ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.05 Thursday

花海棠の蕾膨らむ

 

レンギョウの花も、そろそろ散り始めたと思ったら、花海棠の赤い蕾が膨らんできた。

レンギョウはこれから葉が伸びて新緑の初夏を迎える。

暖かい日が続いていたが、明日から天気は下り坂のようだ。

今日は市内にある店へ買い物に車を走らせていたら、あちこちで桜が花開いているのを見る。

懐古園の桜は四月八日の日曜日と予報が出ていたが、その予報は当たったな。

 

薔薇の新芽の成長が早いような気がする。

これからは、水遣りの量を多めにしないと。

信州の薔薇は都会より一か月以上も遅い開花だが、今年は異変が起きそうな気がする。

 

ところで、市内にある店へ買い物に車を走らせてと書いたが。

人口が四万余ばかりの小さな町だが、私が住んでいるところは、まさに中心市街地なのだが、市の官庁街は歩いて二分もかからないし、金融機関、銀行も郵便局も、徒歩圏内だ。なのに、買い物となると車の厄介になる。

食品スーパー、書店やCDショップ、大型衣料店、大型スポーツ店などは市の郊外に集中している。

昔々、親父の時代は、郊外でも下駄を履いて用を済ませていたのに。

 

時代は変わった。

今も昔からの商店や専門店は中心市街地にあるが・・・。

車で10分も走るだけなのに、徒歩でなく車が当たり前になってしまった。

昨年の秋に高齢者の自動車運転免許の更新を、したばかりだが、ここにきて、高齢者が運転する交通事故が多発しており、他人事ではない。免許証の有効期限の三年が経つと、八十歳になる。免許証返納も頭に入れておきながら、これからの田舎暮らしを考えておくことも大切だ。

 

最近、人生百年時代という言葉を読んだり聴いたりするが、「社会の仕組み」が複雑化しており、亡き親父の時代の隠居暮らしなんて考えられない時代に生きているのだ。

「人生の終い方」なんていう本が売れているが、私も、そろそろということか。

 

2018.04.03 Tuesday

春の息吹を感じて・・・・・

2018.04.04-1.jpg

 

庭に咲く黄色いレンギョウの花に蜂が蜜を求めて群がっている。

そして、その花の命は短くて新緑の葉に、取って代わろうとしている。

 

2018.04.04-3.jpg

 

このところ好天が続き、山野草の芽吹きが早まってきた。

「一輪草か二輪草」咲くまでわからないが、地面から姿を現した。

破れ傘、碇草、やましゃくやく、なども。

 

2018.04.04-4.jpg

 

成長すると白い花が咲き出す。

毎年、づっと植物たちの芽吹きを見てきが、この時季だけしか見られないので飽きない。

 

2018.04.04-2.jpg

 

花が咲いたと喜んでいるうちにアッという間に新緑の季節を迎える。

この狭い庭が、さらに狭く感じられるようになるのも直ぐそこまできている。

庭に出た時用に帽子を新調したが、直ぐ麦わら帽子の季節になってしまうだろうが。

2018.04.02 Monday

桜草の芽吹き

2018.04.02.jpg

 

もこもことした葉が伸びてきました。

鉢で育てていますが、飛んで庭の、あちこちにも見られます。「桜草」です。

枝がスッと伸びて先端にピンクの花が放射状に咲き出します。

花が開き風が吹くと細い枝が揺れて、これも風情があります。

後、一か月も先になりますかね、花開くのは。これも今から開花が待たれます。

 

2018.04.02-4.jpg

 

冬の間、雪に埋もれてしまったパンジーだが、強い植物ですね。雪解けから姿を現しましたが、凍みたり、枯れたりと、散々でしたが、この暖かさに息を吹き返したようです。

今、また生気を取り戻しいきいきと元気よく咲いています。

 

2018.04.02 Monday

庭にベンチ出す

2018.04.02-1.jpg

 

春と共に庭で過ごす時間が増えてくるので冬の間、仕舞っておいたベンチを庭に出した。

このベンチには想い出がある。

今から十年は経つと思うが、ガーデン用品店で探したが、我が家の庭に合うベンチは見当たらなかった。

まず洋風のガーデンではないこと。小さな日陰の庭で咲く植物は山野草がメインだ。

そんなイメージを伝えて作ってもらったのが、このベンチだ。

作者は本職が別にあるが、趣味で木工製品を作るのが楽しくて、これまでに我が家も、いくつかの物を彼に作ったもらった。

 

2018.04.02-3.jpg

 

これから、毎朝、このベンチに腰かけて、山野草の芽吹きから可憐な花が咲く頃までリラックスできるだろう。

今朝は鉢で育てている山桜が花開いた。だが、何故か一枝にしか花芽が、つかなかった。

 

2018.04.01 Sunday

山野草の芽吹き

2018.03.31-2.jpg

 

今日も春の陽射しが日陰の庭に射し込んできています。

このお天気、いつまで続くのでしょうか。

この暖かさに山野草の芽吹きが例年より早まったようです。

「碇草」です。

花姿が船の碇に似ていることから、つけられてようです。

花は薄いピンク色をしています。

 

2018.03.31-3.jpg

 

花海棠」です。

枝の先端に、いくつもの可愛い花が咲きます。

 

「ヤマシャクヤク」、「二輪草」、「破れ傘」「一人静」などなど、地面から真っ赤な新芽が顔を出し始めています。

それから今年は薔薇の新芽の成長が早いです。

みんな、この暖かな陽気のせいです。

これからは、朝起きて庭に出るのが愉しみです。

2018.03.31 Saturday

盆栽も楽しい〜温室から庭へ

2018.03.31-1.jpg

 

冬の間、温室で管理していた盆栽を庭に出す。

後ろは松盆栽で手前に花盆栽を並べている。

全て、山野草の師匠が育てたものだが、亡くなった時に何故か我が家に、その一部が移管された。

盆栽はカミさんの趣味で、師匠が亡くなる前は、この庭で花談義をしたものだ。

小さな日陰の庭を造園してくれたのも師匠だ。

今、思うが、今頃の季節になると、あの頃を懐かしく思い出す。

毎日のように来られ、こつこつと作業をしていた、一段落すると、庭で花談義が始まった。

時には奥様もお誘いして、カミさんも加わり四人でお茶を愉しんだ。

奥様も数年前に亡くなられ、もう花談義をする人は、いなくなってしまい寂しいばかりだ。

 

これから日一日と盆栽は青葉に変容していく。

その過程を今は二人で愉しませてもらっている。

 

 

2018.03.29 Thursday

レンギョウの花、満開です!!

2018.03.29-1.jpg

 

朝から快晴ですが、そこは信州、風は冷たく感じます。

それでも、こう暖かい日が続くと植物の成長は早い。ものには順序というものがあります。

まずレンギョウから、車庫から車を移動して撮りました。いいですね。プルーンの樹は、昨秋、大胆な剪定をしたので、今年は花が咲くか心配していましたが、蕾も膨らんできました。開花は四月下旬頃かな。

2018.03.28 Wednesday

壇香梅・・・ダンコウバイ咲く

 

葉っぱより花の方が早く咲くそうです。

咲き方も不格好で枝から5センチから10センチ間隔に。花色は春らしい黄色だが、密集して咲かない。

梅や桜とは大違いの咲き方だ。

もっと違うのは、花が咲いてから葉が成長する、しかも10センチ位の大きな葉っぱだ。

葉姿になったら、またUPしてみたい。

でも、壇香梅という立派な名前だね。

 

2018.03.27 Tuesday

レンギョウ開花

2018.03.27-1.jpg

 

今朝も春爛漫の陽気が続きます。

レンギョウの黄色い花が開花していました。この陽気が続けば、満開になることでしょう。

ivy家の庭は、毎年のように、このレンギョウの花を見ながら、やっと春が来たことを実感しています。

 

2018.03.27-2.jpg

 

駐車場の赤いレンガ塀に沿って仕立てていますので、日当たりがいいので満開になるのも直ぐです。

車を止めてないと道行く人たちも見られます。

花が終わると、新緑の葉に変わり、秋には紅葉となります。春から秋まで愉しませてくれるレンギョウ。

特に春は、黄色い花から元気をもらっています。

2018.03.26 Monday

庭仕事解禁

2018.03.26-1.jpg

 

朝から雲一つない快晴に庭に出た。

気温もぐんぐんと上昇し、狭い小さい庭を、いつもより丁寧に掃き掃除をして地植えや鉢植えの植物たちに、今年初めての水遣りもした。

植物たちの芽吹きも、花海棠、更紗ドウダン、牡丹、桜草、大手毬、山吹、桜の樹はないがプルーンも、この陽気に蕾を膨らませていた。

 

そして薔薇も赤い芽が。皆、冬眠から一斉に目を覚ましたかのように活気が出てきた。

 

2018.03.26-3.jpg

 

忘れてはいけない駐車場の赤レンガ塀に沿って這わしてしている「レンギョウ」。

一気に花芽が膨らみ、中には開花したものもあった。

 

我が家の庭に春一番を運んでくる黄色いレンギョウの花。

 

2018.03.26-2.jpg

 

福寿草も、気持ち良さそうに、まだ咲き誇っている。

 

冬の間、室内で楽しんでいた多肉植物たちも、外に出し太陽の光を当てた。

これから庭で一服の時間が楽しみになる。

 

追記:テンプレートを、またまた変更しました。記事本文の文字、こちらなら読めますか。

写真も大きく表示できます。

スマホが便利で撮ってUPしていましたが、やはり本格的なカメラで撮ることにしました。

 

Powered by
30days Album