ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2007.05.21 Monday

浅間連峰〜春の息吹き

車坂峠から見る雄大な山並み

雲一つない爽やかな五月晴れに恵まれる。
高峯山の「あずましゃくなげ」を期待しながら家を9時40分に車は高峰高原に向けて走りだす。市街地を抜けてチェリーパークラインという快適な道路を上る。唐松の芽吹きは九十九折りのカーブを曲がる度に色を落としながら変化していく。小諸市街地は標高約600mといわれており、高峰高原の山頂である車坂峠までは車で30分ほどで到着するが、ここまで上ると標高は2,000mを超える。10時40分には着いていた。山頂付近は、唐松ばかりでなく全ての木々も、やっと芽吹きが始まったばかりだ。山頂にはホテルもある。駐車場に車を止めて雄大な山並みを一望する。からりと晴れ上がった青い空の向こうには残雪の富士山が、白く、くっきりと見ることができる。中央に八ヶ岳連峰の裾が広がり、右に北アルプスの白い山並みが続く大パノラマを堪能する。

カミさんをんと、義妹を連れ立っての久しぶりのドライブだ。

高峰山登山口

二人は登らないので、私一人で「高峯山」登山口へ向う。山頂までは1.6Kmほどだから私の足で往復1時間もあれば行って帰ってこられる。

高峯山

登山口から、いきなりきつい登りが続くこと10分くらいか尾根に出た。ここから「高峯山」の山頂を見ることができる。左にゴツゴツした岩場を確認できるが、ここが山頂で高峯神社もある。標高2,092mの高山植物の宝庫としても有名な山だ。田中澄江著「花の百名山」でも書かれている山だ。

標識

行き交うハイカーの姿もなく一人歩きは少々寂しい気もするが、写真撮影には一人の方がいい。これまでも、いつも山に入る時は一人だった。何度登ったことだろう。今年は、これが初めての山登りとなった。その時だった。笹の擦れ合う音が聴こえたと思ったら大きなカモシカが凄い速さで下に降りていった。一瞬の出来事に驚く。この辺りでは熊は出没しないが、カモシカは良く見かける。ここから山頂までは0.7Km。約15分だ。

アズマシャクナゲの群生地

山の北側の原生林の斜面に「アズマシャクナゲ」の群生地がある。ここから高峰温泉へも下山できる。あれ、花が咲いていない。ありゃりや何処にも咲いていない。今年は暖冬だったが、春になってから気温の低い日が続いた。四月になって里でも浅間山に降雪があったことは何度となく確認していたが、やはり、その影響かな。例年だと咲いているのに。山頂まで登るのを諦めて下山することにした。

一休み

残念だったが、咲いていなければ話にならない。スタスタと帰りは早い。太陽も真上から日を射している暑いわけだ。一服しようと荷物を小枝にかけて水を飲もうとしていたら突然、後ろから「もしかしてIVYさんでは」。振り返ると、アッ「ちょっきんおばちゃんさん」。偶然と言うか、もしかして昨夜のブログご覧になったのかな。「いえ、そう言うわけではないのですが、山歩きが好きなものですから、アッ主人です」。ちょっきんおばちゃんさんは、IVYのブログのご常連さんのお一人で、勿論、信州人。南信にお住まいだが、お顔は存じ上げていたが、まさか高峯山で初めてお会いするとは。お二人はこれから下山して温泉に浸かりお帰りになられるとか。またブログでお会いしましょうと別れた。

登山口が見えてきた道で座り込んでいる女性が二人が、ちょっきんおばちゃんさんご夫妻と何やら立ち話をしている。カミさんたちだった。「にぎり飯」を食べている。もうお昼か。なんだ登ってきたのか。

ホテルでコーヒータイム

歩いた後の「梅のおにぎり」が美味しい。後はコーヒーだな。大パノラマを見ながらホテルで一服となる。このコーヒーラウンジにはパノラマを眺望できるように全面、窓ガラスになっている。黒い点のようなものは「岩つばめ」だ。この一番下に佐久平がひろがっており左が、わが町「こもろ」となる。

快適な道路を下ると前方に赤岳が

上るときは、ゆっくりと1時間もかけて車を走らせたが下るときは早い。30分もあれば十分だ。道路が補修されて車は快適に走る。それにしても車窓から見る景色は美しい。開けられた窓から山の空気感みたいなものが伝わってくる。唐松の芽吹きに見とれていたら前方に赤岳が迫ってくる。春の高原ドライブの醍醐味だ。

山吹が終わりを告げていた

チェリーパークラインを出ると脇の林の中に盛りが終わった「山吹」が、まだ咲いていた。今の自分の体力を心配したが、息切れもなく登れ自信がつく。また登ればいい。「アズマシャクナゲ」は何処にも逃げないでいでいてくれることだろう。
2007.05.20 Sunday

ある日、ある時、それにしても静かだなー!!

うどとこごみ

晴れてはいるが風が冷たい日曜日。
孫が居ないって、こんなに静かなものなのか。
朝から誰も来ないし、カミさんと炬燵にあたって日暮れの馬鹿茶を飲んでいたら、師匠の奥さんから電話を貰う。
「こごみ、と、うど、もう食べましたか?」。
「いえ、まだ頂いておりませんが」。
「今、お父さんがお届けに参りますので」。
届いた「こごみ」と「うど」を見てびっくりする。
「こんなにた食べられないよ」。
絵手紙の素材としては申し分ないが、こんなに描けないな。
とにかく水に挿しておくことにした。

コンフィチュール1

先日、作ったコンフィチュールはアッという間に売り切れたていた。昼前に二度目のコンフィチュールを作ることにした。暇を持て余して。散歩がてら本屋に行ったが生憎と店は閉まっていた。スーパーに寄ってパイナップルを買って帰宅する。イチゴとパイナップルを容器に入れてグラニュー糖を150g加えラップをする。一晩置いておけばいいのだが、三時間ほど経ってから煮込み始める。

コンフィチュール2

30分ほどで出来上がる。プレーンヨーグルに添えて食べるのが美味しい。
リキュールと白コショウはお好みで。

朝、庭に出たら青紫色の「鉄線」が一輪開花していたので夜の愉しみに撮影した。

クレマチス咲く

カミさん曰く。一日に十人以上の人と会話を交わさないと「ボケ」るっていうわよ。お互いに今日は何人の人と会ったか数えてみた。私の場合「花壇のビオラの花殻摘みをしていたらNさんがジャーマンアイリスを届けてくれた。アッ婿殿が車の車検が終わって届けに来てくれた。スーパーの定員と言葉を交わした。師匠がこごみとうどを届けに来てくれた。そう隣りのバーバとも挨拶した。師匠の奥さんとは顔を合わさなかったが電話で話した。そういえば、電話もかかってこなかったな。日曜日とは、そういうものだ」。合わせて六人かな。「私は、もっと少ないわよ」。オッそうだアンタとも。二人して笑いを堪える。

絵手紙〜鉄線

夜のお愉しみは「風林火山」。頂いた「こごみ」をゴマ和えにして、「タラの煮魚」と「味噌汁」で夕飯を済ませテレビのスイッチを入れる。天気予報では、明日も高気圧に覆われて爽やかな陽気となり気温も上昇すると報じていたので、「高峰」に行かと言ったが私は登れませんときた。行くだけ行ってホテルでお茶でもしている間に登ってくるわ。

風林火山を見終わって朝、撮った写真を元に「鉄線」を絵手紙に描く。いつものように言葉を捜すが時候の挨拶が一番簡単だ。

こんな時季になっても炬燵が恋しいとは変な陽気が続く。庭の薔薇も蕾のままで開花は、やはり六月か。今日も一日なんとか充実した時を過ごせたかな。明日は行くぞ今年初めての高峰山へ。「あずましゃくなげ」が待っているはずだ。


2007.05.19 Saturday

おんぶ

孫とお散歩1

朝の雨が上がり日が射してきた。だがこの時季としては気温が低い。
孫と懐古園へ散歩に出る。今日は遊園地でなく動物園だ。家からいつもの道を孫の手を引いて駅へ。長野行きの赤い電車を改札口から見送って、自由通路を通って三の門をくぐる。いつのまにか階段も手摺を使わずに一人で足早やに昇って行く。

懐古園のゲートでは市民優待券を行使してフリーパスだ。園内に一歩足を踏み入れると雨に濡れた緑が一段と鮮やかさを増していた。もうここまで来ると車の心配もない。一人で好きなように歩かせる。「ジージ!!気持ちいいね」と鼻歌まじりでご機嫌のようだ。「黒門橋」にさしかかったときにカメラのシャッターを押してハッとした。液晶画面に映し出される孫の後ろ姿。この四月に三歳になったとはいえ、余りの成長振りに驚く。

孫とお散歩2

「ジージ!!何しているの早くおいでよ」と振り返った瞬間にシャッターを押して更に驚く。私は心の中で呟く。そんなに早く成長するなよ、どんどん私から遠ざかっていくような気がしてくる。このままでいてほしいよ。

孫とお散歩3

黒門橋を渡って「紅葉丘」に出る。一面「苔」に覆われたところに若葉色のモミジが、なんと美しいこと。「藤村記念館」の横に桜の一種だと思うが大きな薄いピンクの花が雨で散り落ちていた。「きれいだねママにおみやげにしようよ」。「草笛」のテープが流れていた「いい音だね」。タイミング良く大人顔負けの言葉がポンポン出てくる。

馬場の茶店が改装して趣きのある店になっていた。緑濃い木々の間から赤い布看板が風に揺れている。「あまい湯」なんて情緒のあるメニューもある。ここで一服して「白吊橋」を渡って「動物園」に入る。

動物園の藤棚

お目当てのライオンを見て満足そうな孫。「今日は眠っていなかったね!!」「!!よかったね」。「あの花は?」と言われて見た「藤棚」が見頃を迎えて咲いていた。「ぶどうのようだね」。なるほどね。

お目当てのライオンを見ると、急に「おんぶ」ときた。いつまで「おんぶ」と言うかわからないが、これから家までは「シンドイ」が孫も甘えるうちは可愛い盛り。言わなくなったら、なったで寂しいものよ。でもそう遠くはないな。この分だと。

PS

毎度ジジ馬鹿の一節!!ご容赦、ご容赦。
2007.05.18 Friday

パイナップルとイチゴのコンフィチュール

パイナップルとイチゴのコンフィチュール1

スーパー・パティシエ「辻口博啓」さんの「ちゃんと作れるスイーツ」の本は、見ているだけでも写真愛好家にとっては参考になり写真集としても購入の価値はあった。とにかくケーキ一つでも食べたくなるほど美しく美味しそうな本だ。レベルは高く、初心者のIVYにとっては、簡単に作れそうなレシピは少ない。

パイナップルとイチゴのコンフィチュール2

パン食党を自認するIVYにとっては、作りたいと思うレシピがあった。
「コンフィチュール」だ。
なんだそれはジャムじゃねーか!!それを言ったらおしまいだ。
確かにフランス語でジャムのことだが、いやジャムじゃねーぞ。
ソースか。それとも違うな。どうもアルコールやスパイスを加えるのがコンフィチュールのようだ。、そんな「うんちく」は、どうでもいいことで、要は食文化の一つとして、ここは美味しいものは自分で作る。早速、挑戦してみた。

レシピはパイナップルとイチゴの2種類のフルーツをグラニュー糖で煮詰めることになる。そして、ここだよ「白コショウとリキュール」を加える。

ハイナップル、イチゴにグラニュー糖を加え、そのまま一晩置いておく。

昨夜、仕込んでおいたものを弱火で20分ほど煮込む。
完成だ。味は従来のジャムと違うのか。二つのフルーツの味が絶妙だ。
まず色が綺麗だ。プレーン・ヨーグルトにも合いそうだ。
2007.05.17 Thursday

苧環

オダマキ1

何故かこの春、わが家の庭は「苧環(をだまき)」が今を盛りに、あちらこちらで咲いている。

私の愛読書でもある高橋 治著「くさぐさの花」にも取り上げられているが、キンポウゲ科の多年草で高山帯のミヤマオダマキを原種とする園芸植物だという。

「お・だ・ま・き」とパソコンに向かって入力し変換すると簡単にこの字「苧環」が表示される。これで、いいのか本で確認する。
この本の中では、こう記されている。

「兄頼朝にうとまれ、都を落ちる義経に従って、静御前は吉野を至る。そこから京に帰る途中に捕らえられ鎌倉に送られた。!!しづやしづ賤(しづ)の苧環くり返し昔を今になすよしもがな!!と、義経を思う心を歌に寄せて頼朝の前で舞う。・・・・・・・・

こんな句も紹介されている。
「をだまきや老いゆく夫(つま)の齢を追ふ・・・・・岩城のり子」。

わが家の苧環は園芸種の一種だと思うが、こぼれ種から毎年、増え続けている。背丈は30〜40センチはある。苧環といえば師匠の庭でも、いろんな種類の苧環を見ることができる。これまでに撮らせていただいた写真を紹介しよう。

オダマキ2

これは原種に近い苧環だとか。

オダマキ3

苧環の特徴である下向きに咲いていない珍しい種類だ。蘭のようにも見える。

オダマキ4

透き通るような白。これまた珍しい苧環。

著者の高橋 治氏は作家でもあり、俳句にも造詣が深い方で、この本の他にも「木々百花撰」という本も出されておられますが、共に草花と木々を取り上げて、その植物に題材した俳句も併せて紹介し植物はカラー写真で確認できますし、素敵なエッセイ風の読み物です。気がつけば、植物の名は、ほとんど「漢字」で表示されており、とても興味深いものがあります。
共に朝日新聞社の朝日文庫のシリーズです。
2007.05.16 Wednesday

続!!北軽井沢の芽吹き

スケッチ〜T氏の男の隠れ家

昨夜は久しぶりに畳の和室で眠り今朝は携帯のアラームで目が覚める。
午前8時だった。
T氏は屋根裏の寝室で、まだ眠っているようだ。
「朝飯は遅いよ」と言っていたな。

スケッチブックとペンを持って、そっと外に出た。小鳥の鳴き声が賑やかだ。
風も爽やかで思ったより暖かな朝だった。山荘を一回りしてから構図を決めてT氏の山荘を走り描きする。5分もかからなかった。部屋に戻り早速、色を塗り始めた。ポイントは赤い屋根だ。

朝の庭にて

スケッチを仕上げて庭のウッドデッキに出た。自然をそのままの形で庭にしているが、境界線がわからないほど若葉の林は延々と続く。わが家の庭と比較する意味など、どこにもないが、「手つかず」と言った感じだ。昨夜も「庭作り」の構想を語ってくれたが、やはり自然のまま「山野草」を中心にコツコツと形を整えていくとか。良く見ると「いわかがみ」、「さくらそう」、「すみれ」、「山吹」などが可憐な花姿を見せていた。「くりんそう」は背丈が5センチほどになっていたが、蕾をつけるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

いわかがみ

部屋に戻るとT氏は台所に立っていた。味噌汁のいい匂いがしてくる。T氏が食卓に配膳した朝食のメニューは、「鮭」の焼き魚に豆腐と玉葱とキャベツの味噌汁。納豆は葱と卵で和えてある。

T氏のお父さんが漬けたという「梅干」で朝茶を頂き、焚きたてのご飯が出てきて朝食が始まる。午前10時ころだった。
「IVY流の朝食をしたかったので」と笑う。それにしても、この味噌汁旨いね。味噌汁だけは上手になりましたよ。最初は出汁も使わない味噌汁を平気で飲んでいましたからね。どうしますか、今日もお天気がいいし、とにかく歩きますか。

アレッ、いつのまに描いたのですか。アッこれね。写真もいいが、絵になるお家だったものだから。記念に送りますよカードにしてね。

北軽井沢の清流に成育するクレソン

遅い朝飯を済ませ外に出る。山荘地帯の奥まった細道を進むと清流が流れていた。綺麗な水ですね。「クレソン」も育つほど水が透明な色をしていた。もう少し経つと食べられるほどの大きさになります。「クレソン」だけど「コップ」に根元から、挿しておくと成育して食べられるようになるよ。北軽井沢のクレソンか、土産に持って帰るよ。

秘湯

散策を終えて山荘に戻ったのが午後1時を過ぎていた。コーヒーとパンで軽くお昼を済ませる。デザートは「北軽井沢」の新鮮なプレーンヨーグルトに苺添え。今日も風呂に浸かりたいね。「秘湯」に案内しますよ。また嬬恋村まで車を走らせて着いた処が「びっくり」無人の風呂。大人200円也を箱に入れて畳二畳ほどの木製の湯船にドボン。炭酸温泉で、湯温は40度くらいか。

つつじ

やっと探した温泉ですから温泉の名前は公表しないでくださいね。
30分ほど浸かって無人風呂の小屋を出る。真っ赤な「つつじ」が見頃ろを迎えていた。また会おう。今度は師匠を連れて来るよ。なにせ山野草のプロだからね。「浅間苔」なんか見ると小躍りして喜ぶよ。「くりんそう」の白か伝えておくよ。

2007.05.15 Tuesday

北軽井沢高原の芽吹き

木々が芽吹き始めた北軽井沢高原

珍しく早起きし、朝食を済ませ庭に出ていたらT氏から電話が入る。
「急ですが山荘に着きました。遊びに来れますか」。
昨年の秋以来だから半年振りか。「これから出るよ」。

北軽井沢のメインストリートにある「大型スーパー」で落ち合う。
「やーお久しぶり」お互いに顔を見れば、元気だったことがわかる。
一泊二日分の食料を買い込み、一路T氏の「男の隠れ家」へ。
車窓からは雄大な「浅間山」が目の前に圧倒的な迫力で迫ってくる。
車を止めて最初の一枚をカメラに収める。
見飽きるこほど毎日のように眺めている浅間山。だが、ここ北軽井沢から見る浅間山は山姿をガラリと変貌させていた。浅間山〜小浅間が連なり、前景には緑濃い草原が続き中景は木々も芽吹き始まり辺り一面が萌黄色している。そして遠景には残雪の帯が残る青い浅間山。まさに安野光雅が描く水彩画の世界を彷彿させる。

唐松の芽吹き

真っ青な空に今、始まろうとしている唐松の芽吹きが目に染みる。

若葉のトンネル

車は山荘地帯に入る。放射状に整備された道は今「若葉のトンネル」となる。T氏の男の隠れ家へ到着すると、柔らかい若葉と小鳥のさえずりが出迎えてくれる。そしてシーンと静まり返った世界が、そこにはあった。

信州蕎麦

もうお昼か。持参した「信州蕎麦」が美味しい。蕎麦なら、まかしときなとT氏が手際よく蕎麦を茹でてくれる。どうやら蕎麦は好物のようだな、俺のパスタも食べてくれるかなと不安になる。

男の料理の教科書

夜は「ヴォンゴレ」でも作ろうと思ってスーパーで「あさり」も篭の中に放り投げたが、レシピ本を四冊も持参する。

半出来温泉の帰りに渡った橋

昼飯を食べ終わると、好天に誘われるように山荘の一帯を散歩に出る。オゾンを体一杯に吸い込みながら軽く汗を流す。そしてお目当ての露天風呂へ。T氏は嬬恋村にある「半出来温泉」へ案内してくれた。「味噌樽」と木枕が置いてある浴槽だ。風呂からは友を呼ぶ「八十路つり橋」が見える。風呂から上がってから渡ることにした。友を呼ぶ「八十路つり橋」とは、どんな言われがあるのか。火照った体に吹く風が気持ちよい。

コンサートのチラシ

夕方には山荘に戻っていた。夜は「ヴォンゴレ」のパスタと「トマトとウインナー」をイタリアンで食す。ともあれビールで乾杯し再会を祝す。これから北軽井沢へちょくちょく来るようになるようで、それならばと「コンサート」のチラシとチケットを渡す。軽井沢の大賀ホールでのセミナーとコンサート。奥さんとお二人でお出掛けな俺たちも行く予定にしているから。

薪ストーブ

T氏、自慢の薪ストーブが点火される。
夜は長いぞ。
T氏が言う「明日はIVYさんのようにスローな朝食を!!」なんだよそれは。
好きな時間に起きて好きなように食べることらしい。
T氏が続けて言う「65歳になったら飛鳥に乗船して・・・」。
T氏は、まだ半分は現役で仕事をしている。完全に退いてからの夢を延々と語る。「IVYさんのように本も読みたい」。「井上 靖の風林火山を図書館で借りてきて読破しましたよ」。学生時代に戻った気分で文学全集なんか持ち込んで、ここで読み深けったり、バイクを買って、近くのテニス場まで通いたい。「伊勢丹でね、飛鳥に乗船するときに着るブレザーも新調したんだ」。嬉しそうにT氏の夢、いや現実に実行する気でいる話が夜も更けるまで続く。

T氏は日頃ろ私のブログを毎日のように読んでいるらしい。新しいところでは抹茶のロールケーキ、庭の山野草やベンチ、孫のこと、などなど。嬉しく聞きながら感謝の気持ちで一杯になる。
2007.05.14 Monday

元気なビオラ

ビオラの一輪挿し

昨年の秋にポット苗で三種類ほど買い求め、初秋から冬にかけて寂しい花壇を飾ってくれた「ビオラ」。真冬の寒さや、雪の下に埋ってしまい再起不能かと思いきや、雪解けと共に俄然元気を取り戻し、いまだ花壇の主役で道行く人の目を愉しませている。

元気に咲くビオラ

鉢で管理してきたが、水遣りと液肥、そして花殻摘みは欠かさなかった。とにかく後から後から新しい花が咲き続けて、今年は「ビオラ」の当たり年だった。しかし、そろそろ主役の座を薔薇に明け渡す時季が到来したようだ。後は切花で楽しみながら、「ご苦労さん」と一声かけてやり花壇から降ろそうと思っている。

ブルスケッタ

このところ甘いケーキが続いた。二人だけの昼飯はパンと紅茶のみ。フランスパンが残っていたので、ガーリック・トーストにする。今年も庭のイタリアンパセリが摘み取るまでに成育してきている。これでスーパーで高いのを買わなくて済む。

西日に映える新緑の庭

今日は気温はさほど上がらなかったが風が強かったせいか鉢物の土はカラカラに乾燥していた。薔薇の生育にもこの時季の水遣りは欠かせない。狭い庭ながら軽く40分はかかる。山野草がほとんどなので、ホースで散水ができない。水遣りが終わった庭の緑は一段と濃さを増し、西日に映えて美しい。

ギボシとエビネ

師匠の庭から移植してもらった斑入りの「ギボシ」と「エビネ」が見頃ろを迎えている。クレマチスの蕾が開花寸前の大きさになる。明日の朝が楽しみだ。
Powered by
30days Album