ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.05.04 Friday

新顔の庭セキショウの花咲く

 

庭セキショウの仲間でしょうか。

先日UPした花とは別の新顔さんです。

同じ場所の細い枝から開花しました。

紫色しています。

まさに山野草の雰囲気で気に入っています。

2018.05.03 Thursday

薔薇の蕾膨らむ

2018.05.03-2.jpg

 

今年の五月の陽気は寒暖の変化が大きい。

当地は朝は冷え込み遅霜注意報が発令される日もある。

そうかと思えば真夏日のお天気になったり植物も人間も共に驚いている。

ピエール・ドゥ・ロンサールも蕾が大きく膨らんできた。

 

2018.05.03-1.jpg

 

サマースノーは葉が成長し、その先端に沢山の蕾をつけている。

この陽気が続けば五月の中旬には一番花も花開くだろう。

いよいよだな。水遣りも。

2018.05.02 Wednesday

白い牡丹の花

2018.05.02-1.jpg

 

雨上がりの庭で牡丹の花がきらきらと光っています。

ゴールデンウイークの後半はお天気が不安定です。

 

2018.05.02-3.jpg

 

花開くと大きな姿になります。

花芯は黄色でその周りは薄いピンク色しています。

 

2018.05.02-2.jpg

 

左の大手毬も花色が薄緑から白に変わり、そろそろ花期もお終いです。

 

2018.05.02-4.jpg

 

昨年の秋に大胆な剪定を施したプルーンの樹。

四月に花が咲いたので、今年も秋には実が生るでしょう。

狭い庭が新緑を迎えて樹木の葉が生い茂り、狭い庭が更に狭く感じます。

そして雨に濡れた葉が新鮮に感じて眺めているだけで心が落ち着きます。

2018.05.01 Tuesday

五月は薔薇の季節の到来です〜今年はね!!

2018.05.01-1.jpg

 

暦は皐月の五月に入りました。

山野草の芽吹きに一喜一憂していたら、月日の経つのが早いこと、アッという間に五月です。

まだ山野草でUPできていない品種がありますが、開花しましたら、ここで書きます。

さて年々、歳を取るのが早く感じられますが、このままでいいのか???

なにもしなくても時間は過ぎていきます。

「人生の終い方」も、常に頭の隅にあります。さりとて、何処から手をつけたらいいのか。

先日、書店で立ち読みしていて、つい、つい買ってしまった一冊。

「日経おとなのOFF〜私たちは100歳までどう生きるのか?」。

雑誌ですが、ペラペラとページをめくっています。

 

今月のブログは山野草から薔薇へとバトンタッチして書いていきます。

我が家では「フロントガーデン」と呼んでいますが、門扉を開いて入ると最初に目にする植物たち。

園芸品種ですが、雑多に植えられていますが、メインは薔薇。数は少ないが、

 

2018.05.01-6.jpg

 

人さんから頂いた鉢物も地植えすると、毎年、咲いてくれます。

 

2018.05.01-4.jpg

 

朝夕の水遣りは肥料を施すことより大切な仕事と思って、頑張っています。

 

2018.05.01-5.jpg

 

ブームの多肉植物たちも仲間入りです。

 

2018.05.01-2.jpg

 

今、例年より早いペースで薔薇の蕾が膨らんできています。

鉢植えの薔薇を頂くと、地植えにします。ミニ薔薇たちが、そうです。

さて、今年はどんな薔薇が一番花になるか今ら待たれます。

2018.04.30 Monday

四月もお終いですが牡丹が開花しました

2018.04.30-3.jpg

 

四月は山野草など我が家の小さな庭の出来事をブログに書き続けてきましたが、今日で四月もお終いです。

毎日、庭に出てカメラで植物を撮ることが日課になりました。

そして毎日、日替わりで違った発見があり、驚いたり喜んだり楽しい時間を過ごすことができました。

昨年の今頃と違い、今年は気温が高い日々が続き、植物の成長が早いこと。

今朝、庭に出たら白い蕾の牡丹が開き始めていました。

蕾を数えたら13個もありました。

 

2018.04.30-4.jpg

 

狭い庭ですが、よくぞ、ここまで育てたか不思議です。

牡丹の花の命は短いといわれますが、その後ろでは早咲きの「萩」の花芽が膨らんできています。

 

2018.04.30-2.jpg

 

明日から暦は皐月の五月に入ります。

いよいよ薔薇のシーズンが始まります。ますます庭から目が離せません。

 

2018.04.29 Sunday

ニワセキショウの花開く

2018.04.29-1.jpg

 

アヤメ科のニワセキショウの花開く。人さんからの頂きもので、我が家の庭に植えてから十年余が経つ。

この花姿でアヤメ科に属するとは知りませんでした。

和名は庭石菖とのこと。

スミレより肉厚ですが細い幹がスッと伸び、その先に花が開きます。

六枚の花弁には、それぞれ青い細い線が走っています。

美しい花です。

植物図鑑は何冊か持っていますが、図鑑にはなかったので、ネット検索していたら素晴らしいサイトに巡り合いました。

本来ならサイトのTOPにリンクするのが常識ですが、まずは、こちらからご覧いただきましょう。

 

▲▲歴史散歩とサイエンスの話題▲▲がTOPかわかりませんが、植物の写真が素晴らしい。

 

2018.04.28 Saturday

擬宝珠、見頃となる

2018.04.28-1.jpg

 

擬宝珠(ギボウシ)が見ごろを迎える。

春から夏までは、葉を楽しみ秋には花も咲く。

緑の葉は斑入りもあり年々、年々、大きく育つようになり、庭に地植えしたら更に広がって咲くようになる。

害虫も寄ってこないので、これからは三種類の美しい緑の葉が楽しめそうだ。

朝夕の水遣りは欠かせない。

 

年も今日からゴールデンウイークに入ったが、毎日が日曜日族になって、そろそろ20年にもなる。

ゴールデンウイークで思い出すのはivyの現役時代。メーカー勤めだったので、年間休日カレンダーが決まっていたので、連休のスケジュールなどを早々に決めることができ、良き時代だった。

 

独身時代は名古屋だった。盆暮れは帰省する為に、夜行の満員列車にも乗ったが、今となっては懐かしい想い出。ゴールデンウイークは、どう過ごしていたかな。ほとんど帰省はしなかったと記憶している。

 

今年の暦を見ると、4/28〜5/6までの9日間の連休も作れてしまう。でもね、これでは亭主族が悲鳴を上げてしまいそうだ。今「働き方改革」が取り沙汰されているが、「五月病」という造語が、あの頃あった。そうだよね、新入社員がサラリーマン生活をスタートさせて、少し慣れたかなと思ったら長い連休に入ってしまう。また学生気分に戻ってしまうのも頷ける。休みも、ほどほどがいいね。

そして今、毎日が日曜日族になってしまったが、飽きないね、ずっと、このままでいい。

 

2018.04.27 Friday

桜草が風に揺れています

2018.04.27-1.jpg

 

細い枝の先に赤紫色の桜のような花が風に揺れています。

四月の始め頃に葉が伸びて、今、花が満開です。

一目見るだけで優しそうな植物です。鉢植えから飛んで地植えでも咲くようになり、庭の、あちこちで咲いています。

Powered by
30days Album