グリーン・インテリアを愉しむ

グリーン・インテリア1

梅雨の晴れ間が続きます。これで四日連続です。
今日も朝から気温がグングン上昇しています。
カーペット外してフローリングにワックスを塗り、障子に簾を下げただけでも、部屋が少しは夏らしくなりました。

こう暑くなってきますと庭の花を部屋に飾っても直ぐに、萎れてしまいます。これからは手間いらずの観葉植物の緑が部屋を涼しくしてくれます。観葉植物は一年を通して愉しめ、しかも丈夫ですから、水遣りだけを怠らなければ枯れる心配もありません。

若い時からグリーン・インテリアが好きで、いろんな植物を飾りましたが、部屋を見渡せば、昔から育てているもの、今年買い求めたものなど、賑やかですな。

グリーン・インテリア2

左はキッチンのカウンターに置いてある「ガジュマル」。右上は「ローリエ」、その下は金魚鉢に入れた「水草」と「アイビー」。

グリーン・インテリア3

左は居間の出窓に置いてある「ポトス」と「ライム」。もうこれは何十年と元気に増え続けているもので時々、剪定している。わが家の観葉植物の中でも長寿ナンバーワンだ。真ん中の上は居間に置いてある二代目の「モンステラ」。下は和室の収納箱に置いてある「オリヅルラン」と「アイビー」右は居間に置いてある「パキラ」まだ買ったばかりで貧弱だがこれから、どれくらい大きくなるか日に当ててはいけないそうで、まさに室内で育てる観葉植物だ。


グリーン・インテリア4

上から順に。
居間のカウンターに置いてある「ワイヤープランツ」。これは乾燥を嫌うので夜は外に出して夜露にあてている。続いて「名は知らない植物」「しだ」の一種だと思うが一度枯れて、また蘇えったほど丈夫。和のイメージの鉢に合う。お次は「金魚と水草」。夏の定番だが、見ているだけで涼しそう。この金魚は「和きん」だそうだが、酸素なしで一年も生きている。週に一度、鉢の清掃と水の入れ替えに併せ薬を一滴垂らす。専用の餌を五粒これは毎日。金魚だって食べなければ死んでしまう。

PS

新潮文庫のグリーン・ライフ(江尻光一著)をいつも側に置いておいて、時々見る。美しいカラー写真と育て方のポイントが便利だ。

薔薇を飾る

梅雨前線が何処かに行ってしまいました。これで四日連続の夏空が続きます。庭仕事を終えて部屋に入りますとヒンヤリします。涼しいくらいです。薔薇を大胆に切って玄関や部屋に飾ります。こんなことが出来るのも、今だけ。絵を描こうと思っているのですが、今夜のお楽しみです。

薔薇が終わった庭で

薔薇が終わった庭では紫陽花が漸く蕾が膨らんできています。夏の花「ノウゼンカヅラ」も今年は期待できそうです。薔薇に比べると、地味な植物ですが、梅雨の時季ならではの風情を感じさせてくれる花々が咲いて目を愉しませてくれています。


本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。


今朝の薔薇

梅雨の中休みが続きます。明日もお天気に恵まれそうです。
適度のお湿りと太陽の恵みで、植物がドンドン成長しています。薔薇も満開を過ぎて、そろそろ一番花もお終いになりそうです。旬の薔薇撮影も、今朝が最後になりそうです。四つの薔薇を撮影しました。どれも表情が異なってそれぞれに主張しています。

梅雨の晴れ間に

梅雨の晴れ間に

久しぶりに早く目が覚める。庭で濃い目のコーヒーを飲みながら新聞を読む。どうやら今日はお天気も良さそうだ。朝食を済ませてウォーキングを兼ねて、図書館→銀行→スーパー→ギャラリー福槌→友人宅を回って帰宅する。知人のプロのカメラマンが庭の薔薇を撮りに寄ってくれる。庭で花談義をしながらコーヒー。プリントアウトが愉しみになってきた。どう表現してくれるか。

朝方撮影した庭の植物をスライドショーにしました。


Untitled... by 1000leaves.jp


薔薇を飾る

薔薇を飾る

あられさん、パリスさん、COZYさん、MOMOさん、文小町さん、ちょっきんおばちゃんさん、またまたコメントを頂戴しながらお返事が書けなくてすみませんでした。今、Rコメントさせていただきました。ご覧になってください。

今年の薔薇は、どれも沢山の蕾をつけて一度にパッと開花してしまいました。これまで切花にして部屋に飾るなど、もったいなくて出来ませんでしたが、「薔薇の命」も短いものです。大きく膨らんだ蕾のまま、切花にして、ご近所さんや、薔薇を見に立ち寄ったお友達に大胆にパチパチ切って差し上げました。

薔薇を飾る2

リビングのカウンターにニコール、サマースノー、キャスリンモーリーなどをガラスの器に挿して飾る。どれも空き瓶だよ。ジャムやメープルシロップが入っていた瓶だが、形が違うので面白い。この時季しか愉しめない薔薇遊びか。

薔薇を飾る3

モディリアーニの絵に優しい赤いミニ薔薇がマッチする。女性は薔薇がお好きのようですな。IVYが無造作に飾った薔薇は、いつのまにか綺麗にディスプレーされていました。

バラ満開です!!

バラ満開です

わが家の庭で鉢で育てている薔薇が満開を迎えました。

薔薇

このところパソコンに振り回されて過ごしておりましたが、朝夕の水遣りだけは怠りませんでした。15鉢ほどありますが、どの薔薇にも愛着があります。まだサマースノーだけは、満開とはまいりませんが、今、庭は薔薇の香りで一杯です。新顔のピエール・ドゥ・ロンサールは、新しいシュートが立派に成長してきており、今後が愉しみです。既に新しい蕾も膨らんできております。狭い庭ですので、もうこれ以上の鉢は増やすことは出来ませんが、暫くは愉しめそうです。薔薇の旬が終わったら切花で部屋をディスプレーするのも面白そうですね。

入梅そして薔薇咲く

薔薇1

当地も梅雨に入りました。それにしても今年の梅雨は早いですね。
昼間は暖かいですが、夜になると炬燵が欲しくなるほど寒いです。
油断していたら、風邪を引いてしまいました。早めに薬を服用したせいか症状も軽いのでいつもの通り動き回っています。

昨日、開花した薔薇です。やはり六月は薔薇の季節なのですね。わが家で一番古い薔薇で、もう軽く10年は咲き続けています。もうこうなると薔薇の樹ですね。正式な名前は、わからないが、今年は例年になく色が濃いような気がします。蕾は30位いは確認しています。花の香りは多少ある程度です。

薔薇2

こちらはわが家のニューフェイス「ピエール・ドゥ・ロンサール」というつる性の薔薇で、昨年の秋口に友人から挿し木で頂き、冬越しして二年目で一つ開花しました。今、新しいシュートが次ぎから次へと伸びてきています。

薔薇3

この薔薇も名前は確認していませんが、黄色からピンクに変化する面白い薔薇です。香りは少し強いような気もします。

キャスリン・モーリーも沢山の蕾をつけていますが、開花はしていません。
今週は、曇りや雨の日が続くようなので、少し遅くなります。サマー・スノーは、今日、一つ咲き出しました。バレリーナーは、鉢が小さいので、まだ硬い蕾のままです。これからその日の薔薇をUPしていきます。

クレマチスが咲くころ

クレマチス1

大手門竣工祝も終わり久しぶりに落着いて庭を見ておりましたら、先週はまだ蕾だった「クレマチス」が二日ばかり続いた好天に一気に咲いてしまいました。

クレマチス3

娘が嫁いでから「母の日」にカミさんに贈ってくれた白と紫の鉢植えのクレマチス。室内で愉しんだ後、庭に移植して育てていたら株も大きくなり今年も沢山の花芽をつけてくれた。

クレマチス2

今年の母の日には「薄い紫」のクレマチスが届きました。クレマチスはバラにも合うと雑誌の記事で読みましたが、今年のクレマチスはピエール・ドゥ・ロンサールも大きな蕾も確認できましたので、その側に移植してやろうと思います。

薔薇・ピエール・ドゥ・ロンサール

オオデマリ、ボタン、クレマチスに続き、いよいよバラの季節に移ります。そして梅雨。九州、四国地方は梅雨に入ったとか。花の季節は、まだまだ続きます。

今年も薔薇が咲き出しました

今年も薔薇が咲きました

びっくり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パリスさん、ちょっきんおばちゃんさん、Sさん、はなみずきさん、haruさんRコメントが遅くなってしまいましたが今夜書かせていただきました。いつもコメントありがとうございます。

二日前に蕾だった薔薇が、この陽気に誘われるように一気に開花しました。
わが家の庭の薔薇一番花です。残念ながら、この薔薇の正式な名前は確認していません。図鑑を参照する必要はないでしょう。名もない素朴な薔薇ですが、わが家では毎年バラのシーズンのトップを飾ってくれる薔薇です。このように咲き始めが好きです。鉢ですから、撮影する時は、何処にでも移動できます。日影に持っていき少し暗めに絞り込みました。いつもアップが多いのですが、立ち姿で撮りました。また、これから一つ咲いては一喜一憂しながら撮り続けることになります。

冬越ししたイルミネーションが満開です

キリンここち開花から贈られたメネシア科の「インプレシア」をベランダに置いて管理していましたが、やはり日光不足で、弱ってきましたので、庭に出してやりましたら途端に元気を取り戻し、ご覧の花姿です。この植物、実は昨年の秋に一度、開花して冬越ししたのですよ。もしかしたら多年草なのかな。花姿が乱れてきましたので少しピンチしてやりました。捨てるのは「もったいない」ので一輪挿しにして。それにしても庭がパッと明るくなり庭も一変に夏の装いです。

この陽気に誘われて庭でランチもいいものです

今日は久しぶりに朝から爽やかな五月の陽気となりました。これから植物の「水遣り」が日課となりますが、これが大仕事。気温が低くても風が強い日は乾燥しますので朝夕の水遣りは欠かせません。お昼は初めて庭で食べましたがいいものですね。

このところは早寝早起きを心がけています。それはそうですよ、薔薇が気になりますからね。今夜もブログを早めにUPして一風呂浴びて早寝です。