ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.06.13 Wednesday

久しぶりのガーデンランチ

2018.06.13-1.jpg

 

朝から青空が広がるお天気が戻ってきました。

子ツバメも無事に四羽共、昨日、巣立って行きました。

今朝は「お礼」のつもりでしょうか、親子共々、六羽のツバメが巣に戻ってきましたが、家の前の電線に止まっては、巣に飛び込んで来るのを何回も繰り返し去って行きました。

ベランダの掃除をしなければと思っていますが、また飛んでくるらしいので、しばらく様子をみることにしました。

 

2018.06.13-2.jpg

 

お天気も良いので、久しぶりに、庭掃除の後のお昼は庭でと、簡単なホットサンドを作りコーヒーと一緒に食す。

薔薇も咲き終わり、ベンチを移動して夏野菜のプランターを置きました。ミニトマト、バジルなど。

夏野菜は本格的に家庭菜園をしている人たちから届くので、目の保養と実益を兼ねて日の当たる場所に置いただけだが。

庭ではアナベルが咲き始めたが、紫陽花は、まだ固い蕾のままだ。

例年、我が家の紫陽花は夏祭りの頃だったな。

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

ivyおじさんのレシピブログのページへどうぞ覗いてみてください。

2018.06.12 Tuesday

梅雨の季節に、もう萩の花が

 

薔薇の季節が終わったと思ったら、いつのまにか「萩の花」が咲き始めました。

「萩」は秋の植物とは限らないそうですよ。「秋の七草」ともいわれていますが、環境によって、夏にも開花するそうです。

 

 

六月は紫陽花なのに、まだ蕾のままです。

やはり異常気象も影響しているのでしょうか。

 

2018.06.11 Monday

区民の為の趣味の作品展・今年も開催される

 

市内の五つの区の集まりで毎年、六月に開催されてきた五区合同文化展が今年で13回目を迎え、去る六月九日〜六月十日までの二日間、市の中心繁華街にある会館で開催された。

 

我が区も公民館で「絵手紙の輪」というグループを作り、絵手紙を描き始めて既に五年が経過していた。

今年も文化展の開催に間に合うように描き始めて九人で70枚を超える作品が描きあがった。

 

作品はコルクボード2枚に貼り付けた。

 

 

絵の素材は野菜、果物、野草、陶器などをテーブルに並べ、好きな素材で描いていただくことにした。

一時間ほど、描いたらコーヒータイムを挟んで後半の一時間、また描く。

なんとか一日で目標の70枚が描きあがったのには驚いた。

 

その他にも木目込み人形、折り紙、写真、イラスト、樹脂粘土の花などの作品が集まり、会場の一隅に展示された。

これからの課題も残った。

区の住民の高齢化だ。今回も90才を超える方も、お元気に描いていただいてはいるが、年々、描いてくださる方が少なくなってきている。

なんと云っても我が区は市内でも高齢化率ではナンバーワンという事情を抱えている。

そして若い方が少ないのも、心配はつきない・・・・・・・。

2018.06.09 Saturday

ツバメの子、大きく育って、いよいよ巣立ちかな??

 

ツバメの子は四羽でした。

大きく育って、巣が少し狭くなってきました。

いよいよ巣立ちですが、本格的な梅雨にならないうちにと思うのですが、明日は天気も下り坂なので心配です。

2018.06.06 Wednesday

梅雨空に薔薇もお終いのようです

2018.06.06-1.jpg

 

今年も例年より早い梅雨の季節を迎えました。

暖かな日が続き薔薇も早い開花したのは良かったけれど、早くも薔薇たちは咲き終わった状況です。

キャスリンモーリーも一か月は愉しませてくれましたが、紫陽花の花にバトンタッチしたようです。

 

2018.06.06-3.jpg

 

ピエール・ドゥ・ロンサールも、最後の蕾が膨らんで開花しそうです。

 

2018.06.06-2.jpg

 

一番最後に咲いたバレリーナが雨に濡れて枝が垂れ下がっています。

これからはアナベルと紫陽花の季節です。まだ固い蕾のままですが、静かに時が流れていきます。

2018.06.05 Tuesday

初夏の果物でコンフィチュール

2018.06.05-1.jpg

 

露地栽培の苺狩りしてきた方から届いた初物の苺。

本格的な農園のではなく、粒も小さいのから大きいのまで様々だが、生食には向かないのでコンフィチュールをつくることにした。

 

2018.06.05-2.jpg

 

昨夜のうちに下ごしらえだけはしておいた。

水で綺麗に洗って水気を除く。

パイナップルを苺と同じ大きさにカットして、鍋に苺とパイナップルを入れる。

更にグラニュー糖を加え一晩寝かせておいたのが↑の状態だ。

火加減は弱火で一時間位い煮てパイナップルが苺の色に染まってきたらOKだ。

砂糖の量は適当というか勘に頼るしかない。試食するが、甘みは、ほどほどの味に仕上がっていた。

 

2018.06.05-3.jpg

 

お昼に食パンに添えて食すも、味は、いつもの味に仕上がっていた。

コンフィチュールは、ジャムではないので、素材は、つぶさないで、柔らかくするだけ。

 

2018.06.05-4.jpg

 

カスピ海ヨーグルトのソースとしてもいいかな。

早速、お届けしてくださった方に電話を入れる。「嬉しいー!!明日お邪魔します!!」。

 

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

ivyおじさんのレシピブログのページへどうぞ覗いてみてください。

2018.06.04 Monday

ツバメのヒナ四羽、無事に誕生

 

ツバメのヒナが元気に育ってきています。

親も大変です。

頻繁にエサを与えるために、親鳥たちは、ひっきりなしに運んでは与えています。

まだ、鳴き声は小さくて、口ばしも真っ白です。そのうちに黄色になると思うのですが。

巣立ちは、もうしばらく先になりそうです。

2018.06.03 Sunday

今年も薔薇で愉しませてもらいました

 

暦は水無月の六月に入りました。

薔薇の季節も、そろそろお終いになります。

今日はピエール・ドゥ・ロンサールの剪定をしました。というか、見苦しくなってきたので、蕾を残して、枯れ気味になっている薔薇を枝元、カットし、風通しを良くしてやりました。

まだゴミ扱いは可哀そうなので、ご近所さんに差し上げたり、部屋にも飾ってやりました。

ピンクのバラを活けるなら、このガラス製の青いピッチャーのような花器。何十年も前に「べにや」民芸店で買い求めたもので、確か沖縄ガラスだったような気がする。

Powered by
30days Album