウンジャケットを着ている方を何人も見ました。
雨の予報が出ていましたが、昼間は太陽が顔を出して、車で走っていると暑いくらいでした。
このところ天気予報が当たりません。
藤村の古井戸公園の姫林檎が赤く熟れてきていました。
そろそろ信州では冬の到来を告げる野沢菜漬けの季節です。
昔は、どのお宅でも、家の外で、「お菜洗い」の光景をみかけたものですが、最近は、ほとんどみかけなくなりました。

部屋も冬仕様に模様替えしました。ガスストーブに石油フンヒーターに炬燵に電気ストーブ。
それぞれの部屋にマッチした暖房設備を設置し、いつでも点火OKです。
今年、変わったといえばIVYのマイルームの暖房機。
これまでの石油ストーブからカーボンヒーターの電気ストーブに変えました。
600Wですが、これが意外に暖かいのにビックリ。
素足をストーブの側に持っていくと体の芯まで温まります。
スイッチを入れて5秒と経たないうちにガラス製のヒーターが赤くなり、見た目も暖かです。
部屋全体を温めるのではなく、あくまでも局所暖房です。
今夜もマイデスクの横に置いてパソコンに向かっております。
六畳の部屋ですから、これで十分です。
電気代は1時間14円くらいだそうです。
このストーブお薦めです。

先日、義姉が昔の大島の着物を「はんてん」にして送ってきてくれました。
フリース、ダウンもいいけど「綿入れ」ですよ。
昔は皆んな着たもんですが、軽くて腰まで丈がありますので重宝しています。
2010.10.25 Monday

シリーズ秋色みつけて〜IVY家の秋の庭で

 1025-1.jpg

急に真冬並みの寒さが襲来です。
猛暑の夏で騒いでいたのが、ついせんだってというのに秋本番を通り越して、この寒さです。
明日(10/27)の小諸の最低気温は3度、最高気温も6度までしか上がらないと予報が出ています。

少し落ち着いて家にいる日が多くなってきました。
庭を、ゆっくりと見るのも久しぶりのことです。
「大文字草」が満開でした。

1025-2.jpg

小さな鉢で育てていましたが、ひっそりと咲いていました。濃いピンク色しています。
育ててなんて大袈裟ですが育ての親はカミさんで撮るのはIVY。
ホント山野草は肥料も施しませんし、ほとんどほったらかし、いや失礼。
それにしても、植物は凄い、咲き時は、忘れていませんからね。

1025-3.jpg

こちらは薄いピンク色しています。

1025-4.jpg

「大」という文字に見えますね。山野草の一種です。

1025-5.jpg

何んの実だと思いますか・・・・??
そうです、クリスマスホーリーの実が赤くなったのです。

1025-6.jpg

今年の春に師匠宅のお庭から鉢に移植し、育ててきました。
元々、地植えだったものですから根が張っていたので、深鉢に植え、土も師匠の庭の土です。
夏に新芽が出て、一回り大きく成長し実も付いたのには驚きました。九月下旬には、その実が薄く色付き始めたので、もしかして、と楽しみにしておりましたら、ご覧のように、真っ赤になって、嬉しくなってしまいました。これで、いつでもクリスマスを迎えられそうです。

肥料ですか??液肥を施しただけですよ。
こんな立派に成長してくれるなんて最初は思っていなかっただけに、これは師匠の奥様にも見ていただかなくては。

それにしても、葉の色も緑濃く、実も真っ赤になり、移植した頃より一回り大きく成長しました。
このクリスマカホーリーは西洋種ということで、IVYが管理してきました。夏場の水やりは、たっぷりと、日当たりの良い場所に置き、液肥も定期的に施していました。それだけに感激しています。

PS

ブログですが、一日遅れてUPしています。
明日は追いつかないと。
十月は"シリーズ秋色みつけて"と題して書いてきましたが、十月も残すは五日ばかりとなりました。
月日が経つのは早いもんですね。
陽気は晩秋を通り越して初冬の佇まいになってしまいましたが、今日の浅間山連峰は、里まで紅葉が降りて来て綺麗でした。この冷え込みで里も一気に錦秋の秋を迎えることでしょう。
十月の、最後に紅葉写真を撮りに行くつもりですが、お天気が下り坂で、加えて台風も接近しています。どうなりますやら。

十一月は「男のイタリアン」で家で静かに過ごしたいと思っています。

2010.10.24 Sunday

シリーズ秋色みつけて〜軽井沢・雲場池の紅葉

クリックしてね!!大きな画像で見られるよ!!
孫を一日預かりました。
こんな機会でもなければと初めて、雲場池の紅葉を見せたくて連れて来ました。
入り口を入ると最初に目にする風景です。
見頃ろは来週らしいな、まだ綺麗な紅葉にはなっていません。

1024-12.jpg

池にカモが泳いでいるのを見つけた孫は、座り込んで見入っていました。
よく小さい頃ろから鯉やカモが池で泳ぐのを見て遊んでいました。

1024-10.jpg

池の周りには散策路があって池を一周できます。

1024-9.jpg

孫は落ち葉を踏みしめながらサッサと前を進んで行きます。こちらは、なんとかベストショットを狙っているのですが、先を行く孫が心配で、なかなか思うように写真を撮れません。

1024-7.jpg

居ました。また鳥を見ています。

1024-3.jpg

近寄って見ると確かに美しい姿です。

1024-5.jpg

今日の軽井沢は曇り空で気温も低く寒いです。
風邪でも引かれたら大変、ここは足早やに回って帰ることにしないと。

1024-11.jpg

折角、来たのだからと記念の一枚も撮れたので入り口に戻ることにしました。

1024-4.jpg

やはり、紅葉には少し早かったようです。
来週が見頃ろだそうですよ。
2010.10.23 Saturday

シリーズ秋色みつけて〜今日はお会式

 1023-1.jpg

快晴の秋晴れの朝を迎える。
どこまでも澄んだ秋の空気に、やっと静寂が訪れました。
2010年10月23日 午前8時ころでした。
今日は菩提寺で日蓮聖人への"報恩感謝"の気持ちを表す「お会式」が行われる日です。

1023-6.jpg

忙しく動き回っていた十月も、このお会式で一段落となります。
定期購読している日蓮宗新聞の10月10日号はその「お会式」が特集されていました。

以下転載です。

時は鎌倉・安政五年(1282)、10月13日、日蓮聖人は、静かに六十一年の生涯を閉じます。
時刻にして午前八時頃。その時、大地が悲しむように震動し、時ならぬ桜の花が庭前に咲きほこり、日照上人がご入滅を告げる鐘を打ち鳴らしたといわれております。

IVYは三十年近くも、毎年欠かさず10月23日の菩提寺の「お会式」には参拝してきました。
今朝も、山門を一人静かにくぐり抜け境内に入りました。

境内の本堂の玄関前に樹齢百年の「ざくろ」木が赤い実をつけていました。
「ざくろ」はお寺さんの境内に良く植えられるているようです。

1023-7.jpg

お会式は日蓮聖人への"報恩感謝"を表すことで行われます。報恩感謝の気持ちを表すことは、お題目を唱え、私たちが生き生きしている姿を日蓮聖人にお見せすること。桜が咲きほこったという故事にちなんだ賑やかな万灯行列(まんどうぎょうれつ)や、元気な人びとのうねりなどは、まさしくその象徴ではないでしょうか。

1023-2.jpg

菩提寺では、年にいくつかの法要が営まれますが、「お会式」は法要もありますが、どちらかと云うと「お祝行事」の色彩が濃く、今日も菩提寺の役員総出で「餅つき」が行われ、お昼に「おはぎ」として「ふるまわれ」ました。

1023-3.jpg

そして万灯も飾りつけられて、いよいよ笛、太鼓、鉦のお囃子が流れる中を纏が秋の青い空に元気よく舞いあがります。

1023-4.jpg

午後からは本堂でお会式の法要が営まれお題目を唱えます。

1023-5.jpg

今年も、こうして元気で「お会式」に参列できたことに感謝し、また来年も、来れますように祈ってまいりました。

日蓮宗新聞の法華俳壇に寄せられた句
「本堂に馴染みの多く秋日和」

今日も、そんな光景を垣間見て、思うこと。
本堂で読経が始まりましたが、お天気も良く開け放たれた窓から秋の日射しが温かく射し込んでいましたが、回りを見れば、役員の顔、顔、檀家さんも、お祭りなんだから気楽に参拝してもらえればいいのにと少し残念な気もしましたが。

PS

サイドバーに「撮るしん」をリンクしました。
高峰高原の落葉松の紅葉写真を投稿しましたら載せてもらえました。
クリックしてご覧ください。
エリアから東信をクリックしてご覧ください。
長野県の方はNHK総合のローカル番組でも紹介されるようです。
IVYは、まだ見ていませんが。
2010.10.22 Friday

シリーズ秋色みつけて〜藤村古井戸公園の秋

 1022-1.jpg

藤村古井戸公園にも秋が訪れました。
「大手花の会」が街を菊で秋を呼び込みました。
市内のあちこちで菊を見ることができます。

1022-4.jpg

どれも立派な菊鉢です。
今日も観光客が足を止めて観賞していました。

1022-3.jpg

黄色、白、赤と、今が見頃ろです。それにしても綺麗な色です。

1022-2.jpg

これだけの大輪ですから、枯らしてしまわないように「水やり」は怠らないようにして管理すれば十一月一杯まで愉しめそうです。

PS

撮っておきの信州PHOTOアルバム撮るしん
東信エリアのページにIVYが投稿しておいた高峰高原の紅葉写真がUPされていました。NHK長野放送局のブログですが、久しぶりに投稿した写真が掲載されたので、とてもうれしいです。是非、飛んでご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/shinshu-blog/200/
2010.10.21 Thursday

シリーズ秋色みつけて〜IVY家の秋

 1021-3.jpg

だいぶ秋も深まってまいりました。
門扉の前に「浜菊」の白い花が満開です。
とうとう居間で炬燵を使い始めました。これから来年の四月下旬ころまで厄介になります。
暦の上では23日は「霜降」です。

1021-4.jpg

ハーブの仲間ですが名前を忘れてしまいましたが、青い花が秋風に揺れています。
奄美大島では異常気象の影響で局地的な大雨の被害が出ているようです。
今年の夏は信州も過去に例のない猛暑が続きましたが、異常気象の今、逆に冬場の大雪が心配になります。
2010.10.20 Wednesday

シリーズ秋色みつけて〜高峰高原の紅葉・続き

クリックしてね!!大きな画像で見られるよ!!

チェリーパークライン沿いにある高峰植物園の紅葉です。標高は2,000m前後ですから、白樺の木や落葉松が中心です。

1021-1.jpg

チェリーパークラインから眺める高峰山方面です。右の白い建物は高峰高原ホテルになります。
錦秋の、という表現は当てはまりませんが、落ち着いた佇まいを見せていました。
2010.10.19 Tuesday

シリーズ秋色みつけて〜大手花の会、街に菊を飾る

 1019-1.jpg

大手花の会のリーダーである小諸観光の倉根社長が故郷の南相木で育てた菊をトラック2台に積まれて馬場裏の「お花畑」に運んで来られた。

1019-5.jpg



1019-7.jpg

黄色

1019-8.jpg

桃色

1019-6.jpg

そして白の四色。
小菊だが、全て鉢に移植されている。どれも鮮明な花色で蕾がびっしりだ。
何鉢あるか数えなかったが、秋本番を迎えた大手の通りが、この菊鉢で秋に彩りを添えることだろう。

1019-3.jpg

壮観です。
夏、「向日葵」が植えられた畑は、この秋は「菊」一色に覆われました。
「お見事」の一言です。信州の空気の澄んだ処で栽培された菊は、やはり美しい。
早速、関係者が見物に訪れていました。

1019-4.jpg

これから「大手花の会」の会員さん宅には一鉢づつお届けに回るそうです。
これから晩秋まで国道、馬場裏、鹿島町、藤村の古井戸公園、など大手一帯で、街行く人たちの目を愉しませてくれることでしょう。

1019-10.jpg

秋の日を浴びて、鮮やかな赤色の菊。

1019-9.jpg

菊と云えば、なんと云っても、この黄色です。葉の緑とのコントラストは古来から日本人に親しまれてきました。

1019-2.jpg

今日も菊に水やりに精を出す倉根さん。
皆さんにお願いです。
「水やり」にご協力をお願いします。
そして、「水」は「鉢」に、けして「葉水」は避けてくださいね。
白壁に映える菊、菊、菊です。


2010.10.18 Monday

秋色みつけて〜高峰高原の秋

 朝から秋晴れです。
今朝は少し気温が下がってきた感じです。
テレビでは野辺山高原で今朝の最低気温が0度まで下がったと報じていました。
そろそろ寒さ対策をしないといけない時季となったようです。

お天気に誘われるようにお膝元の高峰高原へ紅葉写真を撮りに出掛けてきました。
高峰は落葉松の紅葉が綺麗です。

の画像をクリックしてください。大きく表示されます。

クリックしてね!!大きな画像で見られるよ!!

HTMLのタグ一文字をタイプミスしただけでも表示に不具合が発生します。
元画像のサイズはwidth(横幅)は500ピクセルheight(縦幅)は333ピクセルです。
拡大画像は1200×800ピクセルですが、
元画像のみピクセルを設定し、拡大画像は直リンクですから、サイズの設定は、しなくていいようです。試行錯誤して、この結論に達しました。
今、10月19日の深夜の3時になろうとしています。
テンプレートの範囲以外のところで、カスタマイズしていますので、お見苦しい点はご容赦を。
そんなことで、続くとします。

1018-5.jpg

高峰高原は地見な山だと思います。
紅葉も派手さはなくて、落ち着いています。

1018-4.jpg

下ばかり見て撮影していました。

1018-3.jpg

蔦の絡む様が好きです。

1018-6.jpg

まだ続きます。
Powered by
30days Album