梅雨本番を迎える

2017.06.30-2.jpg

 

暦は七月の文月に入りました。

やっと梅雨らしい陽気になってきました。

来週は雨模様のお天気が続き、台風も接近すると予報が出ています。

昨日は久しぶりに、まとまった雨が降り、紫陽花も生気を取り戻したようです。

 

2017.07.01-2.jpg

 

やっと雨に濡れた紫陽花を撮るチャンスに恵まれました。

 

2017.06.30-3.jpg

 

額紫陽花ですが、咲いているのが花ではなく、ガクといわれ、花の内側に蕾のようなものが無数にあります。これが実は花なのです。そして、色も変化してきます。

 

2017.07.01-1.jpg

 

レンガ塀の外側に向かって垂れ下がって咲いています。

 

2017.07.01-3.jpg

 

花の時期は長く今月一杯は咲いていてくれるでしょう。

七月に入ると祇園の季節を迎えます。

小諸の祇園祭といえば健速神社の暴れ神輿です

今年は七月の十六日の日曜日に開催されます。

わが区にも神輿が巡行してきてますので、休憩も区内であり、その接待も毎年続けてきています。

神輿に雨は、つきもの、と言われるように、その日のお天気はきまぐれです。

 

空梅雨かな、ガーデンランチでも

2017.06.29-4.jpg

 

朝方、小雨もあったが、お昼前には晴て蒸し暑い陽気となる。

カミさんは月に一度のスケッチ教室に出かけて留守だが、昼は、いつものように作り庭で食す。

 

2017.06.29-2.jpg

 

陽射しが強くなりパラソルを広げ、トマト、ズッキーニをオリーブオイルで炒めてからベーコンの厚切りを加え更に炒める。

食パンをトーストして、コーヒーでなくミルクティーにした。

実は、「サライ」のバックナンバーで志賀直哉の特集記事を読んでいたら、「嗜好品」のことが書かれていた。

朝飯はパン食で飲み物はリプトンのセイロン茶「青缶」エクストラ・クオリティだったそうだ。

記事には日本では明治40年から発売されていたとか。

ivyは、「お取り寄せ」は、これまでしたことがないが、何故か「青缶」が気になった。

今でも健在なのかと調べたら、なんと売られていた。

即、注文し、ミルクティーにして飲むも、美味しい。このところコーヒーの出番が少なくなった。

 

2017.06.29-1.jpg

 

それにしても暑い日となってしまう。

だが、明日は一転して梅雨らしい雨降りの予報が出ている、一日降るらしい。

明日こそ、梅雨らしい紫陽花を撮れるかな。

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

ivyおじさんのレシピブログのページへどうぞ覗いてみてください。

紫陽花の季節ですが・・・・

2017.06.25.jpg

 

天気予報は雨となっていたが、朝から昼も降ってこない。

雨に濡れた紫陽花を撮るつもりでいたが、ザンネンだ。

まだ咲き始めたばかりなので、そう急ぐなと自分に言い聞かせる。

 

このフログをスマートフォンで御覧になっている方は、横配置の画像はディスプレーを回転させてください。

 

2017.06.25-1.jpg

 

無理もない、アナベルが、まだ咲き誇っているではないか。

横に咲くガクアジサイが、「遠慮がち」に咲いていた。

紫陽花咲き始める

2017.06.24.jpg

 

梅雨らしいお天気になりませんが、どうやら明日から本格的な梅雨空になりそうです。

梅雨といえば紫陽花でしょう。

例年に比べると開花が遅いのは。昨年の秋に大胆な剪定をおこなっているので、そのせいかも。

咲き始めから終わりまで花の色が変化する品種です。

 

2017.06.24-1.jpg

 

額紫陽花もあるが、まだ固い蕾のままだ。

 

今日は小諸に夏を告げる恒例の行事があった。

神輿の注連縄棒出だ。

小諸の祇園祭は、この儀式から始まる。

神輿が練ってくる道路の両側に注連縄を吊るす棒が建てられる。

今年は7月1日に注連縄張りが行われるが、その棒出をして、清めた。

小諸の夏は、ここから始まると云ってよいだろう。

 

お終いの薔薇はマイデスクに・・・・

 

ピエール・ドゥ・ロンサールという名の大輪の薔薇を見納めにパソコンデスクの横に飾る。

少し落ち着いた生活に戻ったとはいえ、なんだかんだと雑用から解放されない。

季節は薔薇からいつのまにか夏祭りの時季を迎えていた。

明日は早くも神輿の注連縄の棒出しの行事が予定されている。

七月の「祇園祭」も、直ぐだ。

月日の流れの速さに驚きながら、今を大事にしながら暮らしていける幸せに感謝だ。

薔薇の季節終わる

 

今年も愉しませてくれた日陰の狭い庭に咲いた薔薇たち。

中でもキヤスリンモーリーという淡いピンク色した薔薇。つる性ではないが、地植えにしたら枝が伸びて。

開花寸前の蕾の状態が気に入っているが、開花直前の花姿もいい。ただし、花が終わったら摘んでしまう。

狭い庭にところ狭しと咲くので、御覧の状態になってしまう。

 

 

開花したばかりのキャスリンモーリー。

今年もよく咲いてくれた。

また来年も咲いてくれるかな。

これから剪定、お礼肥など、最後の後始末をしないと。

 

シーフードパスタ

 

スーパーに売っている冷凍のシーフード。

食材として重宝なので冷蔵庫にストックしている。便利で、手軽に調理し食している。

スープにしても、フライパンで野菜と煮ても。

今日のお昼はパスタにした。

イタリアンの基本はオリーブオイル、赤トウガラシ、ニンニク。

仕上げに黒コショウを少々。

たいがいのものは、この食材で、間に合う。

とにかく簡単だ。で、美味しい。

新玉ネギのスープ

 

暫くご無沙汰していました。

実は街の中心部に位置する五つの公民館の合同文化展が六月の中旬に開催され、その準備やらで追われていましたが、やっと解放されてブログを更新しました。

今日は薔薇も終わり花摘みをしてから剪定し、すっきりしたところです。

新玉ネギを弱火でコトコト煮てガラスープを加えスープを作り昼飯にしました。

夜は久しぶりに錦織選手のテニスの試合が生中継されていたのでブログも今頃になってしまいました。

2-1で、なんとか勝った試合でしたが、これからまたテニスの中継が見られそうです。